シュンクシタカラ湖の霧

神秘の湖 シュンクシタカラ湖 ( Wiki はコチラ )

湖、といっても川が流れ出ていないため法的には水溜りの部類のようで、日本国内で最後に発見されたが全容が解明されてない(解明しようとしてるのかは不明)という神秘の湖である。

ここへ行くには、布伏内のラーメン真澄から21km山奥(店の道路向かいに案内板あり)、複雑に入り組んだ林道を抜けなければならず、その林道自体はほぼ自然のままで危険な落石などもあり、ミニ層雲峡と言われる岩肌むき出しの風景を楽しむことは出来るのものの、路肩の弱いところもあり決して走りやすいものではなく、そのためか滅多に人が訪れることはない。

湖の周辺は鳥獣保護区になっているため野生動物もたくさん、熊なんかもたくさん居るだろうし、事故にあったとしても救助を期待することは出来ないことから、神秘であると同時に危険な湖とも言える。


P1010545.jpg

人の手があまり入っていない無人の山奥、まさに秘境の湖。湖周辺もほぼ自然のままとなっているため、当然見学スペースなどもなく木も生え放題であり、非常に見づらい。たまに釣り人が来るようだがこの日は誰もおらず、得体の知れない動物(鳥?)の鳴き声が聞こえて来るだけだった。


P1010559.jpg

P1010569.jpg

湖では霧が発生。
霧自体は地元道東でうんざりするほど見ているが、こういう場所で見ると神秘的に見えてしまう。


P1010593.jpg

P1010601.jpg

関連するタグ : 秘境
スポンサーサイト

秘境、冬窓床の索道跡2

K_5_7707.jpg

斜面を登り、楽しみにとっておいた『ゴンドラ』まで戻る。



K_5_7712.jpg

ここに何年残されているのだろうか。



K_5_7718.jpg

トタンも残る、小屋の跡。



K_5_7722.jpg

巻き取られたワイヤーが残る。



K_5_7730.jpg

ワイヤー巻き揚げのエンジンだろうか。

ここはゴンドラの操作小屋だったようだ。



K_5_7736.jpg

巻き揚げの支柱は倒れてしまったのだろうか。

それとも元から横たわっていた?



K_5_7746.jpg

良く見ると、錆びてこの色になったワケではないような。



K_5_7753.jpg

巻き揚げの支柱、ゴンドラ、ゴンドラの支柱の位置関係。



K_5_7754.jpg

そして、巻き揚げエンジンと小屋の位置がこうだ。


このゴンドラが昆布運搬用だという根拠は、ネットだったかな。

昨年、市内の海岸で見た『籠』がまさにその役割で、

崖下から崖上まで昆布を滑車で引き上げているものだったが、

それの巨大バージョンといったところか。


初めて知った10年前でも既に使われていなかったようなので、

もっと前からここでの収穫量が減ってしまい、やがて必要とされなくなった、

そんな感じだろうか。



K_5_7760.jpg

様々な謎を残したまま、今回は戻ることにする。

この場所について郷土資料も探してみたが、未だ情報が見つけられない。



K_5_7765.jpg

日暮れが近いし寂しいし恐かったので戻ってしまったが、

今にして思えばゴンドラの行き着く崖下側を見ておけば良かった。

海岸まで延びていたのか、途中の支えはどうなっていたのか、

そんなことを考えているうちに、バリケードまで戻っていた。


関連するタグ : 秘境

秘境、冬窓床の索道跡1

釧路町冬窓床。

秘境と言って良いのかわからないが、

恐らく普段は誰も住んでなく、昆布漁の時期になると人が来る、

そんな場所なのではないかと思う。(憶測)


ここにロープウェイ跡があることを知ったのは今から10年ほど前だったか、

自己満足北海道』様の「冬窓床ってなんて読むのさ~?」を見たのがきっかけで、

それ以来いつか見に行きたいと思っていた…ことを先日思い出したw



K_5_7664.jpg

この看板の通り、冬窓床と書いてブイマと読む。

ちなみに下の方に書いてる初無敵はソンテキ、跡永賀はアトエカ。

読み方はいろいろあるようだが、難読地名看板にはそう書いてる。



K_5_7669.jpg

集落へ至る道にはゲートがあり、車で入ることは出来ない。

作業車の邪魔になるのでゲート前に駐車しない旨の注意書もある。

そのゲートを見て定住者は居ないと判断、

注意書を見て作業のため未だに利用はされている、と思ったワケで。


というわけで、邪魔にならない場所に車を置き歩いて探索開始。



K_5_7670.jpg

野生動物に会わないかとビクビクしながら進む。

寂しい。

タイヤ痕があるので車が出入りしてはいるが、

さほど新しくもないのでしばらくは通ってないようだ。



K_5_7674.jpg

日暮れがせまるなか、やっと目的のものが見えてきた。

ロープウェイの支柱だ。



K_5_7678.jpg

この辺りに小屋でもあったのか、組んだ板が。

近くにロープウェイ巻き揚げの機械らしきものと、

錆びたゴンドラがあるが、まずは支柱を観察する。



K_5_7683.jpg

タイヤ痕はここまでで、ここからは急な斜面になる。

急斜面の遥か下の方は海岸になっていて建物もあり、

昔は収穫した昆布をロープウェイで上まで運搬していたようだ。

現在は何らかの車輌が利用されているらしい。



K_5_7685.jpg

支柱の足元には、ワイヤーと金具が残っている。



K_5_7689.jpg

思ったよりも高さがあった。



K_5_7694.jpg

土台のコンクリートが見えている。



K_5_7700.jpg

ワイヤーは土に埋もれながら上まで続いている。


関連するタグ : 秘境

霧の林道の風景

K_5_5103.jpg

北太平洋シーサイドライン、道道142号から釧路郡釧路町仙鳳趾村オタクパウシまで続く『賤夫向林道』。

ちなみに、賤夫向はセキネップと読む。

以前から目をつけていた林道だ。

K_5_5109.jpg

K_5_5112.jpg

途中までの霧は凄かったがすぐに晴れ、下草もあまり無く走り易い林道だ。

K_5_5115.jpg

K_5_5126.jpg

途中から舗装され、着いた場所にはオタクパウシという難読地名看板が立っていた。

オタクパウシの漢字表記は、調べてみたが無さそうだった。

K_5_5134.jpg

関連するタグ :

日本一なが~い林道の風景

K_5_4646.jpg

日本一なが~いと書いてある道東林道。

K_5_4661.jpg

K_5_4672.jpg

K_5_4673.jpg

K_5_4682.jpg

K_5_4687.jpg

浦幌町の留真(るしん)温泉側から入ってきたが、行き止まりだったので全然長くなかった。

K_5_4688.jpg

K_5_4709.jpg

K_5_4714.jpg

行き止まりだらけだ。

K_5_4735.jpg

関連するタグ :

Pond of God's Child

『神の子池』
周囲220mほどの小さな池で、澄んだ水と蒼く見える水面(一部のみ)が特徴。
摩周湖の伏流水から出来ていると言われ、湧き出る水量は一日12,000t。
摩周湖は他の湖とは違い河川とのつながりがないため、
法律上は湖ではなく水溜り(wikiより)であるが、
河川の出入りがないにもかかわらず年間の水位変動が少ないことから、
ここ神の子池のような伏流している場所が数箇所存在しているとみられている。



神の子池へと続く林道への入り口。
P1090798.jpg
道道1115号摩周湖斜里線から林道に入ります。
道なりに2kmほど進むだけなので楽勝ですが、
観光地としてはあまり手が入っておらず
ガードレールが一切無いので注意が必要です。

この日は雨が降っていたようで、路面が濡れていて軽く危険でした。



駐車場と簡易トイレ。
P1090904.jpg
数年前はこんなに締め固められた駐車場ではなかったはず。



P1090813.jpg
看板の横の柵、以前は無かったはず。
少しずつ人の手が入っているようです。



蒼い水に倒木。
P1090819.jpg
この色は、石灰成分の反射だとか、
池の底に溜まる銅と水の科学反応だとか言われている。

ちなみに、薄曇でもしっかりとブルーでした。



ブルーは一部分だけです。
P1090831.jpg



池の底に眠る倒木は、水温が年間を通して8℃と一定のため腐らないらしい。
P1090843.jpg



神の子池から流れ出る水は、かなりの勢いです。
P1090858.jpg



以前は、本当に池の中にお金(小銭)がありました。
P1090861.jpg
そういう意味では人の手が入るということも、
一概に良くないとも言えませんね。



確か、以前はこの辺りにお金があったような。
P1090873.jpg
この倒木の根元、
薄暗くなっていたため手振れで何枚も撮り直したものですが、
今見るとそれほど気合入れるようなものでもなかった(^^

関連するタグ :

三番沢

浜中町三番沢。

かつて、明治35年開校・昭和47年閉校の小学校跡があり、
集落は平成の始め頃に離村。

そんな情報をネットで見つけたので、早速現地を見学に。

P1060713.jpg

三番沢林道の入り口に入るといきなり物騒な看板が。



P1060717.jpg

道は車一台の広さがあるものの、
アップダウンも激しく次第に悪路になります。



P1060718.jpg

車の腹を擦りながらもなんとか広い場所に出ました。
学校跡は既に無く、
集落の建物もほとんど残ってないのは知っていました。



P1060720.jpg

二十年も前から人が居なくなったことを考えると残っている建物も無く、
当然、雪の重みで倒壊してしまっているとは思っていました。



P1060722.jpg

P1060725.jpg

P1060726.jpg

残された柵やビニールハウスから、農業の跡が窺えます。



P1060729.jpg

P1060733.jpg

ふと足元の轍に目をやると何となく違和感が。
良く見るとあまり古く無さそうな感覚。
とても二十年放置しているとは思えません。

更に探索を続け別の道を発見。
少し進んでみると奥のほうから人の気配が…
そこにあったのは真新しいペンキで塗られた屋根の、
現役の建物でした。
足元には、最近ついたばかりのようなクッキリ残るタイヤ痕。

どうやらここ、人は住んで居なくても、
未だに使用はされているようでした。



P1060735.jpg


更に、三番沢林道コースと書かれた看板も発見。
ハイキングコースにもなっているようでした。

全く誰も居ないような場所だと思っていましたが、
行ってみないとわからないものですね。
関連するタグ :

野鳥保護区フレシマ

根室市にある湿原、日本野鳥の会が所有する野鳥保護区。
203.7ヘクタールの湿原にタンチョウが繁殖している、とのこと。


P1060613.jpg

根室から釧路へ向かう途中、すごい霧に見舞われふと迷い込んだ場所。
根室にタンチョウ…意外でした。



P1060618.jpg

P1060625.jpg

P1060626.jpg

関連するタグ :

黄金の滝

P1060115.jpg

浦幌町役場おすすめの観光名所、黄金の滝。

場所は昆布刈石展望台からすぐ近くにあります。

名前の由来は、黄金色の岩層から来ているとか。



P1060130.jpg

P1060128.jpg

滝というには迫力も水量も足りないような気がしますが、

一応、海まで続いている模様です。



P1060120.jpg

崖下に降りる道を少し行ったところ。



P1060121.jpg

岩肌を見ると、大量に水が流れていた跡があります。

雪解けの時期、春から夏にかけてが見所のようです。

真夏に来ると水枯れすることもあるらしく、時期を間違えたようで。

P1060123.jpg

関連するタグ :

十町瀬の奇岩巡り

P1020484.jpg

釧路町にある十町瀬の看板です

釧路町難読地名ラリーのついでに ここにトド岩・タコ岩があるというので探索してみます



P1020486.jpg

車の進入は不可のようですが 立入禁止というわけでもないようなので興味本位で探索


過去にも何度か興味本位での探索をしてきましたが 一度だけ怒られた経験があります

私有地とも立入禁止とも書いてなかったので車で突入すると

行き止まりに民家が一軒だけあって 出てきた方に怒鳴られてしまいました

静かに暮らしている住民の方にとっては 侵入者は迷惑以外の何者でもないので慎重に行動します



P1020487.jpg

「遊歩道」の看板があるので 今回は怒られることは無さそうです

車での進入が出来ないわりには轍がありますが 森林管理局の車かな?


北海道森林管理局が「昆布森シレパ自然休養林」として

この遊歩道や尻羽(シレパ)岬などの遊歩道 来止臥(キトウシ)野営場を管理しているようですが

散策していても滅多に人と会う事がないような秘境です

ちなみに海沿いなので 熊の心配はさほど無さそうです



P1020489.jpg

歩き出し3分程で遊歩道が二手に分かれていたので 何となく海に近そうな左側を選択します



P1020490.jpg

トイレはありましたが傾いています 一応便器はあるけど使えそうにないかと



P10204951.jpg

海が見えてきました 太陽が溶けています



P1020497.jpg

崖っぷちに到達 赤文字で「危険注意」とあります



P1020498.jpg

住居跡かと思いきや違いますね ここに東屋でもあったようです



P1020499.jpg

ここから見下ろすと お目当ての「トド岩」が見えました



P10205051.jpg

そして「タコ岩」のほうは… 遥か遠くに見えますが見えたから満足としますw

この辺りは侵食により出来た奇岩がたくさんあるようですので そのうちいろいろと見て回りたいと思います

関連するタグ : 秘境
NEXT≫
カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
783位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
282位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。