探索日和

Category北海道(釧路) 1/2

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

茂雪裡の奉安殿

釧路市内の奉安殿(※過去記事)で戴いたコメントを頼りに、阿寒郡鶴居村茂雪裡にある奉安殿へ。奉安殿の場所はGoogleの航空写真であっさり見つけられましたが、なかなかやる気が起きず気がつけば雪景色…雪に埋もれる前にやっと重い腰を上げましたwと言うわけで、まずはコメント戴いた『すずしろ』さま、ありがとうございました!茂雪裡の奉安殿前に到着聞いていたとおり、春採のものと形がそっくり。裏側より春採のは相当朽ちてまし...

  •  0
  •  0

西庶路トーチカ?

2011年に発見されたというトーチカは、白糠町西庶路の海岸から約1km離れた場所の、太平洋が望める小高い丘にあるという。大雑把な地図で見た場所では、この辺り。海岸から約1kmの小高い丘であることは間違いないが何もないようだ。念のため周辺を調べてみると、コンクリートの塊が埋まっているのを発見。…これだろうか?掘るわけにもいかないのでこれ以上確認は出来ず、他に何も見つけられなかった。一応、近所を散歩中の方に聞...

  •  2
  •  0

釧路市内の奉安殿

奉安殿(ほうあんでん)戦前戦中にかけ全国各地の学校で天皇・皇后の写真と教育勅語を収めた建物。昭和10年頃に活性化、昭和20年GHQの神道指令のため廃止された。多分、すっごくマイナーな単語なのだろう。周囲に『奉安殿』と言って通じる人間は、数えるほどしか居ない。私自身も知ったのはここ10年以内だし、学校でも習わないんじゃないかな。というわけで、釧路市内に奉安殿があることを知ったのは数ヶ月前。だいたいの場所がわか...

  •  7
  •  0

民家一体型特火点(トーチカ)

新富士トーチカ釧路市新富士町、民家と一体になっているトーチカがあります。この場所は、コチラ 『 釧路SOE研究所 』 様を参考にさせて戴きました。というか釧路市内のトーチカの場所は、ほとんどコチラで知りました。一見してこれがトーチカとは思えませんが、裏へ回るとなるほどです。とは言え、銃眼も見えないしトーチカだと知らなければ気がつかないでしょう。民家一体型なので勝手に登るワケにもいかず、外観のみなのが残念...

  •  2
  •  0

撤退 ~ 阿寒川トーチカ

多分、このトーチカ上部を背伸びして写真に撮り始めたくらいからだろう、前記事から前フリしていたカラスたちが、突然騒ぎ始めたのは。以前、とある公園でカラスの巣に近づいた時のことを思い出す。確かこんな感じの騒ぎ方だった、ということは巣が近くにあるのか?気がつけば相当数、頭上を旋回している。取り敢えずトーチカに避難。しゃがんだ際、見上げると天蓋の通気口を発見した。しばらく様子を見ても騒ぎは治まらない。立ち...

  •  0
  •  0

観察 ~ 阿寒川トーチカ

カラスを気にしつつ、正面に回って観察する。コンクリートではない、煉瓦製のトーチカだ。銃眼が縦に2つある。ひとつは完成してから銃眼口をあけられたのか、切断面の色が違う。下部の煉瓦はしっかり積まれているのに対し、上部は雑に見える。上部のみ、煉瓦の外側をコンクリートで覆っていたのだろうか?トーチカ内部。天蓋部分にはコンクリートやいろいろな種類の木が使われ、当時、少ない物資で簡易的に急ごしらえしたことを窺...

  •  2
  •  0

接近 ~ 阿寒川トーチカ

釧路市大楽毛、阿寒川の河川敷にあるトーチカ。周辺は住宅地で畑もあり、番犬2頭に守られているため近寄り難い場所だ。というわけで、河川敷を迂回して接近する…のも面倒なので、手っ取り早く付近の住民に声をかけたところ、案内して戴けることに。正しい行き方を教わり、有難いことに途中までご一緒してくれたため、犬には吠えらても不審者扱いされる心配はない。単なる変わり者ということで。トーチカ周辺にはかつて家畜が居たと...

  •  2
  •  0

ヤマ(炭鉱)の語り部を訪ねて珈琲坂へ

前々回記事 これは本当にトーチカだろうか? で書いた”桜ケ岡トーチカ”情報収集のため、かねてより気になっていた『ヤマ(炭鉱)の語り部マスター』を尋ねるべく、釧路市桜ケ岡にある炭鉱喫茶ガイドセンター『珈琲坂』へ行って来ました!ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター 珈琲坂というのも、こちらのブログで”桜ケ岡トーチカ”の記事を見つけたのがキッカケで、”元炭砿マン”であるマスターのお話にも興味があったので行ってみるこ...

  •  4
  •  0

これは本当にトーチカだろうか?

トーチカ太平洋戦争末期、米軍の上陸作戦に備え道東防衛を担当していた旧日本軍第七師団が突貫工事で築いた防衛陣地。68年以上が過ぎた今も、市内に5基、釧路管内では6基(西庶路の海岸らしい)のトーチカが残ると言われている。日本語では特火点と言い、語源はロシア語の『点』に由来。…というトーチカですが、どうしても納得がいかないトーチカがあります。いや、専門家じゃないし知識もないので自信もないのですが。釧路市桜ケ岡...

  •  6
  •  0

売地にあるトーチカ

釧路市内にある、大楽毛南トーチカ。このトーチカのある土地の一角には『売地』の看板がある。調べてみると83.79坪で坪単価0.95万の価格80万、という情報がヒット。(2013/11現在)この情報と地図上とは若干地番が違うので断定することは出来ないが、住居表示の地番と登記簿上の地番は合致しないことはよくあるし、土地を紹介する写真にこのトーチカが写り込んでいるので多分間違いないかと…でもやっぱり不動産会社も違っているので...

  •  6
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。