探索日和

Archive2011年11月 1/3

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

清水沢アートプロジェクト・再訪 - 8 -

清水沢火力発電所の2階には窓がたくさんあって 明るかったのが印象的でした窓枠が結構歪んでいます作品タイトルは「窓際にもういない人」ここに座っているのは炭砿マンですそう言われれば寂しそうに見えてきます「白昼虫」いっぱい飛んでました「風神・雷神・千手観音(タービンローター)」天井のほうにあったので最初は気づきませんでした解体により開いた穴から光が入り込んでいます...

  •  2
  •  0

清水沢アートプロジェクト・再訪 - 9 -

ひと通り見学を終了し1階へと降りますライトの演出が良い感じです清水沢アートプロジェクトは終了しましたがアート作品は残して見学出来る体制を検討中らしいです...

  •  2
  •  0

釧路中央埠頭

...

  •  0
  •  0

神秘の湖 シュンクシタカラ 2011 - その1

紅葉を期待して 数年ぶりに神秘の湖「シュンクシタカラ湖」へ向かいますこれは布伏内(フブシナイ)にある案内板です案内板の横に新たな看板が増えていましたアトリエ&喫茶かくれんぼ 2006年オープンだそうです布伏内は雄別炭砿のベッドタウンとして発展した街ですが閉山と共に人口が激減し現在では人口500人弱とのことここに新たなお店が出来るのは なんだか嬉しかったりします布伏内にはこのような炭砿住宅がたくさんあります...

  •  2
  •  0

神秘の湖 シュンクシタカラ 2011 - その2

布伏内の林道入り口から 4~5km程進んだところです砂防ダムの看板があります地図によると ここが1号ダムですちょっとした堰堤です「BENCH-MARK」と刻印されたプレート地面には水準点の金属標がありました川に囲まれた素敵な廃屋も健在ですこの辺りから道が狭くなってきます昭和37年竣功「一の橋」傾いたり歪んだりしていますこの橋を抜けたあたりからミニ層雲峡 のはじまりです(続く)...

  •  2
  •  0

神秘の湖 シュンクシタカラ 2011 - その3

林道に入って半分=10km地点くらい(適当)かな?道路わきの岩肌がギザギザしてきます雨上がりなのでツヤがあります落石防護網に覆われていますがこの辺りが ミニ層雲峡 かな~断崖がそれっぽいです紅葉も見られますちょっとした滝なんかもあります「三段瀧の橋」さっきの滝は 三段瀧 というのかな?ここからしばらく 断崖を眺めながら林道を走行するとやがて だんだんと道が険しくなりはじめたまに落石があったり 野生動物が...

  •  0
  •  0

神秘の湖 シュンクシタカラ 2011 - その4

最後の分岐点を左へ神秘のマイナースポット シュンクシタカラ湖に到着です新しめの看板があります湖を見下ろせる林道はありますが湖周辺はほとんど人の手が入っておらず自然のままになっていますなので人の歩ける道も用意されてません迂闊に足を滑らせると湖に落ちます当然展望スペースなどもなくどこで撮っても木が入ってきます熊など野生動物の危険もありますが自然に囲まれ静かなところです北海道遺産に選定された摩周湖もかつ...

  •  6
  •  0

釧路中央埠頭

日没後のズリ山普段見慣れているものも夜に撮ればまた違った感じに写るんですよねカメラを買ってみて一度はやってみようと思ってた 夜歩きです釧路中央埠頭 倉庫街です夜の交通量も僅かながらあるので車が途切れた隙に撮りました肉眼では真っ暗なのに微かな光が増幅されて思わぬ色が出る…いわゆる「暗闇に目が慣れる」状態になればきっと同じように見えるのでしょうけどそれは常識なのかも知れませんが私にとっては新鮮でなんだ...

  •  2
  •  0

釧路にある工場

埠頭の近くにある工場です夜は雰囲気が違います月が綺麗です日本製紙釧路工場ですいろいろ彷徨った結果 ここからの眺めが一番かな工場としては小規模ですが 見下ろすと「新富士」駅です昼間では想像もつかない色を出していてやっぱり楽しいですね 夜歩き工場の方に近づいてみます初めて人通りの多い明るい場所で三脚立てました何故だか緊張してしまいました車の光が入ってるし曲がって撮れちゃってますが 楽しかった!...

  •  7
  •  0

浦幌炭砿 ~ 浦幌炭砿の歴史 ~

浦幌炭砿の歴史が この看板に記載されています手元の資料によると以下の通りです明治28年 古河家が探鉱大正 2年 大和鉱業が買収大正10年 戦後の不況により休山昭和11年 三菱雄別炭砿鉄道が買収昭和17年 尺別・浦幌間のトンネル「尺浦隧道」完成昭和19年 戦争の影響で九州配置転換が行われ休山昭和22年 従業員が復帰し復興に着手昭和29年 戦後の不況と業績不振のため10月31日に閉山浦幌炭砿跡は地元の方の手で整備され散策...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。