スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

川崎工場夜景2014 - 05 -


本日の工場夜景


1.
K5_A2853.jpg


2.
K5_A2856.jpg


3.
K5_A2851.jpg


また来年、行ければ良いなあ。


関連するタグ : 工場 夜景
関連記事
スポンサーサイト

川崎工場夜景2014 - 04 -


本日の工場夜景


1.
K5_A2869.jpg


2.
K5_A2862.jpg


関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

川崎工場夜景2014 - 03 -

K5_A2863.jpg


K5_A2865.jpg


K5_A2870.jpg

ん~まさにこういう感じで工場写真を撮ってみたかったんですよね。

夢が叶いました(^^

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

川崎工場夜景2014 - 02 -

K5_A2854r.jpg


K5_A2858r.jpg


K5_A2859r.jpg


K5_A2861r.jpg

同じ場所で撮って、撮って…少し移動してまた撮って。

思うように撮れないから逆に楽しくてちっとも飽きない(笑)

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

川崎工場夜景2014 - 01 -


一年ぶりに川崎の工場夜景を撮ることが出来ました。

K5_A2860.jpg

観音崎・猿島の砲台跡を一人巡った日の締めくくりに工場夜景。

私にとって実に素晴らしい一日となりました。

ここの撮影中、

釣り人の方が気を遣って声をかけてくれたのがまた、嬉しかった(^^




special thanks to
写心~ウツスココロ~ 川貴 さん and 自分、豆柴ですから… たまのめぐみ さん

お世話になりました!

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

川崎の工場探訪 - 3

K_5_6158.jpg

川崎の工場夜景、
最後に見たこの白い光の工場が一番のお気に入りとなりました。
白い光のせいかとても無機質な印象で、私好みでした。

K_5_6155.jpg

今思えばもっと引いたものも撮っておきたかったけど、
それは次回の楽しみにするとして。

K_5_6157.jpg

やはり配管鉄骨階段ウネウネが好みなので、
どうしても寄ってしまいます。

K_5_6159.jpg

今回の工場夜景撮影に使ったのは55-300mm望遠レンズでした。
ここにまた来るときにはこう撮りたいなどいろいろありますが、
その前に、、、
標準ズームの感覚で絞りを決めているようではいけませんね(笑)
望遠側の浅い被写界深度と工場の大きさ(距離の差)、
この辺りの対応をちゃんと身につけておきたいところです。と反省。


special thanks to
写心~ウツスココロ~ 川貴 さん
and
自分、豆柴ですから… たまのめぐみ さん

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

川崎の工場探訪 - 2

K_5_6154.jpg

ここに初めて来てみて、全く臭わないことに驚きました。
大規模工場地帯ということである程度の臭いは覚悟していましたが、
規制も対策もきちんとしているんですね。

ちなみに地元の工場は小さいながらも悪臭は酷いです。
それでも最近はマシになったようですが。

K_5_6152.jpg

K_5_6149.jpg

結構なレタッチというか修復作業というか、それはそれで楽しかったり。

現場では撮れたと思っても家に帰ってパソコンのモニタで大きく見るまでは
当たりか・ハズレか、好みか・そうでないか、は、わからない。
帰ってからのお楽しみ的な要素もあり。。。工場撮影は楽しいです(^^

K_5_6150.jpg


special thanks to
写心~ウツスココロ~ 川貴 さん
and
自分、豆柴ですから… たまのめぐみ さん

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

川崎の工場探訪 - 1

羽田空港からタクシーで浮島バスターミナルへ。
空港をタクシーで出るのは初めてでしたが何とかなりました。
運転手さんには、木更津へ帰るのかい?と聞かれましたので
正直に答えたところ、へえ。と…別に珍しくもないようでした。
ちなみにタクシー代は2,290円(うちETC500円)です。

首都高湾岸線を走ったのも初めてでしたし、
今回ご案内いただきましたお二方にお会いするのも初めてで、
(最初から最後まですっかりお世話になりました(笑))
初めてづくしで心地よい緊張状態だったことを覚えています。


K_5_6134.jpg

K_5_6135.jpg

K_5_6136.jpg

K_5_6141.jpg

最初からカッコ良く撮ろうなんて思わず、
思いつきで寄ってみたり引いてみたり。

K_5_6139.jpg

初めての京浜工業地帯に圧倒されて、というか…
事前にシミュレーションしていたのと全然違って(笑)いて、
・どこをどう撮ったら良いのか
・画角がどうなっているのかわからない
・フォーカスが迷子になる
ので、多少パニックになってしまいました。
おまけに試し撮りのつもりで設定した絞り値のまま
しばらく撮り続けていたことに途中で気づき、また慌てる始末。

でも良いんです。
大変有意義で非常に勉強になり心の底から楽しい夜だったので。

K_5_6147.jpg



special thanks to
写心~ウツスココロ~ 川貴 さん
and
自分、豆柴ですから… たまのめぐみ さん

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

ずっと憧れていた工場の夜景

K_5_6138a.jpg

工場と線路。
一番見たいと思っていた、川崎工場夜景で有名なスポットです。
念願の場所で初めての工場夜景に挑みました。

かつて、釧路市と白糠町の間にある釧白工業団地には、
DME(ジメチルエーテル)実証プラントがありました。
規模こそ小さいながらも闇に浮かび上がる光の城はとても幻想的で、
心に深く残る風景となりました。
多分、それ以来の憧れだと思います。


K_5_6140a.jpg

私の場合、
キラキラした宝石箱のような風景より、
複雑に絡み合うウネウネの配管に萌えます。


K_5_6145a.jpg

興奮と感動の工場夜景でしたが、
滅多に使わない三脚や半手動でのフォーカスに苦労し、
なかなか思うようには撮れませんでした。
何枚か撮った他の写真は今後、
じっくり加工しながらいずれ小出しに載せていきたいと思います。


special thanks to
写心~ウツスココロ~ 川貴 さん
and
自分、豆柴ですから… たまのめぐみ さん

関連するタグ : 工場 夜景
関連記事

霧と工場を…

釧路の名物、霧と製紙工場の煙のコラボを!

と勝手に思いたち、見に来ました。



P1050606.jpg

煙突は多数あれどもこの日は工場が稼動していないのか、

煙がわかりません。



P1050610.jpg

霧もなんだか中途半端だな、と思いながらウロウロ。



P1050603.jpg

P1050605.jpg

で、この辺りで、カラスに襲われました。

巣が近くにあるようです。

仕方ないので遠回りして退散です。

P1050612.jpg

P1050613.jpg

工場に隣接して小学校があります。

工場から少し離れたここからの風景が

一番霧っぽく見えました。

P1050615.jpg

関連するタグ : 工場
関連記事
NEXT≫
カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
403位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
169位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。