道東の炭鉱遺産 - 4D


炭山駅周辺まで戻ってきた。

K5_A4490.jpg


K5_A4496.jpg


K5_A4517.jpg

お馴染みの要塞選炭機に別れを告げ、選炭場をあとにする。

K5_A4526.jpg



帰路の途中、かつての住居?工場?跡を発見。

K5_A4535.jpg

この辺りは、探せばいろいろ落し物が出てくる。



K5_A4545.jpg

これは牛乳石鹸共進社の牛乳シャンプー容器。

価格は\150だったようだが、いつ頃のものだろうか。

K5_A4549.jpg

…消費税導入前であることだけは、確かだ。


関連するタグ : 炭鉱
関連記事
スポンサーサイト

北炭平和炭鉱 『坑口』 - 1


夕張へ行くとたまにトイレで利用していた平和運動公園。

その運動公園がかつての平和炭鉱選炭工場跡地だったとは知る由もなかった。

というわけで探索開始。


人道竪入坑口
K5_A4551.jpg


一区水平坑道
K5_A4557.jpg
坑口はほとんど埋もれていた。


派手な色の橋
K5_A4560.jpg
サイクリングロードで使用していたプレートガーダー橋だそうだ。


一区人道斜坑
K5_A4564.jpg

歩くほどに次々と坑口が現れる、そんな感じの坑口銀座だ。

この坑口は扁額の文字が読み取れる。

K5_A4566.jpg


平和☆炭礦 人道斜坑
K5_A4569.jpg
○に☆は北炭のマークだ。

足元にはバルブ。

K5_A4574.jpg


一区材料斜坑
K5_A4577.jpg



K5_A4580.jpg

この辺り一帯、坑口だけじゃなくバルブ・ガス抜き管、それにレールなどがふんだんに見られ、

道東の炭鉱跡ではあまり見られない光景にワクワクした。

いや、いつも初めて目にする遺構にはワクワクさせられているのだが。

K5_A4583.jpg

坑口は更に続く。



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭平和炭鉱 『坑口』 - 2


一区ベルト斜坑
K5_A4590.jpg

坑口の前には水が溜まっている。

K5_A4595.jpg


一区水平ベルトの坑口
K5_A4601.jpg

ベルト斜坑の対面にある。

トンネルの上部には巻上機が遺る。

K5_A4610.jpg

足元には、、、碍子?

3500V 30A 亀山式
K5_A4628.jpg

トンネルの内部
K5_A4629.jpg

ベルト斜坑から未選壜投入施設までベルトコンベアを通したものらしい。


巻上機近影
K5_A4634.jpg


K5_A4635.jpg


巻上機とベルト斜坑の位置関係
K5_A4638.jpg

ベルト斜坑から真っ直ぐの位置に巻上機があるのがわかる。

ベルトなのに巻上?という疑問には、

『ベルトの横に点検作業用の線路があり、その車輌を引っ張っていたのだろう』
(参考: フクダジマ探検記様 平和炭鉱の記事)

というフクダジマ様の見解を参考にさせていただこう。(無断ですが)


一通り坑口銀座の探索が終わったので、次の遺構を目指す。

K5_A4647.jpg


K5_A4650.jpg



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭平和炭鉱 『未選壜投入施設』 - 1


未選壜投入施設…を見上げる。

この写真では解りづらいが、結構な高さだ。

K5_A4658.jpg

登ってみる。

K5_A4660.jpg

未選壜投入施設…現地でその名を聞いてもピンと来ないが、

内部を見てみると、、、やはり何の施設だかよくわからなかった。

K5_A4677.jpg

探索時点では良くわからない建物だったがこれは、

『未選壜というサイロの様な貯蔵庫に原炭を投入する施設』らしい。

K5_A4680.jpg

見おろす。

ここまで登れば安心だが、斜度は結構なものだった。

K5_A4692.jpg

足を滑らすと下まで転がって行きそうなので油断は出来ない。



K5_A4698.jpg

何だろう、エンジン?

K5_A4703.jpg

島津製作所 730馬力?

いろいろ落ちているので道東の炭鉱跡よりずっと楽しい。



K5_A4706.jpg

建物っぽいエリアが見えてきた。



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭平和炭鉱 『未選壜投入施設』 - 2


K5_A4715.jpg

この施設最上部へは階段で繋がっている。


K5_A4718.jpg


北炭マーク入の消化砂袋
K5_A4721.jpg


K5_A4725.jpg

残留物がいろいろあり、想像を掻き立てられる。



K5_A4728.jpg



窓枠?のような木枠
K5_A4742.jpg

廃墟の絵を飾る額縁、に見えないこともない。



木製階段
K5_A4745.jpg

施設最上階へ、続くよ…



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭平和炭鉱 『未選壜投入施設』 - 3


水平ベルトの坑口
K5_A4754.jpg

ベルト斜坑までベルトコンベアが繋がっていたらしい。

未選壜投入施設まで、原炭がベルトコンベアで運ばれてくる。


足元を見る
K5_A4757.jpg

落ちたら怪我します。


取り残された機械
K5_A4758.jpg

建物最上部に取り残された何かの機械。

K5_A4762.jpg

『コンベヤー用自動はかり』

K5_A4766.jpg

どんな機械なのかは何となくわかります。


日当たりの良さそうな部屋
K5_A4770.jpg



K5_A4773.jpg


南京錠
K5_A4782.jpg

未選壜投入施設。

これまでいくつかの炭鉱遺産を訪ねて来ましたが、

『未選壜』というのは今回初めての出会いでした。

要するに原炭ポケットみたいなもの?と解釈してますが…

私、相変わらず炭鉱についての知識が無いので全く自信なし。

K5_A4805.jpg



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭夕張炭鉱 『大新坑』 - 1


夕張炭鉱 大新坑。

K5_A4845.jpg


回りこんでみるとわかる、煉瓦の建物だ。

K5_A4875.jpg

ネットの情報では繰込所という噂もあるけど詳細不明。



K5_A4848.jpg

上、見上げてみました。



K5_A4851.jpg

一本一本のコンクリート柱?梁?はあまり太くない様子。



K5_A4856.jpg

壁の煉瓦模様のお陰でなんだか温かみを感じる建物。

道東の炭鉱跡はもっと冷たく無機質な印象。年代が新しいからかな?



K5_A4857.jpg

三角屋根がクッキリと。



K5_A4863.jpg

上の写真の裏側。

三角屋根に沿って凹凸が。デザイン?凝ってるなあ。



K5_A4867.jpg

屋根のない建物で、植物が日光浴。

これから何十年もかけ成長し、いつかはこの建物を飲み込んでしまうだろう。



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭夕張炭鉱 『大新坑』 - 2


K5_A4893.jpg

夕張大新坑、立坑の巻上機室。。。これは萌えるでしょう!

ぱっと見、教会か?って思った。

柱の造りもなんだか凝ったデザインだし。



K5_A4884.jpg

すぐ近くには錆びた機械、風洞用扇風機だそうだ。

K5_A4887.jpg

肝心の立坑櫓は既に解体撤去されているとのこと。



K5_A4899.jpg

では巻上機室の内部へ。

その前に、のらくろの落書きが…



K5_A4904.jpg

こちらにも描きかけの、、、デカ?(だっけ?部下のやつ)



K5_A4905.jpg

ここの壁には少しだけ煉瓦が遺っている。

では改めて、内部へ。



K5_A4908.jpg

機械も天井も無い空間。

基礎か台座か、合間を縫って木々が成長を続ける。



K5_A4911.jpg

これは、柱だったものだろうか。

入っている鉄筋でギリギリぶら下がっているようだ。

K5_A4920.jpg

乗ったら危ないな。



K5_A4927.jpg

前知識も無く初めて訪れた立坑跡。

調べると昭和30年の閉山から既に60年経過…

ってことは60年以上も前に造られたものだったとは。

K5_A4933.jpg



Special thanks to ’At the place’ ひこ san!

関連するタグ : 炭鉱
関連記事
カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
382位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[インスタグラムやってます]

Instagram

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所 2016/11/20
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。