スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

秋の給油所跡

秋の給油所跡。

P1020554.jpg

P1020550.jpg

P1020558.jpg

P1020556.jpg

枯れた草木に囲まれていますが、
冬場は雪深く夏場は植物が鬱蒼と繁っているため
秋のこの季節が、
一番しっかりと遺構を見ることが出来るのです。

春先も良さそうですが
野生動物が目覚め始める季節はどうなのかな?
山に詳しい人のアドバイスが欲しいです(^^
どちらにせよ春はまだまだ遠く、道東は本日も雪です。

関連するタグ :
関連記事
スポンサーサイト

米町ふるさと館

P1040713.jpg

P1040743.jpg



米町にある釧路市最古の木造民家、旧田村邸。
明治33年建造の商家住宅は、木造瓦葺の町家造りとのこと。

道東で瓦屋根の建物を見るのは珍しかったりします。お寺以外で。
ここ米町にはお寺が多くあるため瓦率ナンバーワンの町かも知れません。

米町ふるさと館は無料の展示場となっており、
昔の釧路の街並みや民具などが見られるうえ喫茶コーナーもあります。
喫茶コーナーの珈琲は、一杯300円だったかな?



P1040714.jpg

P1040734.jpg



玄関ホールの様子。
納戸のある二階への階段は立入禁止になっていました。



P1040737.jpg

P1040739.jpg

P1040741.jpg

この扉の奥には、通り庭・囲炉裏部屋・喫茶部屋・仏間・展示部屋などがあります。

関連するタグ :
関連記事

囲炉裏のある部屋

P1040731.jpg

ランプが吊るされている通り庭の天井。



P1040732.jpg

P1040728.jpg

囲炉裏部屋から通り庭を眺める。
振り子時計は動いてないようだ。



P1040726.jpg

こういう歴史を感じさせる障子のある和室、北海道ではどうなのでしょう。
歴史の浅い北海道では、本州のような趣のある古民家はもう少ないのでは?
子供の頃はよく見かけたものですが、今や近隣ではなかなか見られず、
見かけるとしたら古くからある飲食店くらいかも知れません。
富良野辺りには風情のある一般家屋もあるので、まだある所にはあるのかな。



P1040730.jpg

この部屋の隣には喫茶コーナーがありますが、4月から人事異動があるらしく
(もしくは閉鎖?)この日は別れを惜しんだお客さんで賑わっていました。

囲炉裏は小奇麗で、この時は使われていなかった。
暖房器具と調理器具と照明器具として活躍したであろう囲炉裏。
昔の生活必需品も、今は歴史遺産。

囲炉裏で沸かしたお湯で淹れるお茶は美味しそうに感じる。
まあ何を使用してどう沸かそうが美味しさに関係はないのですが、
IH調理器具で沸かしたお湯というのはどうにも抵抗を感じます。
時代遅れの私は、火が見えない電磁調理器具というものについて、
見えない何かが混入していそうで、未だに好きになれずにいます。

関連するタグ :
関連記事

縁側には憧れる

こちらは展示室の様子。

10帖ほどの部屋の中央に大きなガラスケースがあり、やや狭苦しい印象。

ガラスケースには歴史を語る展示品がいくつか収められていました。



P1040718.jpg



重厚そうな金庫が無造作に飾られています。

個人的には展示品よりこういうものに惹きつけられてしまいます。



P1040720.jpg

P1040715.jpg



装飾が施された欄間もありますが、綺麗過ぎなので趣としては微妙かな。



P1040716.jpg



展示室の隣には仏間があり、障子から何から豪華な感じがします。

座卓の上には喫茶メニューが置いてあり、ここでコーヒーを飲むことも出来ます。

灰皿もありますが、ここで吸う気にはなれませんね。仏間の向こうには、

これまた北海道ではあまり見ることのない、ちょっとした縁側がありました。



P1040721.jpg



縁側からは喫茶室の出窓が見えます。

写真を撮らせて戴いている間中喫茶室からたくさんの笑い声が聞こえ、

とても楽しそうな雰囲気。何度がカメラの前を人が横切ることがありましたが、

その度に謝られて恐縮してしまいました。素人の趣味なのに気を遣わせてしまい、

申し訳なかったなあ。喫茶室は今現在どうなっているのかは知りませんが、

無料で見学出来る魅力的な物件です。



帰り際、釧路の歴史を独自に研究しているという方と少しお話をしました。

近所の神社のお堂で講演会を行うとのことで誘われましたが、

当日は子供との約束があり行けず。興味はあったのですがねえ。



P1040725.jpg

それはそうと、縁側で日向ぼっこという行為には憧れがあり。

関連するタグ :
関連記事

雪の春採湖

雪の春採湖 野鳥観察場所。


P1040705.jpg

P1040710.jpg


この日は3月ももう終わりだというのに結構な吹雪で。


P1040711.jpg


凍った春採湖に積もる雪も多分もう見納めかな。


P1040703.jpg

P1040707.jpg

関連するタグ :
関連記事

木々とアパート

P1010816.jpg

P1010765.jpg

P1010803.jpg

P1010805.jpg

P1010776.jpg

P1010792.jpg

雨上がりの炭住アパートでした。

関連するタグ :
関連記事

コンテナのある駅

P1040466.jpg

P1040467.jpg

真横に流れる工場の煙とコンテナ。
環境にやさしい鉄道コンテナが多数積んである駅でした。

関連するタグ :
関連記事

珍しくもなんともない廃屋

雪の舞う廃屋、海辺にて。

海を走っても山を走ってもこのような廃屋をよく見かける道東方面。
珍しくもなんともないため注視することはあまりありませんが、
レトロな雰囲気の看板が設置してあると興味が湧いてきます。

P1040744.jpg

看板の情報を元にネットで検索。
大抵ヒットすることはありませんが、
情報を見つけることが出来ると嬉しかったり。

P1040745.jpg

ちなみにこの看板のお店はあっさりヒットしました。
どうやらこの場所から少し離れた場所に現存している模様です。
だからと言ってお店を見に行こうと思うわけでもなし、
特に看板が好きというわけでもなし、単に調べるのが趣味のようで。

関連するタグ : 廃屋
関連記事

霧の夜

P1040773.jpg



雪が無くなるくらい暖かくなると今度は霧が発生し始める、道東霧の街『釧路』。

釧路市では毎年夏になると『霧フェスティバル』というイベントを催し、
地元民にとっては厄介者である霧を観光に役立てようとしている。

道外のみなさんにはあまり知られてないとは思いますが、霧の街なんです。



P1040774.jpg



というわけで。
最近は夜も暖かくなってきましたので、カメラを持って港へ。

どうやったら霧っぽい写真になるんだろうと試行錯誤しながら岸壁をウロウロ。
暖かいとは言え気温は4℃程度で、歩いてるとやはりまだ寒いです。



P1040775.jpg



MOOの見えるこの辺りで、カメラを持った方と少しお話し。
お互い初心者同士で年齢も近そう(違っていたら失礼ですが)で、
なんとなく親近感を覚えました。
ほんの数分でしたが、楽しい霧の街の夜でした。


関連するタグ : 埠頭
関連記事

公園の木々

4月19日、釧路市鶴ヶ岱公園の様子。

P1040813.jpg

P1040815.jpg

P1040816.jpg

P1040817.jpg

チューリップフェアの時期になると、
この花壇は色とりどりの花々で埋め尽くされます。

この公園が美しく彩られるのはまだまだ先の話のようで。

関連するタグ :
関連記事
NEXT≫
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
179位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 3 - 2017/07/17
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 2 - 2017/07/02
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。