スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 -


急に芦別で車中泊したくなり、ついでに赤平の炭鉱遺構を見学してきました。

久しぶりの中距離ドライブ往復500kmと車中泊がメインだったのでろくに調べもせず取り敢えず有名どころだけ見て帰るつもりでしたがいろいろあって最終的には芦別の山の中をウロウロすることに。

K5_B2370.jpg
北炭赤間炭鉱ズリ山階段の説明看板、抜粋です。
「赤間炭鉱は昭和13年に開坑し、昭和48年に閉山した市内でも大手の炭鉱であった。赤平駅裏という地の利を活かし、平成2年に火文字と階段を設置して、眼下の赤平市街や遠く芦別、十勝岳などを望むことが出来るズリ山展望広場を整備した。」


K5_B2373.jpg
777段のズリ山階段、日本一だそうです。

夕張清水沢以来のズリ山ですので久しぶりに登ってみたい気もしますが、往復1,554段であることを考えると非常に厳しいのでやめた。


K5_B2376.jpg
ズリ山階段入り口の手前には、さりげなく柵で囲われた遺構があります。


K5_B2378.jpg
説明が一切無いし調べてもいないので何だかわかりません。

ズリ関係か貯炭施設?


K5_B2382.jpg
すぐ近くにこれから向かう予定の住友赤平炭鉱立坑櫓が見えます。


K5_B2384.jpg
とりあえず一周。


K5_B2387.jpg
内部を見ると、あれ?低い。

石炭積込貨車が入るものではなさそうです。


K5_B2394.jpg
そしてこれ。

どこかで見たことがあるような。


K5_B2400.jpg
多分、ベルコン関係のものでしょう。


K5_B2402.jpg
正面から見るとこんな感じ。

思わず上りたくなります。

この遺構をネットで調べてみると…

この辺りには選炭工場があって、平成11年頃にほとんど取り壊し。

唯一遺ってるこれは原炭ポケットのようで、斜めになってるものはベルトコンベアの基礎、らしいです。


K5_B2453.jpg
道はわかりませんが見えている立坑を頼りに走っていると、親切な標識を発見。


K5_B2450.jpg
赤間炭鉱跡から見えていたのはこれです。


K5_B2406.jpg
看板も設置され、「砿」の文字にこだわりを感じます。

当ブログでも「炭鉱」「炭坑」「炭礦」「炭砿」と気分によって使い分けて来ましたが、最近は面倒なので「炭鉱」に統一しました…どうでも良い話ですね(^ω^)


K5_B2413.jpg
看板がついていたような正方形の金枠があります。

恐らく「住」「友」「赤」「平」「炭」「鉱」でしょう。

…と思って調べてみると「住」「友」「赤」「平」「立」「坑」でした、惜しい!残念!


K5_B2418.jpg
道東炭鉱跡のカリスマとの噂がある私ですがw、このような道央の炭鉱で良く見られる立坑櫓にはあまり馴染みが無く、というか道東の炭鉱でこんなのは見たことが無くもの珍しいためうっかり写真を多く撮ってしまいます。


K5_B2439.jpg
解体途中でやめた感じでしょうかね。


K5_B2441.jpg
内部も見てみたいのですが、どこまで近づいて良いものかわからないので遠巻きに撮って終了。


てきとーに調べたのが以上2ヵ所の遺構だったのでこれにて帰るつもりでいつもの友人たちに帰るよと報告したところ、嫌がらせのように芦別の遺構位置情報がじゃんじゃん入ってきたため帰るに帰れなくなって芦別へ向かうことに。

つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 炭鉱

関連記事
スポンサーサイト

ニョロニョロを追いかけて…


久しぶりに某炭鉱跡へ行ってきましたが…

目的はコレ↓

※数年前の写真です。
NYORO.jpg

勝手にニョロニョロと呼んでいますw ※ニョロニョロを知らない方はムー○ンで検索願います

あの時はこんなにたくさんいらっしゃったのですが、、、



今年はと言えば、

K5_B1914.jpg

K5_B1898.jpg

こんな感じw

たった4体。

K5_B1908.jpg

前回と比較して時期的に1ヶ月遅れではありますが、

同じ真冬でこんなにも違うとは。



気を取り直して、隧道の探索を続けます。

K5_B1920.jpg

この隧道、そんなに長いものではありません。

K5_B1894.jpg

入り口から20mくらいでしょうか、

あっさり土砂で閉塞している部分に到達。

K5_B1923.jpg

やけに短いものですので、てっきり途中で崩落し、

そこに土砂流入したものだとばかり思い込んでましたが、

ここの隙間に頭とカメラを突っ込んでみると…

K5_B1929.jpg

あれ?なんか綺麗な壁が見えます。

K5_B1932.jpg

無理をすれば隙間から向こう側に抜けれそうでしたが、

既に無理な体勢で肩を痛めてしまったので一旦外に出ましたw

K5_B1939.jpg

トンネルの上を歩き先ほど見えていた隙間の向こう側へ。

あれれ?入り口にあるものと似たような坑口前の飾りが?

K5_B1948.jpg

あ。ちゃんとした坑口だった。

やけに短いので途中で崩れた隧道だと思っていたのに、

どうやら最初からやけに短いトンネルだったようですね。

雪のある急斜面を降りたくはないので近づくのはまたにします。

という訳で隧道探索は終了です。



続いて、名物「傾いたポケット」とその他の遺構です。

K5_B1965.jpg

K5_B1966.jpg

もう何度も見ているのでザックリです。



それよりも今回は未探索部分をウロウロしました。

K5_B1973.jpg

こういうの何でしょうか?土留?がずーっと続いています。

K5_B1975.jpg

なかなかの石組みです。苔具合もいい味です。

どこまで続くものなのか、その先に何があるのか、

このまま辿ってみたかったのですが地形的理由で迂回することに。


K5_B1981.jpg

フラットな場所へ出ると、こんなところにまでタイヤ痕が。

きっとジムニーでしょう。



で、何気に見ると謎の有刺鉄線。

K5_B1993.jpg

そして、看板を発見。

××連絡所?、でしょうかね?

引っ張り出してまでは確認しませんでした。



そして更に奥で、

K5_B2002.jpg

ガス抜き塔?…こんなところにあったんですね。

K5_B1999.jpg

先ほどの土留?はガス抜き塔のすぐ裏まで続き、

そこで大きく崩落していました。

K5_B2011.jpg

雪のせいでイマイチ良く見えないのが残念です。

そして、

K5_B2017.jpg

更に、こんな遺構も…風洞の台座っぽい雰囲気です。

坑口も期待出来ますが、雪で近寄るのが困難(面倒)なので、また今度かな~

ニョロニョロは残念でしたが、気になるものがたくさん見つかりましたよ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク


2月某日、急に思い立って真冬のタウシュベツ川橋梁へ。

K5_B1834.jpg
上士幌町は雪が多いイメージだったので念のため4WDを借りて来ましたが

思ったより全然雪が無く四駆借りた意味なし。

今回は、自宅で昼飯の最中に思い付いたため、到着したら既に夕方になってますw

この時期タウシュベツ川橋梁へ行くにはここ『五の沢橋梁』付近の駐車場に車を置き

徒歩で林を抜け糠平湖の氷上を歩くのが最適ルートになります。

片道約2km、寒かったら帰るつもりでしたが風も無く気温も0℃くらいの探索日和でした。

一応スノーシューを用意しましたが、

この時期開催されている有料湖上横断ツアーで雪が踏み固められていたためほとんど出番なし。


K5_B1839.jpg
徒歩開始。

薄暗い林の中を一人で黙々と歩きはじめます。

ツアー参加者または釣り人(ワカサギ釣り)のお陰で道が出来ていたため

迷うことなく糠平湖まで辿りつけそうです。

ちなみに、日曜日のこんな時刻にこんな林を歩いてる人はほとんど居ません。


K5_B1840.jpg
徒歩6分、林を抜けると見覚えのある11連アーチ橋が見えてきます。まだ遠いな。

ここまで来たらもう迷うことなく橋まで一直線。


K5_B1845.jpg
8分経過。

名物『キノコ氷』を発見。タウシュベツ川橋梁と一緒に記念撮影。

ダム湖の水位が下がると、湖底の切り株が氷を突き破りコレが出来上がるんですね多分。


K5_B1846.jpg
徒歩開始から16分、橋はもう目の前。

橋の前に人影が見えます。誰も居ないと思ってましたが意外。

こんな時間にこんな場所で、変な人じゃなきゃ良いな~

…と、向こうもそう思ってるであろうことに気づくww


K5_B1851.jpg
到着。徒歩20分くらいでした。

先ほどの方たちも写真撮影でもちろん狙いは星空でしたが、

この曇り空じゃ無理だねぇ、なんて話で盛り上がります。

一人は富良野、もう一人は美瑛から来たとのことです。美瑛は私と変わらない距離w

こんな星空↓を撮りたかったのですがね…
【士幌線】秋のアーチ橋と星空


K5_B1855.jpg
仕方ないので橋だけ撮って帰ることに。


K5_B1858.jpg
月とタウシュベツ川橋梁。


K5_B1860.jpg
辺りが真っ暗になると同時に、だんだん冷え込んできます。


K5_B1866.jpg
肉眼で見るとこんな感じ。


K5_B1870.jpg
見えた星は1個だけ…

さて、帰ろうか。


K5_B1864.jpg
この後また20分、スタート地点まで歩きますが、

行きと違って初対面の方たちが一緒だったのであっという間。


K5_B1877.jpg
全員無事に生還。

車で外気温を確認すると、氷点下6℃。まあまあの寒さですねw


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 廃線

関連記事

Loveくしろイルミネーション2016


K5_B1807.jpg

思い起こせば、、、、

2012.01.06 『挑戦、イルミネーション
2012.01.13 『風速12m/s
2012.02.17 『イルミネーション2011
2012.03.08 『KAWAYU
2013.01.19 『くしろイルミ2012
2014.03.18 『釧路市冬のイルミネーション

と、イルミネーション初挑戦の若かりし頃はわざわざ川湯にまで行ったりもしましたがさすがにもう飽きたw

のですが、ブログのネタ切れ対策とストレス発散及び、鈍った体に気合を入れることも兼ね、

バレンタインも近いしなんとなく丁度いいかな、というわけで三年ぶりに行ってみました。

K5_B1825.jpg

釧路の新たな冬の風物詩として今回で9回目(かな?)の”LOVEくしろイルミネーション2016”

K5_B1818.jpg

通りすがりに立ち止まって写真を撮っていく人は多いです。

K5_B1803.jpg

K5_B1798.jpg

K5_B1829.jpg

LOVEゲート周りにハートのオブジェも多数有り、愛に溢れていますw

K5_B1795.jpg

ゲートの下には恋みくじ。

K5_B1793.jpg

このYEGというのは、商工会議所青年部のことのようです。

で、手前のハートに縛りつけられた恋みくじの数を見ると、そこそこの来場者はあるようですね。

K5_B1811.jpg

このトンネルが今年のメイン、LOVEトンネル。

K5_B1823.jpg

K5_B1805.jpg

せっかくなので通り抜けてみましたw

K5_B1789.jpg

K5_B1814.jpg

会場の真後ろ、釧路川と幣舞橋の向こうには、2016年8月末からライトアップが始まった旧日銀釧路支店も見えます。

K5_B1831.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

関連するタグ :

関連記事

茂雪裡の奉安殿


釧路市内の奉安殿(※過去記事)で戴いたコメントを頼りに、阿寒郡鶴居村茂雪裡にある奉安殿へ。

奉安殿の場所はGoogleの航空写真であっさり見つけられましたが、なかなかやる気が起きず気がつけば雪景色…雪に埋もれる前にやっと重い腰を上げましたw

と言うわけで、まずはコメント戴いた『すずしろ』さま、ありがとうございました!


茂雪裡の奉安殿前に到着
K5_B1695.jpg
聞いていたとおり、春採のものと形がそっくり。


裏側より
K5_B1742.jpg
春採のは相当朽ちてましたが、とりあえず屋根は無事のよう。



K5_B1699.jpg
子供の背丈ほどある笹薮を掻き分けて進みます。子供と一緒だったので右手にカメラ、左手に子供の状態w



K5_B1702.jpg
扉の片側が無くなっていますね。



K5_B1726.jpg
思ったより屋根ももうダメです。



K5_B1722.jpg
内部は…
と、思って中を覗いてみると、写真の方と目が合ってビックリ。



K5_B1708.jpg
いわゆる御写真、なのかどうか?はわかりませんが、気が引けるので額縁を残して加工してます。



K5_B1714.jpg
足元には激しく損壊した賞状が…
他のサイトで見た賞状はもっと状態が良かったのですが、扉が無くなって屋根も破損してますからね、あっという間にこうなるでしょう。



K5_B1733.jpg
戦後教育の証拠である奉安殿。

中身は昭和30年代のものらしいですが、それにしても…

写真の方が誰なのか、すごく気になりますw



ブログランキング・にほんブログ村へ

関連するタグ : 戦跡

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
167位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。