スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 -


急に芦別で車中泊したくなり、ついでに赤平の炭鉱遺構を見学してきました。

久しぶりの中距離ドライブ往復500kmと車中泊がメインだったのでろくに調べもせず取り敢えず有名どころだけ見て帰るつもりでしたがいろいろあって最終的には芦別の山の中をウロウロすることに。

K5_B2370.jpg
北炭赤間炭鉱ズリ山階段の説明看板、抜粋です。
「赤間炭鉱は昭和13年に開坑し、昭和48年に閉山した市内でも大手の炭鉱であった。赤平駅裏という地の利を活かし、平成2年に火文字と階段を設置して、眼下の赤平市街や遠く芦別、十勝岳などを望むことが出来るズリ山展望広場を整備した。」


K5_B2373.jpg
777段のズリ山階段、日本一だそうです。

夕張清水沢以来のズリ山ですので久しぶりに登ってみたい気もしますが、往復1,554段であることを考えると非常に厳しいのでやめた。


K5_B2376.jpg
ズリ山階段入り口の手前には、さりげなく柵で囲われた遺構があります。


K5_B2378.jpg
説明が一切無いし調べてもいないので何だかわかりません。

ズリ関係か貯炭施設?


K5_B2382.jpg
すぐ近くにこれから向かう予定の住友赤平炭鉱立坑櫓が見えます。


K5_B2384.jpg
とりあえず一周。


K5_B2387.jpg
内部を見ると、あれ?低い。

石炭積込貨車が入るものではなさそうです。


K5_B2394.jpg
そしてこれ。

どこかで見たことがあるような。


K5_B2400.jpg
多分、ベルコン関係のものでしょう。


K5_B2402.jpg
正面から見るとこんな感じ。

思わず上りたくなります。

この遺構をネットで調べてみると…

この辺りには選炭工場があって、平成11年頃にほとんど取り壊し。

唯一遺ってるこれは原炭ポケットのようで、斜めになってるものはベルトコンベアの基礎、らしいです。


K5_B2453.jpg
道はわかりませんが見えている立坑を頼りに走っていると、親切な標識を発見。


K5_B2450.jpg
赤間炭鉱跡から見えていたのはこれです。


K5_B2406.jpg
看板も設置され、「砿」の文字にこだわりを感じます。

当ブログでも「炭鉱」「炭坑」「炭礦」「炭砿」と気分によって使い分けて来ましたが、最近は面倒なので「炭鉱」に統一しました…どうでも良い話ですね(^ω^)


K5_B2413.jpg
看板がついていたような正方形の金枠があります。

恐らく「住」「友」「赤」「平」「炭」「鉱」でしょう。

…と思って調べてみると「住」「友」「赤」「平」「立」「坑」でした、惜しい!残念!


K5_B2418.jpg
道東炭鉱跡のカリスマとの噂がある私ですがw、このような道央の炭鉱で良く見られる立坑櫓にはあまり馴染みが無く、というか道東の炭鉱でこんなのは見たことが無くもの珍しいためうっかり写真を多く撮ってしまいます。


K5_B2439.jpg
解体途中でやめた感じでしょうかね。


K5_B2441.jpg
内部も見てみたいのですが、どこまで近づいて良いものかわからないので遠巻きに撮って終了。


てきとーに調べたのが以上2ヵ所の遺構だったのでこれにて帰るつもりでいつもの友人たちに帰るよと報告したところ、嫌がらせのように芦別の遺構位置情報がじゃんじゃん入ってきたため帰るに帰れなくなって芦別へ向かうことに。

つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 炭鉱

スポンサーサイト

ニョロニョロを追いかけて…


久しぶりに某炭鉱跡へ行ってきましたが…

目的はコレ↓

※数年前の写真です。
NYORO.jpg

勝手にニョロニョロと呼んでいますw ※ニョロニョロを知らない方はムー○ンで検索願います

あの時はこんなにたくさんいらっしゃったのですが、、、



今年はと言えば、

K5_B1914.jpg

K5_B1898.jpg

こんな感じw

たった4体。

K5_B1908.jpg

前回と比較して時期的に1ヶ月遅れではありますが、

同じ真冬でこんなにも違うとは。



気を取り直して、隧道の探索を続けます。

K5_B1920.jpg

この隧道、そんなに長いものではありません。

K5_B1894.jpg

入り口から20mくらいでしょうか、

あっさり土砂で閉塞している部分に到達。

K5_B1923.jpg

やけに短いものですので、てっきり途中で崩落し、

そこに土砂流入したものだとばかり思い込んでましたが、

ここの隙間に頭とカメラを突っ込んでみると…

K5_B1929.jpg

あれ?なんか綺麗な壁が見えます。

K5_B1932.jpg

無理をすれば隙間から向こう側に抜けれそうでしたが、

既に無理な体勢で肩を痛めてしまったので一旦外に出ましたw

K5_B1939.jpg

トンネルの上を歩き先ほど見えていた隙間の向こう側へ。

あれれ?入り口にあるものと似たような坑口前の飾りが?

K5_B1948.jpg

あ。ちゃんとした坑口だった。

やけに短いので途中で崩れた隧道だと思っていたのに、

どうやら最初からやけに短いトンネルだったようですね。

雪のある急斜面を降りたくはないので近づくのはまたにします。

という訳で隧道探索は終了です。



続いて、名物「傾いたポケット」とその他の遺構です。

K5_B1965.jpg

K5_B1966.jpg

もう何度も見ているのでザックリです。



それよりも今回は未探索部分をウロウロしました。

K5_B1973.jpg

こういうの何でしょうか?土留?がずーっと続いています。

K5_B1975.jpg

なかなかの石組みです。苔具合もいい味です。

どこまで続くものなのか、その先に何があるのか、

このまま辿ってみたかったのですが地形的理由で迂回することに。


K5_B1981.jpg

フラットな場所へ出ると、こんなところにまでタイヤ痕が。

きっとジムニーでしょう。



で、何気に見ると謎の有刺鉄線。

K5_B1993.jpg

そして、看板を発見。

××連絡所?、でしょうかね?

引っ張り出してまでは確認しませんでした。



そして更に奥で、

K5_B2002.jpg

ガス抜き塔?…こんなところにあったんですね。

K5_B1999.jpg

先ほどの土留?はガス抜き塔のすぐ裏まで続き、

そこで大きく崩落していました。

K5_B2011.jpg

雪のせいでイマイチ良く見えないのが残念です。

そして、

K5_B2017.jpg

更に、こんな遺構も…風洞の台座っぽい雰囲気です。

坑口も期待出来ますが、雪で近寄るのが困難(面倒)なので、また今度かな~

ニョロニョロは残念でしたが、気になるものがたくさん見つかりましたよ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 炭鉱

【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク


2月某日、急に思い立って真冬のタウシュベツ川橋梁へ。

K5_B1834.jpg
上士幌町は雪が多いイメージだったので念のため4WDを借りて来ましたが

思ったより全然雪が無く四駆借りた意味なし。

今回は、自宅で昼飯の最中に思い付いたため、到着したら既に夕方になってますw

この時期タウシュベツ川橋梁へ行くにはここ『五の沢橋梁』付近の駐車場に車を置き

徒歩で林を抜け糠平湖の氷上を歩くのが最適ルートになります。

片道約2km、寒かったら帰るつもりでしたが風も無く気温も0℃くらいの探索日和でした。

一応スノーシューを用意しましたが、

この時期開催されている有料湖上横断ツアーで雪が踏み固められていたためほとんど出番なし。


K5_B1839.jpg
徒歩開始。

薄暗い林の中を一人で黙々と歩きはじめます。

ツアー参加者または釣り人(ワカサギ釣り)のお陰で道が出来ていたため

迷うことなく糠平湖まで辿りつけそうです。

ちなみに、日曜日のこんな時刻にこんな林を歩いてる人はほとんど居ません。


K5_B1840.jpg
徒歩6分、林を抜けると見覚えのある11連アーチ橋が見えてきます。まだ遠いな。

ここまで来たらもう迷うことなく橋まで一直線。


K5_B1845.jpg
8分経過。

名物『キノコ氷』を発見。タウシュベツ川橋梁と一緒に記念撮影。

ダム湖の水位が下がると、湖底の切り株が氷を突き破りコレが出来上がるんですね多分。


K5_B1846.jpg
徒歩開始から16分、橋はもう目の前。

橋の前に人影が見えます。誰も居ないと思ってましたが意外。

こんな時間にこんな場所で、変な人じゃなきゃ良いな~

…と、向こうもそう思ってるであろうことに気づくww


K5_B1851.jpg
到着。徒歩20分くらいでした。

先ほどの方たちも写真撮影でもちろん狙いは星空でしたが、

この曇り空じゃ無理だねぇ、なんて話で盛り上がります。

一人は富良野、もう一人は美瑛から来たとのことです。美瑛は私と変わらない距離w

こんな星空↓を撮りたかったのですがね…
【士幌線】秋のアーチ橋と星空


K5_B1855.jpg
仕方ないので橋だけ撮って帰ることに。


K5_B1858.jpg
月とタウシュベツ川橋梁。


K5_B1860.jpg
辺りが真っ暗になると同時に、だんだん冷え込んできます。


K5_B1866.jpg
肉眼で見るとこんな感じ。


K5_B1870.jpg
見えた星は1個だけ…

さて、帰ろうか。


K5_B1864.jpg
この後また20分、スタート地点まで歩きますが、

行きと違って初対面の方たちが一緒だったのであっという間。


K5_B1877.jpg
全員無事に生還。

車で外気温を確認すると、氷点下6℃。まあまあの寒さですねw


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 廃線

某炭鉱跡と某ロケ地


今年も残すところあと一週間くらいですかね。

一昨年は40箇所、昨年は30箇所以上の物件を、ピーク時には年間60箇所も回ってたもんですが、思い返せば今年はたったの6箇所。。。その原因は一番下の息子と一緒に居る時間が増えたためですが、それも恐らくあと数年。出かけるよと言ってもだんだん着いてこなくなるのは目に見えてますので…それはそれで寂しいですが(^^

と言うわけで、今年回った6箇所のうちの4箇所目がこの物件となります。


K5_B1460.jpg
お馴染みの某炭鉱跡ですが、今回はお友達の NOZy さんと一緒です。

ここにはソロで何度も来てますが、仲間と来れば何かしら見たこと無い新しい景色を見つけてくれるので期待です。


K5_B1413.jpg
で、早速見つけてくれたNOZyさんを見上げる。何度も見てる遺構ですが、この階段に上ろうと思ったことは無かった。


K5_B1418.jpg
これは見たこと無い景色です。


K5_B1419.jpg
トラックステーションの屋根の上。この穴は、ベルコンから石炭を落とし込むためのものでしょうか。


K5_B1422.jpg
トラックステーション屋上から見る貯炭施設。


K5_B1433.jpg
貯炭庫、4基並列ホッパー。運炭が専用鉄道でなくトラックによるものだったので、半地下の貯炭庫になっているのかな。


K5_B1434.jpg
煙突を見上げ、梯子がついている事に気づく。あの梯子に上りたいねえ、なんて会話しながら見上げる。


K5_B1439.jpg
煙突内部は煉瓦との二重構造。前回 ひこ さんと来た時に見つけたものを自慢気に NOZy さんに紹介w


K5_B1442.jpg
硬が未だに遺る、ズリポケット。


K5_B1443.jpg
そしてここの炭鉱一番のオススメ、選炭施設。


K5_B1446.jpg
1963(昭和38)年、当時最先端の技術である水力採炭を導入していたというここの炭鉱跡ですが、狭い空間のなかに複数の柱と複雑な段差、これが水力採炭の選炭場の特徴だ、という話を聞いたことがあります。

しかし、何故複雑な構造になるのかは聞いてないか忘れてしまいました。石炭が水と一緒に流されてくることに関係ある?


K5_B1455.jpg
そしてこの坑口。またしても NOZy さんはやってくれました。


K5_B1453.jpg
隙間にカメラを突っ込んでみると、、、何か写り込んでます。

坑内ガスがあってもデジカメのフラッシュではまず引火しないハズなので思い切ってフラッシュを使ってみたところ、往時のベルトコンベアーが眠っていたのを発見しました。

その後、もう一つの炭鉱跡にもご案内する予定でしたが思わぬ発見で時間を使いすぎたため、ここでタイムアップ。


K5_B1461.jpg
理由はわかりませんが、NOZy さんがどうしても「尺別の丘」に来たいというので付き合うことに。

実はこの前日から道東に滞在してらしたので、往復160kmの道を”ちょっと冷やかしに”行って来たため会うのは二日連続になりますw


K5_B1467.jpg
ここが「尺別の丘」。ここをキハ40が走るのを撮りたい、と。しかし当日は日曜日。ただでさえ根室本線の運行は少ないので、おおぞらかREDBEARが運良く通過することを祈りつつコーヒータイム。

私も NOZy さんも、通り過ぎる列車を待つという行為は初体験で新鮮でした。


2016-10-09 12.51.09
というわけでコーヒー。カップを忘れたのでセブンのプラ容器に入れたところ、案の定このように変形しましたw

とか遊んでいるとスーパーおおぞらが音別方面からやって来ましたが、変形して不安定なカップを置くことに手間取ってしまい間に合わず。


1481291757984.jpg
最後はこの建物を見学、何かの映画のセットのようですw


その後予定通り「うらほろ亭」での変態会議in道東(内輪ネタ)を行い、お昼過ぎに解散しました。

ほとんど私の愚痴ばかりで申し訳なかったのですが、お陰で私はスッキリしましたよ!w


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連するタグ : 炭鉱

ずっと気になっていたU炭鉱 -2-


記憶が曖昧なので、隧道どこだっけ?という感じで探索を続けます。

K5_B0905.jpg
隧道に至る道を見つけましたが、途中に看板が。
元々隧道下の斜面は崩落していたので、それが酷くなったのかな?
前回はこんな看板無かったはずですが。


K5_B0911.jpg
尺浦隧道、浦幌側に到着です。


K5_B0914.jpg
前回は団体での訪問だったのでじっくり見れず心残りでした。
が、結局、ライトを車に忘れてしまったため見れる場所は少なく、
閉塞部の確認も出来なかったという点で多少心残りw


K5_B0917.jpg
浦幌側の銘板は割れています。
道東の炭鉱跡で銘板が残っているのは、尺浦隧道と雄別通洞くらいかも。



んで、最後は温(冷)泉の湧き出る坑口へ。
微かな記憶と硫黄の臭いを頼りに、坑口を探し回ります。


迷いながらも1つめの坑口を発見、温泉坑口はこの先。
K5_B0944.jpg


ありました。
K5_B0951.jpg


K5_B0956.jpg
温泉というか、冷泉というか、硫黄の成分が漏れてきてる坑口です。


K5_B0959.jpg
川床を石灰分?が白く染めます。
硫黄の臭いが凄いです。体に悪そう。


K5_B0980.jpg
妙にエメラルドグリーンな石が。
湧き出す水のミネラル分によるもの?



というわけで、途中細かいのはすっ飛ばしましたが、
また来ようと思っていたのにゲートに阻まれ4年間、
気になっていた炭鉱跡への再訪を果たしました。


K5_B0999.jpg

最後の締めは、いつものカップラーでw

次に来るとしたら、真冬かな。
草と熊が大人しくなったら、まだ見ぬ奥地の坑口を目指して。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱

ずっと気になっていたU炭鉱 -1-


stroll into の masaki.m 様 より
開かずのゲートが開いたぜという情報を入手したので、半年ぶりにお出かけしてきました。

この炭鉱に来たのは2回目。。。
前回は団体行動でじっくり見れず心残りでしたが、気がついたら道路崩落とかでゲートが封鎖。
その後何度か訪れるも一向に開くことのないゲートでした。
K5_B0799.jpg


そんなわけでゲートに到着。
K5_B0801.jpg
確かに開いてるのを確認。
最後に来たのが5年前だから、4年間閉まりっ放しだったんじゃないかな?


まずは気になっていた池。
K5_B0810.jpg
池なのか水溜りなのか不明ですが、前回はもっと青池っぽかった気が…
じっくり見るとまあこんなもんでしょう。
立ち枯れの雰囲気は好きですけどね。


内部が気になっていた炭住。
K5_B0854.jpg

K5_B0863.jpg

K5_B0864.jpg

K5_B0869.jpg
前回は何も無かったのに、久々に来てみると「危険なので立入禁止」の看板が設置されていました。
確かにいつ崩れてもおかしくないので、建物の中には入らないほうが良いです。

が、気になるものは気になるので、万全の装備と覚悟をもって探索。
K5_B0842.jpg

K5_B0860.jpg

K5_B0884.jpg

K5_B0848.jpg

K5_B0890.jpg

K5_B0881.jpg
外観がS別炭鉱の炭住と似ていましたが、内部もそっくりでした。
特に何があるわけでもないので、正直、危険を侵してまで見ることも無いです。

K5_B0891.jpg


つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱

三井美唄炭鉱


油断してたらまたスポンサー広告が表示されていました。。。
というわけで慌てて更新してます(^^
すっかり季節ハズレですが、炭鉱メモリアル森林公園の続きになります。


K5_A9816.jpg

炭鉱メモリアル森林公園で三菱美唄炭鉱を堪能した後に訪れた『三井美唄炭鉱』。
…今度は三井なんですが、道央圏の炭鉱にはあまり馴染みがないため良くわかってません(笑)

地元道東方面なら郷土資料や地元のイベントなどでちょっとくらいは知ってますが、
美唄に三菱系と三井系があったこと自体、当日まで知りませんでした。

なので、この遺構も何だかさっぱりでしたが…
今ザックリ調べてみたら、どうやら原炭ポケットのようですね。
給水塔・貯水槽など諸説あるようですが、信頼出来るサイトの情報なので間違いないかと。

K5_A9831.jpg

円錐状の形がとても原炭ポケットに見えない、少なくとも私の知っているヤツは箱型ですので
給水塔と思う気持ちもわかりますが、それにしてもなんでこんな形してるんでしょうね。


K5_A9847.jpg

この遺構はかなりの斜面にあったので、仲間が一人落ちてしまいましたが…

怪我は無かったようです(笑)


K5_A9854.jpg

探索当時、これが原炭ポケットだと知ってて見ていたらもっと興味を持ってたかも。


K5_A9869.jpg

漏斗状になっているので、先端からは雪解け水がすごい勢いで排出されていました。


K5_A9884.jpg

こちらは貯炭?ベルトコンベア積み込み施設とか??


K5_A9881.jpg

よくわかりませんが、かなりの氷柱が出来てました。


K5_A9897.jpg

円錐原炭ポケットのある斜面下側には、これもまた謎の遺構群があります。


K5_A9894.jpg

K5_A9903.jpg

K5_A9906.jpg

K5_A9909.jpg

何の遺構かはさっぱりですが、この辺りは第二鉱業所の選炭場だったようです。

で、コチラ(フクダジマ探検記様)を見ると、三井美唄にはまだまだ遺構が眠ってるようですので、
機会があればまた行ってみたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱

炭鉱メモリアル森林公園


K5_A9772.jpg

美唄と言えばやはりここ、炭鉱メモリアル森林公園。

K5_A9774.jpg

看板によると、
旧三菱美唄炭鉱跡地を1944年から1996年にかけ、北海道と美唄市が整備した公園。
同坑は1972年に閉山し、ほとんどの施設は撤去されたが、
「竪坑」と「開閉所」・「原炭ポケット」などが残されている。
とのこと。


K5_A9745.jpg

これは原炭ポケット。
この日はすごい霧でした。


K5_A9747.jpg

最大1300トンの原炭を収容可能、デカイです。


K5_A9753.jpg

雪が面白い感じに積もっていました。


K5_A9786.jpg

こちらは開閉所。

K5_A9793.jpg

この地区内の炭鉱関連施設や設備機械の主要電源が総合的に管理され、ていたようです。
開閉所というからには、何かを開閉するための施設だった?

K5_A9783.jpg




K5_A9757.jpg

そしてこちらが上風坑・下風坑の櫓。
霧のモノトーンな中、一際目立つ朱色の竪坑櫓。


K5_A9766.jpg

櫓の高さは20メートル。
登ることは出来そうですがこの気象状況では危険ですし、
登ったら怒られるかも知れません。


K5_A9799.jpg

更に奥でみつけたのが、この坑口。

もしかして、↓↓↓
K5_A9776.jpg
↑↑↑これかな?


K5_A9809.jpg

最後に、これが変態のみなさんのバックショット。
公園で食べたカップラーなどのゴミはきちんと持ち帰りました。

とって良いのは写真だけ、のこして良いのは足跡だけ、がモットーですのでw


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱

羽幌炭鉱探索記 - 11


足掛け三ヶ月、気まぐれに羽幌本坑をレポートしてきましたがやっと最終回となります。

最後はホッパー、当ブログ記事 『羽幌本坑 第1回目』 で後回しと書いてたアレです。



ホッパー


K5_A9440.jpg
ホッパー内部で見つけた羽幌のマーク。足元に転がっていました。


K5_A9443.jpg
頭上注意で突入します。


K5_A9446.jpg
漏斗がずらずらと並ぶ姿は圧巻です。


K5_A9447.jpg
足元には枕木が遺ってました。これは珍しいかも。


K5_A9450.jpg
真下から見上げると面白い形。すごい。これも珍しいかも。
で、よく見ると電気ブレーカーや配電設備の残骸も遺っています。


K5_A9455.jpg
ナンバー「8」の塗装文字もクッキリ。


K5_A9459.jpg
最後のホッパーも見応えありました。さすが聖地羽幌。


K5_A9464.jpg
というところで丁度日暮れが近づいて来ました。
しばらく何処にも出かけたくないくらい、今回はお腹いっぱい。


K5_A9465.jpg
日没とともに来た道を引き返し、スノーシューを外して現実の世界へw
本日も無事任務完了!

じゃ…なかった。家に帰るまでが任務です。
これから道東まで雪道を、多分、7~8時間はかかるな。


SpecialThanks to ギョピ さん






帰り路


K5_A9468.jpg
羽幌から留萌の日本海側は猛吹雪でしたが、内陸部に入ると雪の勢いも無くなります。
腹が減ったのでコンビニで弁当を買って、羽幌から100kmほど走行、
北竜町のポータル「サンフラワーパーク北竜」で休憩しました。


K5_A9473.jpg
せっかくなので北竜門をハックw


K5_A9482.jpg
さて、ここからまだ300km以上…


K5_A9485.jpg
なんとか日が昇る前には帰宅出来そうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱

羽幌炭鉱探索記 - 10


引き続き羽幌本坑の選炭場事務所。
残りの部屋を求めて歩きまわります。


K5_A9383.jpg
階段を上る。。。

建物の構造や正式名称は良くわかっておりませんが、
選炭関連の機械が設置してあった所を「工場棟」とするならば、
こちら側は「事務所棟」、と言ったところでしょうか。


K5_A9386.jpg
階段の途中から工場棟が見える。


K5_A9387.jpg
事務室のプレートがついた入り口。


K5_A9392.jpg
階段の踊り場から事務室の間は、数メートルの廊下で繋がっています。


K5_A9393.jpg
室内。。。事務机でしょう。


K5_A9401.jpg
竹ぼうきが立てかけられています。


K5_A9396.jpg
事務室の窓から工場棟が見えるような造りだったのかな。


K5_A9412.jpg
機械も壁も無いので選炭工場全体を見渡すことが出来ます。


K5_A9402.jpg
恐らく書類を保管していた棚、その奥にまた部屋。
先ほどの廊下に隣接する部屋になりますが、こちら側に扉はありません。


K5_A9410.jpg
内部は…よくわかりませんが、


K5_A9407.jpg
調味料でも入っていたかのような空き小瓶が置いてありました。


K5_A9414.jpg
最後の階段を上ると、、、屋上でした。


K5_A9427.jpg
屋上からの風景。


K5_A9430.jpg
タワーが良く見えます。


K5_A9425.jpg
タワーも素晴らしかったのですが、個人的にはここの選炭場事務所がお気に入り。
これまで見てきた炭鉱遺構の中でのランキング1位、優勝ですw


K5_A9434.jpg
道東からかなり遠くではありますが、年に一度は来てみたい場所。
留萌は熊がかなり多いので、冬限定かな。


K5_A9435.jpg
帰り際、窓からはシックナーを見ることが出来ました。



羽幌本坑最終回へ、つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱
NEXT≫
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
167位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。