大樹町のトーチカ

大樹町 内陸部のトーチカ。

P1060336.jpg

P1060337.jpg

教育委員会の案内版です。
今から約70年前に構築され、使用されることなく終戦。
2008年、伐採作業中に埋まった状態で発見、ということから
発見されてまだ4年しか経過していないことがわかります。

看板で気になるのは、『大樹・広尾・浦幌』という部分。
トイトッキという地名は浦幌町のものですが、
大津海岸トイトッキ浜は、行政区では豊頃町のはず…
浦幌町にもトーチカがあるのかな?
あってもおかしくないですが。



P1060344.jpg

P1060339.jpg

P1060340.jpg

P1060341.jpg

海岸線のトーチカに比べ大きなもののようですが、
内部の様子を見られないのが残念です。

P1060342.jpg

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡
スポンサーサイト

旭浜のトーチカ - 6

P1060363.jpg

2番のトーチカから3番のトーチカまでは約300メートル。

たった300メートルなのですが、
小石の浜に足を取られて思うように進めないのと、
朝から夕方まで砂浜ばかり歩いていて疲れが出ていたので、
目の前に見えるのになかなか辿り着かない距離…

私は最後のトーチカへ黙々と歩を進めておりましたが、
ふと見ると、同行の方はこの海辺のゴメ群と戯れ始め、
もうひと方は顔色からも疲れを窺えない様子で苦もなく歩き続け…
そんなお二人を見て気合を入れ直し、という一幕。



P1060365.jpg

限界までトリミングしてみると、
最後の目的である3・4番の向こうに5・6番のトーチカも確認出来ます。



P1060369.jpg

3番のトーチカ。

銃眼がどちらを向いていたのか、掘り起こして確認する気力もなく。



P1060370.jpg

通気孔まで砂や小石が入り込んでいました。





P1060371.jpg

この探索最後のトーチカ、4番です。



P1060373.jpg

後方出入口は埋もれかけていますが、銃眼部は露出していました。

銃眼の上には、謎のペイントが施されていましたが、
疲れていたので気にもせず、、、

ただ、旭浜8連トーチカをコンプリートしたことに満足を憶えるのでした。

P1060375.jpg

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

旭浜のトーチカ - 5

P1060346.jpg

旭浜の8連トーチカ、6・7・8・5番と見てきましたが、
車での移動後、やってきたのはまず2番のトーチカ。

200メートルほど向こうにある1番のトーチカも見えます。



P1060350.jpg

カモフラージュのために草を植えたのか、
かつて浸食する前は丘の上にあり沈む過程でいつしか草が乗ったのか、
専門家じゃないので全く想像がつきません。

ただ、約70年前のトーチカ、
浜辺にうちあげられたように陸から孤立して何年経つのかはわかりませんが、
雑草の強さには計り知れないものを感じます。
水分など、海からの恵みがあればこそでしょうか。

P1060349.jpg

P1060362.jpg





P1060352.jpg

位置的には旭浜最北のトーチカ、1番です。

2・1番共、あまり埋もれてなかったのですが、
造りが似ていたせいか、もしくは疲れていたせいか、
内部の写真がありません。

P1060355.jpg

P1060356.jpg

次回、3番・4番の『ほとんど砂に埋もれたトーチカ』を紹介して
"旭浜8連トーチカ"の記事を(今年は)終わりにしたいと思います。

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

旭浜のトーチカ - 4

P1060335.jpg

コチラは5番トーチカ。

番号については、下記の記事にならってつけています。

参考記事 : At the place - その場所で - 大樹町のトーチカ - 2 -




P1060326.jpg

このトーチカにはツノがあります。



P1060332.jpg

内部の様子です。

半分近く埋もれてしまっており、

出入口はかなり狭くなっていました。

P1060330.jpg

P1060329.jpg

このトーチカの壁、、、

現地ではなんとなく文字が浮き出しているように感じたのですが、

今見るとよくわかりませんね。



P1060327.jpg

小石の山が、銃眼部ギリギリまで迫っています。

ここから最北端の1番トーチカまでは約1km。

足をすくわれる小石の浜を往復2km歩くことは避け、

一旦車に戻り、近づけるポイントを探して移動することになりました。 関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

旭浜のトーチカ - 3

P1060322.jpg

旭浜のトーチカで、最南端にある8番トーチカ。



P1060314.jpg

大き目の石が敷き詰められており、

他の旭浜トーチカのようにそう簡単には沈むことがないと思われます。



P1060318.jpg

内部の様子。

コンクリートは木目調になっていますが、

木枠で型を取った跡でしょうか?



P1060320.jpg

意外と砂や小石が堆積していました。

ということは、元々砂浜にあったものなのかな?



P1060319.jpg

出入口。



P1060316.jpg

トーチカのてっぺんもそうですが、

周りにも飾られたような植物が多数あり、、、

何故このトーチカだけ特別扱いなのかは不明です。



P1060317.jpg

銃眼から内部を撮影。

今思えば、銃眼から外部を写しておけば良かったと後悔…

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

旭浜のトーチカ - 2

旭浜のトーチカ。

ここは北から7番目のトーチカになります。

P1060307.jpg

前回記事、6番目の写真と似ていますが、銃眼の方向が違います。

トーチカの土台(?)が少し見えます。



P1060308.jpg

こちらは半分近く埋もれしまっているため、入るには狭いです。



P1060309.jpg

P1060311.jpg

遠くに6番トーチカが見えます。

6番とここ7番の銃眼は向かい合っていましたが、

元からそういう設置をしたのか、

浸食の過程でこうなったのかはわかりません。


ほとんど沈んでないトーチカ、8番へ続く…

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

旭浜のトーチカ - 1

旭浜のトーチカ。

北にあるものから番号をつけると、ここは6番目のトーチカになります。

P1060298.jpg

ここはそれ程埋もれていません。

銃眼のあるほうが正面だったかな。



P1060301.jpg

銃眼部。



P1060303.jpg

内部の様子。

折角なので銃眼から7番トーチカを狙っておくべきでした。



P1060305.jpg

通気孔。



P1060306.jpg

外から見た銃眼。


7番トーチカに続く…

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡

旭浜の8蓮トーチカ

大樹町 旭浜の海岸線にあるトーチカ。

この海岸一帯には8基のトーチカが並んでいます。



P1060293.jpg

ここから北側の海岸線に5基のトーチカがあり、



P1060296.jpg

南側には3基(写ってませんが)あります。


トーチカの間隔はマチマチで、

200m~500m間隔、中には50m程のものもあります。


砂浜にトーチカを建造するとは思えないので、

元々陸地にあったものが

浸食により剥き出しになったのかも知れません。



P1060297.jpg

8基のトーチカ、ほとんどのものは造りが一緒で

同じような写真に飽きてしまうかも知れませんが、

一つ一つ回った順にご紹介する予定です。


あ。砂浜と言いましたが、この海岸、

砂浜というより小石浜と言ったほうが良いかもしれません。

小石に足を取られて歩きにくい海岸でした。

関連するタグ : 特火点 トーチカ 戦跡
カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
258位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。