探索日和

Archive2015年06月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

道東の炭鉱跡 - 3C

冬晴れの好天に恵まれまして。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 3D

心霊系落書きの建物。というかこれは某炭鉱の変電関連施設だった建物。この建物に遺る唯一のドア。裏口っぽいけど真相はわからない。床に転がる不気味な生首。以前は『死体置場』の落書きがあった部屋に転がっていたが、、、恐らく戦後の建物なので使用されていた期間は多く見ても、、、20年?閉山から放置されていたとすると廃墟年齢は50年ほどか。そのワリにはあまり古さを感じないのはきっと、一回塗り直したの?っていうくらい...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 3E

冬の某炭鉱運炭専用線隧道。。。氷の世界だ。このトンネル、途中で崩落しているうえ本体入口上部や内部壁面にいくつもの亀裂が走っているので大変危険だが、その亀裂から染みだした雪解け水などの水分が、面白い形の氷柱を作る。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 3F

この隧道、冬になると『ニョロニョロ』が集まってくるようです。触ると感電するとかしないとか。。。...

  •  2
  •  0

道東の炭鉱跡 - 40

ここまでくると『氷のお化け』と表現したほうがしっくり来る。...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 41

眩しい光…...

  •  0
  •  0

道東の炭鉱跡 - 42

途中で崩落し、ひび割れもある危険な隧道…ということをすっかり忘れ、いつもの友人と、長時間飽きずに写真を撮り続けた。今回の真冬の探索、よほど氷柱が面白かったのか、ここの滞在時間が一番長かったような気もする。...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。