探索日和

Tag変電所 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

大曲・大祥内探索 - 1

大曲・大祥内(オショナイ)方面には、雄別炭山駅のある本町・栄町地区よりも古い遺構があります。地図を見ると気になる林道や徒歩道がたくさんあり、現地では更に地図にも載ってない小道や獣道を見つけますが、単独行動なのでこの場所に慣れるまで深入りは禁物、なるべく道路から離れないように心掛けました。前回、日暮れで断念した大曲変電所付近に再び来たところです。実のところ、この遺構が変電所かどうかはわかりませんが、大...

  •  0
  •  0

雄別探索 - 変電所

選炭場のあった大曲地区に来ました。これは変電所の跡で、大きな碍子が散らばっています。変電所の上方にも小道が続いています。日暮れが近いうえ天気も良くないため本日はここまでかな。ここの分岐を右に行けば、ポンシタカラ川沿いに続く林道になりますが、こちらには何も無さそうです。左の林道に行けば、水道関連の施設があるはず。帰り際、道道から見える雄別炭砿病院です。この病院、ネットで検索すると相変わらず心霊スポッ...

  •  2
  •  0

北炭幌内変電所

北炭幌内変電所。建物前に咲くチューリップ雑草などは綺麗に刈り取られ、いくつか花が植えられています。木の根元にも鹿対策の保護ネット(?)がかけられています。前回訪問は秋の始め頃でしたが、春先はまた雰囲気が違って見えます。大正中期に建設されたというこの変電所は、夕張清水沢発電所からの電気を変電していたそうです。平成元年の幌内炭砿閉山と同時に閉鎖されましたが、現在は 三笠炭鉱の記憶再生塾 の活動拠点となっ...

  •  4
  •  0

悪趣味な… - 庶路炭礦

庶路炭砿にある変電所と言われる施設、部屋の様子です。死体置場…悪趣味な落書きのある部屋暗い部屋の中に何か転がっているようですが。。。う~ん落書きだらけ参上とか…歴史を感じます。漢字の間違いは雄別商事の落書きでも見られました。やはり同一犯?wやけに細く感じた扉で、先ほどの死体置場が気になったので中を確認します。生首…マネキンの頭部が転がっていました。恐らく棒の上にでも乗っていたのでしょう。う~ん悪趣味。...

  •  4
  •  0

変電所の施設 - 庶路炭礦

庶路炭砿、変電所の施設らしいです。幌内炭砿変電所のような高圧線鉄塔が多数あるワケではなくこの建物が残るだけです。どんな役割の施設だったのでしょうね。草に埋もれる建物入り口特に何も無い内部の様子これと似たような落書きが雄別の病院にもあります。同一犯でしょうか。部屋は数ヵ所あるだけです中はカラッポでしたが…...

  •  4
  •  0

送電設備 - 北炭幌内変電所

お皿のようにあるたくさんの碍子。そして鉄骨と絡まる緑。すっかり見とれてしまいました。Special Thanks to At the place - ひこ さん...

  •  2
  •  0

変電所周辺 - 北炭幌内変電所

大正中期に建設されたというレンガ張りコンクリート2階建ての変電所。当時からそのままなのかどうかはわかりませんがこういう雰囲気は大好物。玄関前には『旧北炭幌内変電所』の看板が(横向いてますが)あります。付近にもこの建物や幌内炭礦についての案内看板があり、空知の産業遺産を観光に活用すべく、それなりに大事にされているようです。二階の窓コードのようなものがぶら下がっています。裏口から内部の様子裏口も施錠され...

  •  4
  •  0

北炭幌内変電所

幌内炭礦 変電所1896(明治29)年、北海道で最初の立坑、幌内養老立坑が開作1898(明治31)年、北炭での電力使用が始まる1913(大正02)年、夕張に中央発電所建設1919(大正08)年、夕張~幌内間に送電線設置1924(大正13)年、幌内~幾春別、及び神威間に送電線設置レンガ張りコンクリート2階建ての変電所は、大正中期以降に建設されたものである。Special Thanks to At the place - ひこ さん...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。