探索日和

Archive2013年08月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

シックナー

幌内炭砿に遺るシックナー。選炭の工程で出る排水を溜め、撹拌などにより水に含まれる微粉炭を分離・沈殿る装置。商品として使用出来る微粉炭を排水から回収し、水の浄化も同時に行う優れものの巨大装置です。中央部分機械は既に無いようですが、沈殿池の中心にあるコンクリート周辺には、金属が少し残っていました。シックナー周辺の小部屋?木も使われていたらしく、一部残っています。操作盤でもあったのかな?現地で何かを発見...

  •  0
  •  0

北炭幌内変電所

北炭幌内変電所。建物前に咲くチューリップ雑草などは綺麗に刈り取られ、いくつか花が植えられています。木の根元にも鹿対策の保護ネット(?)がかけられています。前回訪問は秋の始め頃でしたが、春先はまた雰囲気が違って見えます。大正中期に建設されたというこの変電所は、夕張清水沢発電所からの電気を変電していたそうです。平成元年の幌内炭砿閉山と同時に閉鎖されましたが、現在は 三笠炭鉱の記憶再生塾 の活動拠点となっ...

  •  4
  •  0

手水舎崩れる

先日の幌内神社の現況をレポート。昨年の奔別アートプロジェクトの際に訪問した時には、お社こそ崩れていたものの手水舎は建っていたのですが…手水舎も崩れていました昨年の雪の重みでしょうか?ほんの半年前の様子この時で既にギリギリのようにも見えます。こう言ってはナンですが、造りが雑に見えるような…もしかしたらこれまで何度も倒れては修復されている?のかな。神社から見える幌内変電所本当はもう少し神社周辺を探索した...

  •  0
  •  0

ルパン三世スポット - 姉別駅

2011年、北海道厚岸郡浜中町で始まった町おこし、『ルパン三世 はまなか宝島プラン』。浜中町は、原作者であるモンキー・パンチさんの生まれ故郷です。町おこし事業として、ルパン三世ラッピング列車(釧路~根室間、単行)やバス(霧多布線、浜中線)が運行、浜中町内にはキャラクターのパネルや看板などが設置されています。というわけで、これが『浜中町宝島MAP』霧多布など観光名所の他に『LUPIN SPOT』として紹介されている駅、根...

  •  0
  •  0

ルパン三世スポット - 浜中駅

次元・五エ門が待っている浜中駅。駅舎は新しいように見えますが、改装したのは平成元年、今から約25年前のようです。改札には不二子が待つスリーサイズは B99.9cm・W55.5cm・H88.8cm。浜中町出身らしい。浜中町の物産品も展示してあるホーム側ルパンが居ました。駅の壁に貼ってあるポスター姉別駅と違って等身大パネルがたくさんあったせいか、誰も居ない駅でも寂しくなかったような(^^ルパン三世スポットの駅、最後は茶内へ...

  •  0
  •  0

ルパン三世スポット - 茶内駅

先日開催された『ルパン三世フェスティバルin浜中町』はとっくに終わってしまっていますが、ルパン三世スポットの駅巡り、最後は茶内駅です。茶内駅前姉別-浜中-茶内のルパン駅では一番活気があったような気がする。駅内部に飾られたポスター2012年4月にルパン三世ラッピングトレイン出発式をやった駅ですが、ルパン関係のものは駅前の看板とパネルとこのポスターくらいかな。駅を発つ列車事前調査なしで巡っていたので当然と言...

  •  0
  •  0

緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 1

幌内炭鉱景観公園この自然公園は、110年の歴史を持つ幌内炭鉱の記憶(1879(明治12)年:開鉱~1989(平成元)年:閉山)を残そうと、平成14年から手づくりでの公園化が進められているそうです。(現地の看板より)ここは昨年初めて訪問し、時間が無くてあまり見ることが出来なかったため、いつかもう一度と思っていた場所であり、今回やっと念願が叶いました。★Special Thanks to ひこ さん★ちなみに探索時は何が何の建物だったのか全く把握...

  •  0
  •  0

緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 2

幌内炭鉱景観公園北海道で最初の近代炭鉱として開発された幌内炭鉱。その歴史は、今から145年前に始まります。1868(明治元)年 幌内で偶然炭層が露出しているのを発見1879(明治12)年 当初は官営の炭鉱として、北海道開拓使により開鉱1889(明治22)年 北海道炭礦鉄道会社(北炭)が払い下げを受け、民営化1989(平成元)年 1879年の開鉱から110年後、国の石炭政策の影響により閉山昭和50年の坑内ガス爆発で、消火のため約400万トンの...

  •  0
  •  0

緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 3

幌内炭鉱常盤坑看板によると、常盤坑の開坑は1938(昭和13)年。1952(昭和27)年には運搬系統の合理化のため、ベルト斜坑へと改修された。養老坑・布引坑をはじめ周辺の出炭は集約して常盤坑に搬出されたらしい。効率化を図っていたからこそ、平成まで操業出来たのでしょうかね。常盤坑ベルト斜坑(副卸)恥ずかしながら副卸という用語は知りませんでしたが、調べてみると連卸(つれおろし)と同じ意味でした。勉強になるなあ。坑口神社本...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。