探索日和

Archive2015年02月 1/2

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

関東遠征戦跡巡り - 09

砲座跡へと向かう途中だったかな?木・岩・苔が素敵な感じの切通し。で、これが砲座跡。。。かな?中央のボルト跡が見えず、砲台の代わりに木があります。これは砲座跡でしょう。手前のコンクリは何だかわかりません。奥の階段を降りれば日蓮洞窟…は、戦跡じゃないので後回し。(結局、そのまま忘れて帰っちゃいました)全部で5箇所あるハズですが、1箇所撮り忘れたかな?まあ見た目はたいして違わないから良しとします。写真の左奥...

  •  0
  •  0

関東遠征戦跡巡り - 10

最後は「展望台広場」を目指す。午前中は観音崎砲台、昼から猿島。一日中歩き通しだったので、階段がツライ。「展望台広場」っぽい場所に到着。でもこれは展望台でも灯台でもなく、対空監視哨という軍事施設…だったことは帰ってから知った。正面に入れそうなところがあるので内部へ。内部から外を見る。あの見晴らしの良さそうな台に登ってみたかったが、立入禁止のロープでこの建物全体を包囲していた。…今回は無理しないことにし...

  •  2
  •  0

関東遠征戦跡巡り - 11

玉川上水駅前にある、大和空軍基地の石碑。何も知らずたまたま見つけたこの石碑は、朝鮮戦争のときに開設した米軍大和空軍基地の正門にあったものだそうです。『大和空軍基地 昭和31年2月24日我々は世界の平和が総ての自由愛好國家の間に於ける親睦有効関係に対する努力を通して得られること心に銘記して居ります。日本とアメリカ合衆國両國民の間に育てられた固い絆は平和のための永久の防波堤となるでありませう。我々は大和空...

  •  4
  •  0

道東の炭鉱跡 - 01

運炭軌道のトンネル入り口。このトンネル、見ての通りのひび割れと数メートルで崩落していることを考えると、入るべきではないと思われる。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 02

運炭軌道トンネルの入り口に、短いものではあるが氷柱が出来ている。真冬に再度訪れることになるが、隧道内は氷の世界と化していた。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 03

坑口から数メートルで崩落している。地面は霜柱が立っていて、歩く度にザクザクと音を立てる。自然に出来たものを踏み壊してしまっているようで、なんとなく申し訳ない気分になる。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 04

崩落地点より入り口の方向を眺める。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 05

巨大な扇風機が設置されていたという建物下部。この辺りには立坑があったためか、水抜きなのかガス抜きなのか不明の縦管が地面から突き出ている。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 06

水抜きなのかガス抜きなのか、生きているのか死んでいるのか一切不明の縦管。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 07

ここから立坑に入坑していた?繰り込み所みたいな場所だったと聞いたように記憶しているが、定かではない。...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。