スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

鴻○舞プチ探索 - 5

P1070472.jpg

○之舞プチ探索、最後は土砂降りの雨でした。
見たかったものは次回の楽しみにして、
傘を片手に行けそうなところを駆け足でまわります。



清明寮跡の看板と門柱。
P1070604.jpg

保存会の方が、このような看板を設けているようです。



昭和十五年竣功の橋。
P1070652.jpg



P1070613.jpg



P1070635.jpg



P1070637.jpg



P1070640.jpg

いろいろ残っているものを確認しましたが、
わからないものばかりでした。
次回は上藻別駅逓所で調べてから再訪したいと思います。



1916年に誕生し、1973年に閉山した○之舞鉱山。
最盛期には13,000もの人が生活していましたが、
現在は沈殿池稼動の関係者以外、人の気配は全く無いようです。

…と思っていましたが、意外と交通量もあり見学者もぼちぼち。
わざわざ遺構の周辺にロープを張ったのは、
見学者の安全のためなのか遺構の安全のためなのかはわかりません。

遺構の安全と言えば、以前行われた某炭礦でのフィールドワークにて、
参加者の一人が脆くなった遺構の壁を足で崩して(遊んで?)居ました。
モラルについてとやかく言えた義理ではありませんが、
この人は何を感じて参加しているんだろう、と思いました。

a.当時の思い出を懐かしむ人
b.人知れず朽ちて行く遺構の存在理由に思いを巡らす人
c.遺構は遺構であって歴史や理由など関係ないと思う人

感じ方は人それぞれで良いかと思います。
私はb.のタイプですが、
この人は遺構を崩すのが好きなタイプの人なのかも知れませんね。
崩すなよ!と思うことも、落書きするな!と思うことについても、
所有者でもない私の勝手な希望ではありますが…出来ればそっとしておいて。。。

関連するタグ : 鉱山
関連記事
スポンサーサイト

白糠線 廃線跡 - 1

P1070804.jpg

P1070789.jpg



第10茶路川橋梁を歩く。

P1070768.jpg

P1070774.jpg

関連するタグ :
関連記事

白糠線 廃線跡 - 2

P1070778.jpg

国道と交差している第10茶路川橋梁。

この辺まで来るともう国道からは見えなくなり、
秘境感満載です。



橋を渡りきった地点。
P1070782.jpg

P1070783.jpg

この先も廃線跡は続いているようですが、
この辺で引き返します。

今回は無計画に、衝動的に寄ってみましたが、
いつか時間をかけて歩いてみるのも楽しそうです。

P1070787.jpg

関連するタグ :
関連記事

白糠線 廃線跡 - 3

P1070831.jpg

P1070846.jpg

P1070852.jpg

第13茶路川橋梁。
白糠方面、橋を渡った向こうは密林となっている。



この辺りのレールも既に撤去されているが、
当時のものと思われる碍子、金属片などが確認出来る。

P1070848.jpg

P1070854.jpg



P1070856.jpg

北進方面、この先には作場道第2橋梁がある。

関連するタグ :
関連記事

白糠線 廃線跡 - 4

作場道第2橋梁。
P1070811.jpg

作場道とは農道とか作業道とか生活道などを指すものらしい。

今ではこんなところに道路?と思うような場所ですが、
どんな使われ方をしていた道路だったのでしょうね。



P1070808.jpg

第13茶路川橋梁から伸びる盛土は、
この作場道橋梁の周辺で崩され無くなっている。



制限高のプレートがある。
P1070813.jpg

2.7mと言う事は、半分ほど埋もれている、のか?



P1070823.jpg

橋梁名プレートによると、着手が1966年8月-竣功が1966年9月。

盛土に隣接していたであろうコンクリート壁には、
『1967-8』と刻まれている。

P1070817.jpg

刻まれた数字は開通年度でしょうか?

この作場道第2橋梁の位置は上茶路駅と下北進駅の間にあり、
上茶路駅は1964年10月開業、下北進駅は1972年9月開業。
白糠から路線を北へ進める過程で作られ、1967年8月に開通…
…なのかも知れませんが、調べてもよくわかりませんでした。



P1070859.jpg

雄別鉄道上茶路坑の閉山で沿線の人口は激減。
開業当初の石炭輸送という目的がなくなっていたこともあり、
この白糠線は、1983年に全線廃止となる。
国のエネルギー政策に振り回されるのは、
今も昔も変わりませんね。

私にとっては、廃止直前に乗りに行った、思い出のある路線です。
残念ながらその時の記憶はあまり残っていませんが、
記念の切符を持っていることもあり愛着があります。
今度はもっと調べて、時間をかけて残る遺構を見てみたい…

関連するタグ :
関連記事

緑豊かな変電所

P1080931.jpg

P1080928.jpg

P1080997.jpg

P1080992.jpg

P1090001.jpg

P1090005.jpg

北炭幌内炭礦変電所。
草木に覆われる姿は圧巻でした。

P1090043.jpg

Special Thanks to At the place - ひこ さん

師匠に感謝。

関連するタグ :
関連記事

奥行臼駅2

P1090134.jpg

標津線奥行臼駅跡。
二度目の訪問ですが、今度は一人じゃなく四人パーティ。

丁度、お仲間もここをアップされていたので、急遽予定を変更して私も参戦(笑)

150円の旅~オホーツク海日記2@Sentimental-Wayさん

At the place - その場所で -@ひこさん



P1090129.jpg

P1090126.jpg

P1090123.jpg

待ち合わせ場所は、ここ奥行臼駅でした。
素敵な待ち合わせ場所です(笑)

現地に向かう途中、急にガソリンが不安になり
厚床のガソリンスタンドの開店を待って給油していたため
待ち合わせ時刻に遅れてしまったことに負い目を感じ、すっかり萎縮気味(笑)
いつもなら大量に写真を撮る私ですが、
ここで撮った写真はこれだけでした(^^



P1090130.jpg

開店時間より前なのに給油に応じてくれたスタンドの方、
大変申し訳ありませんでした(笑)

関連するタグ :
関連記事

士幌交通公園

P1070873.jpg

士幌線士幌駅。

公園にある士幌線の歴史を記した看板によると、

大正14年 帯広~士幌間運行で開業
昭和62年 士幌線の廃止に伴い廃駅

そして最後はこう結んでいました。

『この懐かしい「士幌線」をしのび、
ここ、士幌駅跡地に記念公園をつくり
永く想い出を残そうとするものであります』



昭和14年延伸の上士幌~十勝三股間に残る
多数の橋梁を撮るのが目的でしたが、
士幌駅が当時の状態で残されていると聞き、
訪れてみました。



名前はわからないがカッコイイもの。
P1070881.jpg
調べてみても良くわかりませんでしたが、
信号機を操作するもののような感じです。



レールと車両。
P1070884.jpg



保存車両。
P1070890.jpg
相当、塗装が剥がれてきており、
個人的にはこの方が味を感じますが、
車体には良くなさそうです。



P1070897.jpg



ガラス越しに内部の様子を。
P1070903.jpg



P1070912.jpg



P1070876.jpg

素敵な駅でした。

関連するタグ :
関連記事

Pond of God's Child

『神の子池』
周囲220mほどの小さな池で、澄んだ水と蒼く見える水面(一部のみ)が特徴。
摩周湖の伏流水から出来ていると言われ、湧き出る水量は一日12,000t。
摩周湖は他の湖とは違い河川とのつながりがないため、
法律上は湖ではなく水溜り(wikiより)であるが、
河川の出入りがないにもかかわらず年間の水位変動が少ないことから、
ここ神の子池のような伏流している場所が数箇所存在しているとみられている。



神の子池へと続く林道への入り口。
P1090798.jpg
道道1115号摩周湖斜里線から林道に入ります。
道なりに2kmほど進むだけなので楽勝ですが、
観光地としてはあまり手が入っておらず
ガードレールが一切無いので注意が必要です。

この日は雨が降っていたようで、路面が濡れていて軽く危険でした。



駐車場と簡易トイレ。
P1090904.jpg
数年前はこんなに締め固められた駐車場ではなかったはず。



P1090813.jpg
看板の横の柵、以前は無かったはず。
少しずつ人の手が入っているようです。



蒼い水に倒木。
P1090819.jpg
この色は、石灰成分の反射だとか、
池の底に溜まる銅と水の科学反応だとか言われている。

ちなみに、薄曇でもしっかりとブルーでした。



ブルーは一部分だけです。
P1090831.jpg



池の底に眠る倒木は、水温が年間を通して8℃と一定のため腐らないらしい。
P1090843.jpg



神の子池から流れ出る水は、かなりの勢いです。
P1090858.jpg



以前は、本当に池の中にお金(小銭)がありました。
P1090861.jpg
そういう意味では人の手が入るということも、
一概に良くないとも言えませんね。



確か、以前はこの辺りにお金があったような。
P1090873.jpg
この倒木の根元、
薄暗くなっていたため手振れで何枚も撮り直したものですが、
今見るとそれほど気合入れるようなものでもなかった(^^

関連するタグ :
関連記事

鉄道員の駅

P1080576.jpg

根室本線JR幾寅駅。

映画『鉄道員(ぽっぽや)』の中では石炭輸送路線終端駅の
「幌舞駅」として登場する。
駅舎は映画のロケーションのために改装されている。
(Wikiより)

という一風変わった駅ですが、
そんなことは知らず富良野でトイレを探して迷い込んだところ、発見(笑)



駅前にはロケセットが並ぶ。
P1080618.jpg



P1080585.jpg



P1080588.jpg



この角の感じが好き。
P1080594.jpg



P1080606.jpg

実は、映画『鉄道員(ぽっぽや)』は観てません。。。
興味はありましたので、これを機会に見てみたいと思います(^^



P1080573.jpg

関係あるのかどうかはわかりませんが、
何故か駅前には『北斗星』が居ました。

関連するタグ :
関連記事
NEXT≫
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
167位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。