スカイプロムナードの夜景


名古屋遠征の最後は街の夜景で締めくくります。

K5_B1326.jpg
『ミッドランドスクエア 屋外型展望施設 スカイプロムナード』

「地上220mで風を感じながら回遊し、名古屋の街並みをほぼ360度一望できます。昼は壮大なスケールの眺望を、夜は幻想的な夜景を、それぞれ違った都会の表情をお楽しみください。」(ミッドランドスクエアのサイトより)

展望室夜景を撮りに来たのは札幌JRタワー以来になります。

- 過去記事参照 -
札幌JRタワー展望室 - 1/3
札幌JRタワー展望室 - 2/3
札幌JRタワー展望室 - 3/3


K5_B1377.jpg
天井は吹き抜けになっているので、風を感じるどころか雨降ったらヤバい感じ。


K5_B1391.jpg
もちろんこういう場所ですから予想はしてましたが、やはり大半はカップルです。

構造的に窓から離れて撮ることとなるため、室内の映り込みが少ない場所を見つける必要があること、及び、たくさん設けられている縦長の窓格子に気を遣うのが面倒、という点で札幌JRタワーよりも難易度高めな気がします。

と言うわけで、風を感じながら撮り歩きを開始。


K5_B1365.jpg

札幌JRタワーは160mからの展望でしたが、こちらは220mの高さ。

街の規模も違いますが50mの差により、JRタワーに比べると街を見降ろしてる感じが強いです。

K5_B1383.jpg

K5_B1297.jpg

K5_B1278.jpg


スパイラルタワーズ
K5_B1273.jpg

K5_B1371.jpg
スパイラルと言うだけあって、渦巻いてます。


名古屋テレビ塔方面
K5_B1288.jpg


ルーセントタワー
K5_B1306.jpg


大名古屋ビルヂング
K5_B1299.jpg


名古屋城
K5_B1293.jpg
ライトアップされてます。


明道町ジャンクションと名古屋城
K5_B1344.jpg


セントラルタワーズ
K5_B1335.jpg

K5_B1332.jpg

気がつくと高層ビルばっかり撮ってます。地元に無いので。。。

K5_B1322.jpg

K5_B1329.jpg


最後はJR名古屋駅方面、電チラを楽しみました(^^

JR名古屋駅
K5_B1276.jpg
タイミング悪く、室内のLED照明が発光し映り込んでますね。

電チラ
K5_B1356.jpg
窓格子の隙間からチラッと見えます。

K5_B1368.jpg
まあ広角にすれば全体を撮れるんですが(^^

N700系のぞみでしょうか?あまり詳しくないので自信ありません。


そんなわけで、レンタカーで朝から伊良湖の戦争遺跡巡り、夕食は美味しいあんかけ焼きそば、最後は夜景、と半日以上おつきあいいただいた Toshikazさん 、ありがとうございました!

今度はコチラで遊びましょうね(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連するタグ : 夜景

スポンサーサイト

札幌JRタワー展望室 - 3/3

18:28 西サイド
K_5_9057.jpg

山の稜線が見えるのもこれまでで、夕焼けも消え暗くなってきます。
もっと暗くなるまでは少し待たなければダメなようで、ウロウロして待ちます。
展望室内はカップルか家族連れが大半で、一人でカメラを持っているのは私だけかも。


18:37 南サイド
K_5_9084.jpg

大通りのテレビ塔、すすきのノルベサの観覧車ノリア。


18:39 東サイド
K_5_9090.jpg

釧路では絶対に見られない高層ビル群と、一面に広がる光の海です。


18:42 北サイド
K_5_9095.jpg


18:45 西サイド
K_5_9112.jpg

さすがに飽きて来たのでここまで。まあ、良かったですよ。
もっと若い時に彼女と来たかったというのが正直な感想かも知れません(笑)

個人的には、18:28西サイドの写真がお気に入りでした。

K_5_9120.jpg

関連するタグ :

札幌JRタワー展望室 - 2/3

K_5_9029.jpg

『圧倒的開放感を独り占め』の「眺望化粧室」。

男性用、女人禁制。トイレ撮影も受付でOKを貰っているので安心です。
北側から東側にかけての風景が楽しめます。


K_5_9034.jpg

用を足しながら見える東側の風景。(足しながら撮っているワケではありません)
トイレ内は明るいので窓ガラスの映りこみは激しいです。


K_5_9040.jpg

北側の窓から覗き込むとこんな感じ。


K_5_9043.jpg

誰も来なかったのでゆっくり堪能出来ました。


K_5_9053.jpg

エレベーター前で自分撮り。

街の明かりと良い感じの夕焼けをバックに、一人寂しく自分を撮る私です。

関連するタグ :

札幌JRタワー展望室 - 1/3

K_5_8995.jpg

『JRタワー展望室 T38』
「北都の夢が広がる
地上160mの眺望点。
視界360°、
おおらかに広がるグレートビューを
タワー・スリーエイトから。」
(パンフレットより)

札幌の街並みを見るべく、日没に合わせて行ってきました。
18時すぎから約40分間の滞在、大人一名700円。

カフェなどもあるのでゆっくりする分には良いのかも知れませんが、
私のように一人で写真だけ撮ってすぐ帰る分にはちょい高いかも知れません。


K_5_8998.jpg

清潔感のある内装に小奇麗な受付スタッフ。オシャレです。

ここの展望台には、『圧倒的開放感を独り占め』がコンセプトの「眺望化粧室」があるので、
受付の方にトイレでの撮影は大丈夫なのか?一応確認してみたところ、問題なしです(笑)


K_5_9006.jpg

直通エレベーターで38階へ。展望室内もオシャレです。

この時間はまだ人が少なかったのですが、暗くなるとともにカップルが増えていきます。

撮影日、2014年3月29日の日の入り時刻は17時57分。
下記に撮影時刻と方角を記載しますので、日没後の風景を狙う方の参考になればと思います。

ちなみに三脚は持ち込み可能のようでしたが、持ってきてないので手持ち撮影です。


18:12 西サイド
K_5_9008.jpg

桑園の方向、山並みも見られます。こちら側はまだ明るいです。


18:14 北サイド
K_5_9014.jpg

夕焼けが多少見られます。釧路の様な真っ赤な夕焼けだったら良かったのに残念。


南サイド・東サイドの空は既に暗くなっています。

18:18 南サイド
K_5_9023.jpg

すすきの・大通り方面。テレビ塔が見えます。


18:19 東サイド
K_5_9026.jpg

苗穂方向に真っ直ぐ伸びる鉄路が見どころかな。

関連するタグ :
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
798位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
282位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ