探索日和

Archive2014年12月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

小巻沢林道橋 1

なんとなくいつもの友人に連れられてやってきた廃橋。見慣れた廃線橋梁ではなく、これは小巻沢林道橋という道路橋。…とは言え、元々は下夕張森林鉄道の鉄道橋を転用したもののようです。「重構桁(じゅうかまえげた)鉄道橋、(=JKT)と呼ばれる陸軍の組み立て式トラス橋」だそうです。。。土木用語は難しいですね。銘版プレートには、昭和11年7月 株式会社 清水鉄工所製 と刻まれる。...

  •  0
  •  0

小巻沢林道橋 2

なんとなく行ってみることになった、小巻沢林道に架かる橋。このレール敷きの道路橋を訪れたのは、今回が2回目でした。初めて来たのは3年前、三菱大夕張鉄道保存会の方々と一緒で、たまたま空席が出来たバスツアーに参加させてもらってのことでした。当時こういう橋への興味はそれ程なくカメラもスマートフォンでしたが、あれから3年経った今回の訪問ではすっかり萌え萌えで、手にしているカメラもデジタル一眼レフ。3年でここまで...

  •  0
  •  0

川崎工場夜景2014 - 04 -

本日の工場夜景1.2....

  •  2
  •  0

素敵過ぎる廃橋 ~ 上桂橋

小巻沢林道橋の興奮冷めやらぬうち、次に訪れたのはこの橋。桂沢湖にかかる謎の廃橋、上桂橋。桂沢幹線林道の道路橋、とのことだ。特に橋が好きと言うワケではなく、いや好きですが、この規模感・色・形・質感・佇まい、そして浮かんでくる疑問…ひと目見た瞬間、興奮して声をあげてしまいました。なんて橋だ!鉄橋にしてはレールも枕木も無く、道路橋にしてはとても車がすれ違えそうにない橋幅。夕張の森林鉄道橋のようなワーレン...

  •  2
  •  0

川崎工場夜景2014 - 05 -

本日の工場夜景1.2.3.また来年、行ければ良いなあ。...

  •  0
  •  0

関東遠征戦跡巡り - 01

10月某日 朝08:06京急 横須賀中央駅 東口にて。ここから猿島行きのフェリー乗り場がある三笠桟橋を目指す…つもりでこの駅で降りたはずでしたが、駅を出た途端に気が変わって観音崎砲台へと向かいます。観音崎行きのバス乗り場を探すのに手間取ったため、到着まで1時間半もかかってしまいました。という訳で、まずは桟橋跡。これは昭和の時代に築造されたもののようです。明治政府によって建造を開始し、太平洋戦争の終了まで運用...

  •  4
  •  0

関東遠征戦跡巡り - 02

三軒家砲台跡壁面が迷彩塗装されているような感じです。案内看板によると、明治27年着工~明治29年完成の27加砲4門と12加砲2門の砲台で、昭和9年に廃止された、とのことです。27加砲というのは27センチ加農砲(カノン砲)のことのようです。伝声管のようなものも遺ってます。砲門のすぐ下には地下弾薬庫がありますが、ロープが張られ立入禁止となっています。この雰囲気、プレステのゲーム『SIREN2』を思い出さずには居られません...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。