海底ケーブル陸揚施設(根室)

根室市西浜町ハッタリ海岸に位置する『根室国後間海底電信線陸揚施設』。

かつて「根室半島」と「国後島」を繋いでいた海底通信ケーブルを陸に揚げる施設です。


陸揚施設には門柱も遺る
K5_A0939.jpg

1900(明治33)年、旧逓信省(郵便・通信を所管)により建設。

北方領土に日本人が住んでいたという貴重な証拠になります。

K5_A0946.jpg


施設裏の海岸には消波ブロックが並ぶ
K5_A0949.jpg


施設裏側の様子
K5_A0950.jpg

幅 3.8m × 奥行 5.9m × 高さ 3.7m の小さな建物です。

現在は根室市が戦争遺跡として整備するため周辺の土砂やゴミを撤去、

砂利を敷き柵を設け、門柱にはロープが張られており、

今後は「内部を整え建物の表示看板を設置」するようですが、

…ここに訪れた時は、整備の着手前だったようで、

片付けている形跡はあるものの、依然ゴミや土砂が残り、

ロープ類なども一切ありませんでした。

と言うわけで失礼して内部の様子を見学します。

K5_A0970.jpg

昔は漁具でビッシリでしたが、この時はだいぶ片付けられたのか、

入るとすぐにある棚の上と足元に少し残っている程度でした。

片付け、というより建物の外に取りあえず出しただけのようですが。


小さい建物ながらもドアで区切られ、二部屋あるようです。

棚は倉庫として利用する際、後付けで設置されたものだと推測しますが、

奥の部屋へ行くためには身をかがめないとなりません。



天井の様子
K5_A0958.jpg


なんとなく、落石無線電信局を連想しました。同じ根室ですので。


K5_A0973.jpg

こちらの天井には壁から飛び出た碍子が多数みられます。



外の様子を眺める
K5_A0980.jpg

根室市がこの土地と建物を所有者から購入したのは昨年、2013年度。

戦後、国後が旧ソ連に侵攻されケーブルは切断、建物は民間に払い下げられ、

以降は漁具などを保管する倉庫として利用されていました。


出入口方向
K5_A0988.jpg


再び屈んだ姿勢で出入口へ
K5_A0998.jpg

現在は、整備が進み見学しやすくなっているようです。

中のモノも撤去されていることでしょう。


根室市が戦争遺跡として保存することについて、

北方領土返還への意識付けという狙いがあるようですが、

少なくとも漁具倉庫のままよりは良いかも知れません。

根室市内には他にもたくさんの戦跡があり、

トーチカ・掩体・飛行場・電探所などほとんどは放置されています。

これらも保存するとなると莫大な費用がかかるので、財政的には厳しいでしょうね。

…対米のものなので北方領土とは関係ないかw


関連するタグ : 戦跡
スポンサーサイト

牧の内飛行場と周辺の掩体壕

飛行場周辺にある掩体壕
P1090400.jpg


掩体壕内部
P1090406.jpg


離農した農家の建物
P1090416.jpg


半壊したサイロ
P1090419.jpg


廃屋と掩体壕
P1090421.jpg


掩体壕を見たのはここが初めてでした。

荒涼とした風景の中に廃屋に囲まれた掩体壕…

好みの場所が、また増えました。



根室市の戦争遺跡探索2012、ラストは根室第二飛行場です。


大きな地図で見る

航空写真で見て、ずっと気になっていた場所でした。

滑走路はもう二度と使用できないようにか、
米軍によって丁寧に破壊されているのがわかります。


現地に立つ…
P1090424.jpg


滑走路だったコンクリートが残っています。

でもここが

滑走路だったかどうかは、

現地ではわかりにくいかも知れません。


P1090429.jpg



★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 戦跡

地下壕の存在

根室市の軍事遺構、
旧日本海軍の電波探知機基地『ヒキウス沼電探所』。

…これは衝撃でした。
道東にもこんな地下壕が遺っていたなんて。



コンクリート製地下壕の内部
P1090341.jpg
中央のエメラルド色は、ヒカリゴケという貴重な植物。
羅臼にしか生息していないと思い込んでいました。


P1090351.jpg
入り口は砂で埋まって、というか埋められて?います。

奥の方に行って見たいところですが、出入口は封鎖されています。

P1090355.jpg
天然記念物の保護、及び地下壕での事故を防ぐ目的のための封鎖でしょうか。


隙間から内部を少しだけ見ることが出来ました。

P1090365.jpg
う~ん、素敵…


なお、この場所の見学には許可が必要となります。



★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 戦跡

友知トーチカ

根室市友知にある2基のトーチカ
P1090316.jpg



一方のトーチカからは煙突が突き出ている
P1090320.jpg
このような突き出た煙突は、たまに見かける。
釧路市桜ヶ岡にあるトーチカ(倉庫?)もそうだった。



内部の様子
P1090335.jpg
こんなに立派な台座のあるトーチカは初めて見た。
台座の用途は何だろう。
寝床ではないだろうし、銃火器が扱いやすいから?



銃眼を外から
P1090318.jpg


銃眼から外を
P1090338.jpg


所々に残る壁のオレンジも気になるトーチカでした。

P1090326.jpg




★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

桂木トーチカ - 2

根室市のトーチカ

P1090309.jpg
草原の中に見えますが、位置的には海岸線からおよそ200m。



P1090290.jpg
足元には崩れ倒れたコンクリート壁が転がっている。
後方連絡口には壁があったのかも知れない。



内部
P1090292.jpg
右側に銃眼がある。
壁の緑色はカビかな?



外から見た銃眼
P1090293.jpg
錆のようなものが見える。もしかして鉄が使われていた?


一つ目のトーチカは銃眼口が東側を向いていたのに対し、
こちらの銃眼口は逆、西側を向いている。

銃眼の造りも構造も、こちらのトーチカが少し複雑のようだった。


P1090304.jpg



★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

桂木トーチカ - 1

-根室市のトーチカ群-


P1090272.jpg

大空と大地の中にトーチカ。

P1090311.jpg


内部の様子
P1090279.jpg
タイヤが。子供のおもちゃでしょうか。



銃眼の様子
P1090283.jpg


横顔
P1090286.jpg


P1090276.jpg



★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

東和田トーチカ

根室市のトーチカ。

P1090243.jpg

牧場の片隅にありました。
意外と内陸部なので、言われるまでトーチカだと気づかなかった。

P1090236.jpg

P1090239.jpg
中は物置として使っていたような感じ。

…手振れとケラレで見づらいのですが、
ビニールシートと古そうな瓶が数本ありました。


P1090231.jpg



★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

唯一の国境線

P1090246.jpg


樺太日露国境第二天測境界標。
海に囲まれた日本において唯一の国境を示す物。
根室市歴史と自然の資料館に所蔵されている。



P1090249.jpg

P1090250.jpg


1855年、日露和親条約締結。択捉島以南が日本領。
1875年、樺太・千島交換条約締結。樺太がロシア領、千島列島が日本領。
1905年、日露戦争後のポーツマス講和条約により南樺太が日本領。(←この時に国境標石を設置)
1945年、北緯50度国境線を侵犯したソ連部隊の侵攻で、南樺太・千島列島・色丹島・歯舞群島はソ連の占領下に。
1951年、サンフランシスコ講和条約で日本は千島列島を放棄。(色丹島・歯舞群島は千島列島でない)
1956年、日ソ共同宣言。平和条約締結後に色丹島・歯舞群島を日本に引き渡す条文を盛り込む。
1972年、北方領土問題の国際司法裁判所への付託を提案、ソ連が拒否。
1973年、日ソ間の諸問題を解決した後、平和条約を締結することで合意。


せっかく調べたのでざっくり歴史を載せてみました。
だいたいは合っていると思いますが、違っていてもご愛嬌で(^^

古くは江戸幕府の時代から日露間で争われ始めた領土問題ですが、
振り回され迫害された先住民族が存在していたことを忘れずに。。。

領土問題と言えば、降って湧いたように再燃・発生しだした昨今、
左右偏った主義主張は持ち合わせていない私ですが、
いろいろ思うことはあり。。。





★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ :

三里浜のトーチカ

根室市のトーチカ。


P1090198.jpg


何も無い砂浜に忽然と現れる。


P1090170.jpg

P1090167.jpg

P1090176.jpg

P1090182.jpg


かつて丘の上にあったトーチカは、
地形の浸食ですべり落ちたように砂の上に立つ。


P1090191.jpg

トーチカの上にポツンと置かれた石と共に海を眺める。

当時、軍の命令でコレを作らされた方々には不謹慎な感想だが、
これまで見てきたトーチカの中で、最高にカッコイイと思った。


★Special Thanks to 150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Way さん

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡
カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
258位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。