中湧別駅跡

K5_A0486.jpg

K5_A0488.jpg

ホームと木造の跨線橋やレールが、開業当時のまま保存されているようです。

時計が良い雰囲気ですね。

駅名標や乗換案内板も当時のままでしょうか。

K5_A0491.jpg

跨線橋は封鎖され、中に入ることが出来ませんでした。


保存車両
K5_A0494.jpg


腕木式信号機
K5_A0507.jpg

車両も信号機も綺麗に保存されていました。


K5_A0509.jpg

北隆・北見鉱山弾丸ツアー(笑)の途中で立ち寄ったのですが、

道の駅に併設しているため人も適度に居て保存状態も良く、

居心地は良かったのですが、跨線橋を渡れなかったのが残念でした。

関連するタグ : 廃線
関連記事
スポンサーサイト

北見(伊奈牛)鉱山 1

北旅人 - Photolog - さん と行くオホーツク鉱山日帰り弾丸ツアー後編、

興部町の北隆鉱山から鴻之舞鉱山を素通りしてやってきました。


集落の中に設置されている看板
K5_A0681.jpg

この『旧北見鉱山案内図』の看板によると、

昭和8年、住友による調査の結果、伊奈牛に有望な鉱床を発見

という説明になっていますが、

丸瀬布町史を参考にしたという情報によると、

大正3年、遠軽在住の安江氏が伊奈牛川口で鉱床を発見、

その後試掘と廃坑が繰り返され最終的に住友が買収、

というのがどうやら正しいようですが…実際どうなんでしょうか。


看板の写真拡大①
inaushi-01.jpg

写真左の煙突は既に無いようです。写真右の『金山鉱山』というのは、

山ひとつ挟んだ隣の金山鉱区の発見が明治34年だということのようです。


看板の写真拡大②
inaushi-02.jpg

今回探索した遺構はこの『選鉱場』です。

神子畑選鉱場など本州の鉱山に比べると、規模は小さいのかな?

ここで選鉱したものを、索道で鴻之舞鉱山に送っていたようです。


と、いうわけで、、、

看板の雰囲気から選鉱場の場所を探ろうとしましたが、

描かれている道が古いせいか場所を特定するのに多少苦労しました。

まあ、私はひこさんの後をついて行っているだけなのですが。


選鉱場跡
K5_A0683.jpg

時期的に少し遅かったのか、植物の成長が今年は早いのか、

ここの鉱山跡もすっかり緑に覆われていました。


K5_A0689.jpg


K5_A0695.jpg

じつはここ、ひこさんの以前のブログで写真を見てから

ずっと憧れていた場所だったので、内心大喜びの見学&登山です。


K5_A0700.jpg

何の役割の施設があったのか、知識が無いので想像しながら、

気になる遺構を中心に北見鉱山の現状を撮ってきました。

K5_A0701.jpg

関連するタグ : 鉱山
関連記事

北見(伊奈牛)鉱山 2

K5_A0707.jpg

鉱石による着色でしょうか、コンクリートが様々な色彩を放ちます。

この選鉱場は、昭和17年に造られたもののようですが、

閉山の昭和38年まで使われていたかどうかは不明です。



斜面に沿って階段状に遺る土台
K5_A0718.jpg


下の階層へと続く丸い穴
K5_A0721.jpg


遺構の向こうに広がる森を見下ろす
K5_A0722.jpg


見上げても鬱蒼たる木々
K5_A0727.jpg

コンクリートに板のようなものが横たわっています。

この選鉱場では、鉄材や木材が至る所で見られます。


この辺りが選鉱場の中腹くらいか
K5_A0730.jpg

コンクリートが並び、ドミノ倒しのように見えます。

どんな役割のものだったのかはわかりませんが、

この先、不思議でカッコいい形のものが次々と登場します。

関連するタグ : 鉱山
関連記事

北見(伊奈牛)鉱山 3

選鉱場の上段に登るにつれ、様々な形の遺構が姿を現しました。


腐食している木材
K5_A0736.jpg


鉄材も見られる
K5_A0733.jpg


倒れたのか、最初からこの角度なのか?
K5_A0740.jpg

K5_A0743.jpg

K5_A0748.jpg


これこそドミノ倒しみたいですが往時はどんな設備だったのか、

稼働時の選鉱施設内部写真があったら見てみたいものです。


K5_A0752.jpg

関連するタグ : 鉱山
関連記事

北見(伊奈牛)鉱山 4

K5_A0766.jpg

選鉱場の土台を眺めながらのちょっとした登山でしたが、

上段へと登るたび次から次へと色々な形の遺構たちに出会え、

全く飽きること無く登り続けられます。



足元に転がるのは、鉄管の輪切り?
K5_A0760.jpg



何だか想像つかないからこそのワクワク感…
K5_A0784.jpg



下を見ると先ほどのドミノが小さく見える
K5_A0788.jpg



きっと、この形にも意味があるのだろう
K5_A0793.jpg

最上段はもうすぐです … 特に何も無かったのですが(笑)

K5_A0796.jpg


関連するタグ : 鉱山
関連記事

北見(伊奈牛)鉱山 5


選鉱場の最上段までもうすぐ、

K5_A0797.jpg

というところでも石垣を見ることが出来ます。

さらに、

K5_A0802.jpg

このような何かの台座もありました。

設備跡が見られるのはここまでのようで、

この先、最上段にいたっては壁しか遺っていないようです。



水が流れたような跡が遺るコンクリート壁
K5_A0803.jpg



ここからの見晴らしは最高に良い
K5_A0806.jpg



最上段(と思われる)の壁
K5_A0814.jpg

本当にここが選鉱場の最上段だったのかは不明ですが、

これより上では特に何も発見出来ませんでした。

K5_A0823.jpg


と言うわけで北見鉱山シリーズ、あと1回続きます。


関連するタグ : 鉱山
関連記事

北見(伊奈牛)鉱山 6


北見鉱山、最後はズリ山と坑口です。



選鉱場の近くにあるズリ山
K5_A0826.jpg



小川を遡るとある坑口
K5_A0829.jpg



いかにも古そうな坑口、霊が出そうw
K5_A0835.jpg



奥までずっと続いているように見える
K5_A0840.jpg



鉱水が溜まる青い池
K5_A0844.jpg



池から溢れだした水が小川に注ぐ
K5_A0848.jpg


私にとって『鉱山』はまだ4つ目、選鉱場は初めての探訪、

大変素晴らしいものとなりました。

今日までこんなにも遺っていてくれたことに、感謝です。


関連するタグ : 鉱山
関連記事

海底ケーブル陸揚施設(根室)

根室市西浜町ハッタリ海岸に位置する『根室国後間海底電信線陸揚施設』。

かつて「根室半島」と「国後島」を繋いでいた海底通信ケーブルを陸に揚げる施設です。


陸揚施設には門柱も遺る
K5_A0939.jpg

1900(明治33)年、旧逓信省(郵便・通信を所管)により建設。

北方領土に日本人が住んでいたという貴重な証拠になります。

K5_A0946.jpg


施設裏の海岸には消波ブロックが並ぶ
K5_A0949.jpg


施設裏側の様子
K5_A0950.jpg

幅 3.8m × 奥行 5.9m × 高さ 3.7m の小さな建物です。

現在は根室市が戦争遺跡として整備するため周辺の土砂やゴミを撤去、

砂利を敷き柵を設け、門柱にはロープが張られており、

今後は「内部を整え建物の表示看板を設置」するようですが、

…ここに訪れた時は、整備の着手前だったようで、

片付けている形跡はあるものの、依然ゴミや土砂が残り、

ロープ類なども一切ありませんでした。

と言うわけで失礼して内部の様子を見学します。

K5_A0970.jpg

昔は漁具でビッシリでしたが、この時はだいぶ片付けられたのか、

入るとすぐにある棚の上と足元に少し残っている程度でした。

片付け、というより建物の外に取りあえず出しただけのようですが。


小さい建物ながらもドアで区切られ、二部屋あるようです。

棚は倉庫として利用する際、後付けで設置されたものだと推測しますが、

奥の部屋へ行くためには身をかがめないとなりません。



天井の様子
K5_A0958.jpg


なんとなく、落石無線電信局を連想しました。同じ根室ですので。


K5_A0973.jpg

こちらの天井には壁から飛び出た碍子が多数みられます。



外の様子を眺める
K5_A0980.jpg

根室市がこの土地と建物を所有者から購入したのは昨年、2013年度。

戦後、国後が旧ソ連に侵攻されケーブルは切断、建物は民間に払い下げられ、

以降は漁具などを保管する倉庫として利用されていました。


出入口方向
K5_A0988.jpg


再び屈んだ姿勢で出入口へ
K5_A0998.jpg

現在は、整備が進み見学しやすくなっているようです。

中のモノも撤去されていることでしょう。


根室市が戦争遺跡として保存することについて、

北方領土返還への意識付けという狙いがあるようですが、

少なくとも漁具倉庫のままよりは良いかも知れません。

根室市内には他にもたくさんの戦跡があり、

トーチカ・掩体・飛行場・電探所などほとんどは放置されています。

これらも保存するとなると莫大な費用がかかるので、財政的には厳しいでしょうね。

…対米のものなので北方領土とは関係ないかw


関連するタグ : 戦跡
関連記事
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
591位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
234位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ