探索日和

Archive2014年07月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

万字炭山森林公園 - 1

北炭万字炭鉱(昭和51年閉山)の巻上げ室。岩見沢市栗沢町にある万字炭山森林公園は、炭鉱閉山後にズリ山を整備してオープンした公園だそうです。...

  •  0
  •  0

万字炭山森林公園 - 2

前回に引き続き、巻き上げの建物です。建物の煉瓦が綺麗に残されていました。機械が設置されていたような小部屋と、この机と椅子がとても印象的でした。...

  •  0
  •  0

万字炭山森林公園 - 3

旧国鉄万字線の終着駅、万字炭山駅跡。万字線の開業は1914(大正3)年、廃止は1985(昭和60)年。このホームの向こうに、万字炭鉱選炭場ホッパー積込み施設の基礎が見える。数年前まで個人所有の建物として駅舎が残っていたらしいが、今は基礎コンクリートと、ドア全開の簡易トイレしか無い。沿線の炭鉱(万字・美流渡・朝日)が閉山したため、廃線へと追い込まれたようだ。連れて行ってくれた 北旅人 - Photolog - ひこ さんによると、...

  •  4
  •  0

万字炭山森林公園 - 4

万字炭山駅から見えていた遺構、ホッパー積み込み施設の基礎だ。万字炭鉱の選炭場は1914(大正3)年に完成、閉山(1976年)まで使われた。ホッパー基礎の下部には鉄材がまだ残る。金属の切断面が多数見える。ホッパーと言えば 奔別炭鉱のあんな形 しか知らないので、ここもホッパーだと聞いた時は正直ピンと来なかったが、基礎だということ…元々どんな感じの施設だったのかわからないので、基礎と言われてもあまり想像がつかない。往時...

  •  0
  •  0

万字炭山森林公園 - 5

正面に見えるのは、先ほど見た巻き上げの建物。公園を取り囲むように続く散策路沿いに歩くと、いくつかの遺構を見ることが出来る。斜面に沿って造られた、何らかの遺構。そして塞がれた坑口。坑門に何か書いてあるようだが、読み取れなかった。もう一つ、坑口を発見。森林公園内に隠されたお宝を探しているようで、面白い。内部の様子。すぐそこで崩落しているようだ。というわけで、公園の駐車場に戻る。今回は行かなかったが、万...

  •  0
  •  0

桜咲く駅跡にて

旧国鉄万字線の朝日駅。万字線は万字炭山が開坑した1914(大正3)年、室蘭本線志文駅~万字炭山駅を結ぶ万字軽便線として開通、廃止は1985(昭和60)年。ここ朝日駅は、朝日炭砿が開坑した1919(大正8)年に開業した駅だ。駅跡は1986(昭和61)年に、万字線鉄道公園として保存され、当時のホームやレールが残る。入り口の看板には、朝日駅の文字が薄っすらと残っていた。踏切と遮断機は、朝日駅炭山通り踏切のものを移設したそうだ。改札側...

  •  0
  •  0

朝日炭鉱跡

朝日駅の北側にある、朝日炭鉱選炭場の遺構。ホッパなどの大きなものは見られなかったが林の中に坑口や何かの建物基礎などが点在。何の建物だったのだろうか?ここの周辺にはいろいろな資材が落ちていた。太い鉄材がみえる。立入禁止となっているゲート。この奥には朝日本坑の坑口がある。一日分の火薬を保管する、火薬取扱所。小屋の中は空だがかなり歪んで傾いていおり、倒壊するのも時間の問題だろう。煉瓦の遺構もあった。煉瓦...

  •  2
  •  0

煉瓦の遺構 - 新三笠炭鉱1

昭和48年閉山の北炭新三笠炭鉱。多数の遺構が点々と、三笠の市道を挟み存在していた。新三笠炭鉱というタイトルにしたものの、新三笠炭鉱と明記してある坑口以外はもしかしたら新幌内炭鉱の遺構かも知れないしはたまた住友唐松炭鉱かも、奔別かも知れない。軽く調べてみたが、鉱区や所有者が複雑で理解出来ず。。。で、これは火薬庫、と言われている建物。現在は火薬の代わりに農具などが格納されているようだ。更に奥へ進むとある...

  •  0
  •  0

斜坑坑口 - 新三笠炭鉱2

斜坑坑口(連卸)新三笠炭鉱 『連卸(つれおろし・排気坑道)』密閉完成年月日 昭和48年9月19日これほどはっきりと読み取れる文字が残るのは珍しい。斜坑坑口(本卸)こちらの密閉完成年月日は昭和48年9月18日。本卸(ほんおろし・入気坑道)は、連卸の密閉より一日前のようだ。そのせいか連卸の文字より、やや薄くなっている。(冗談)本卸と連卸は並んでいる坑口のカッコよさ、しっかりと遺るレンガや文字やガス抜きのタテ管。大好きな本...

  •  0
  •  0

新幌内? - 新三笠炭鉱3

以前の記事、火薬庫と思われる建物の更に奥にある遺構。この辺りは新幌内炭鉱のものらしいが、あまりよく理解しておらず。新三笠の本卸・連卸に続いてまた坑口を見つけたが、文字が読み取れない。ネットの情報を調べてみる。第二風井坑口密閉完成年月日 43.6.30第二風井については、『幌内立坑から入った空気が坑内を巡り新幌内第二風井と幌内四号風洞の排気坑道から放出され…』という文章を見つけたが、それ以上のことは不明。勉...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。