茶内酪農展望台


JR茶内駅から数キロ、厚床方面へ向かう国道44号沿いに

ちょっと変わった展望台があるので紹介します。



K5_B0772.jpg

国道側に立つ看板には『茶内駐車場』としか表示されてませんが、

K5_B0747.jpg

正式には『農村公園』という名称らしいです。

看板が紐でぐるぐる巻きにされています…なんか怖いです。

保護材はすっかり剥がれ、色褪せてて良く読めません。

K5_B0753.jpg

ズームで。

植物以外のものは『酪農展望台』と『モニュメント拓』くらいか。



K5_B0735.jpg

近くにはお店が二軒、この季節で営業してないってことは…



K5_B0724.jpg

これがこの公園のシンボル、酪農展望台。

観光地にある展望台にしては鉄骨剥き出しで飾りっ気がないうえ

展望台の周辺に説明看板も何も設置されてないので、

先ほどの看板を見てなかったら展望台かどうか迷うかも知れません。



K5_B0663.jpg

そんな展望台は後回しにして、、、モニュメント拓。



K5_B0666.jpg

正面から撮ると、見事に枝が邪魔でした。

開拓の拓、ということでしょうか?



K5_B0714.jpg

隣には、浜中町らしい酪農タイル絵。



K5_B0672.jpg

さて、いざ、鉄骨剥き出しの酪農展望台へ。

高さ20m、鉄骨スカスカで風通しが良く地面も丸見え。

高所恐怖症の方はやめておいた方がよさ気。



K5_B0681.jpg

一応、蜂の巣が出来てないか確認。



K5_B0685.jpg

運動不足なのでちょっと疲れながらも頂上に到着。



K5_B0702.jpg

早速、下を撮ってみます。

晴れていれば景色は良さそうです。



K5_B0706.jpg

左側の二軒が先ほどのお店、中央がトイレ(稼働中)、右に見えるのは浄化槽らしい。

夏場の日曜日、天気は良くありませんが駐車場はご覧の通り、

ポケモンGOをやりに来たオジサンを見たくらいで、閑散としています。

寂しいです。

そう言えば花咲線も存続の危機だって新聞に載ってたなあ。



K5_B0708.jpg

鉄骨を下りながら足元スカスカ具合を堪能w



K5_B0711.jpg

無事、子供と一緒に鉄骨展望台のスタート地点まで戻って来ました。


こんな軽量鉄骨(?)のみで造られた展望台なんて、

きっと珍しいのだろうと調べてみたら意外にもありました。

しかも同じ道東圏、別海町に『新酪農村展望台』が。

と言うわけで、気が向いたら行ってみますw


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ :
スポンサーサイト

小麦畑の巨大鮭

K5_A1280.jpg


中標津町当幌、道道沿いの牧草地に生える鮭のオブジェ。

小麦の生産力検定試験(圃場試験)を行っている農地に、

高さ4メートル以上と言われる鮭の頭が突き出ている。


K5_A1286.jpg



K5_A1290.jpg


K5_A1297.jpg


元々は中標津町内の鮮魚店に飾られていたもので、

鮮魚店が閉店し、ここの農地の方が譲り受けたという。


K5_A1292.jpg

ここに飾っているわけではなく単に放置しているだけのようですが、

小麦畑に鮭の巨大オブジェ、ドライブ中に突然見つけたらビックリするかも(笑)

関連するタグ :

オホーツクの巨大ズワイガニ

巨大オブジェ「ズワイガニの爪」
K5_A0513.jpg

道の駅「オホーツク紋別」より東に300mほどに位置する巨大オブジェ。

紋別市の写真スポットとして観光客から人気を集めている「カニの爪」。
設置から20年以上経過しているため老朽化が激しいものの、
毎年費用をかけ修繕が施されているという。

K5_A0515.jpg

日没から22:00頃まではライトアップされ、

紋別港の暗闇に浮かび上がる姿は幻想的とのこと。

K5_A0524.jpg

「紋別百科事典」という文献を参考にしたという情報によると、
このカニ爪オブジェの歴史は以下のようだった。

1983年、紋別市による『もんべつ流氷アートフェスティバル』が開催。
氷上に「巨大ピラミッド」を設置。
次いで翌1984年にこの「ズワイガニの爪」、1985年には「鮭の親子」、
間を置いて1994年に「ホタテ貝」と設置してきたが、
「カニ爪」以外の巨大オブジェたちは自然の猛威にさらされ壊滅、
或いは不人気などで撤去された結果、現在「カニの爪」だけが遺されている。

K5_A0528.jpg

看板には高さ12m・幅6m・重量7tのスペック情報とともに、
製作は昭和50年作成との記載がある。

あれ?昭和50年?1984年ではなく、今から39年前の1975年?
…実はネットの情報だけでは正確な年代を調べられず、
紋別市史?でもきちんと調べない限りは正確なところはわからない。
…にしても昭和50年というのはかけ離れすぎのような気もするが、
看板に書いてあるからには正しいのかも知れない。

謎だ(笑)

関連するタグ :
カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
717位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
258位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。