スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

広尾・大樹のトーチカ


広尾町と大樹町の海岸沿いに遺るトーチカの探索を行いました。
広尾町は立岩トーチカから楽古川・野塚・エツキサイまで、大樹町は旭浜をすっ飛ばして歴舟川まで。
初めて目にする遺構や、侵食により崖下に落下した遺構など、今回も充実した探索となりました。

太平洋戦争末期、戦局が逼迫するなか旧日本軍が米軍上陸地点を予測、
昭和19年4月より、道東地区の沿岸部で防衛陣地の築城を開始。
内部に軽機関銃などを備え、上陸する米軍を迎え撃つためにトーチカが数造られました。
道東防衛を担当した旧陸軍第七師団の計画では当初、鉄筋コンクリート製だったのですが、
実際には物資不足で調達困難のため、セメント・玉砂利・砂で造られたと言われています。

トーチカ構築に携わった方々は当然、強度的に"ひとたまりもない"ことは知っていたでしょう。
結局は一度も実戦で使われず終戦を迎えた、使われなくて良かった、ということも考えながら、
今のトーチカの虚しい姿を見ると、まさに生きた資料、戦争の記憶そのものと言えるのでは?

と言うわけで、立岩トーチカからスタート。

立岩トーチカ
K5_A6549.jpg

K5_A6555.jpg

K5_A6563.jpg
岩を繰り抜いて造ったトーチカだそうですが、岩全体にはネットがかけられ、
銃眼はコンクリートで塞がれ、連絡口は防波堤に塞がれ内部の様子は全くわかりません。


楽古川トーチカ
K5_A6576.jpg

K5_A6567.jpg

K5_A6582.jpg
殆どがキャンプ場の下に埋没しているため全体を捉えることが出来ませんが、急な斜面に開いている銃眼が辛うじて見えます。



野塚防霧林トーチカ
K5_A6589.jpg

K5_A6594.jpg

K5_A6613.jpg

K5_A6606.jpg

K5_A6607.jpg

K5_A6598.jpg

K5_A6621.jpg
比較的内陸部に位置し、看板が建てられ遊歩道などが整備されています。
中は広そうですが、ガッチリとガードされているため侵入は出来ません。



もう一つの野塚海岸トーチカ?
K5_A6623.jpg

K5_A6629.jpg
前回見ているため野塚海岸トーチカはスルーしましたが、崖の上からそれらしいものを見つけました。
野塚海岸トーチカとは500mほど離れた場所ですが、単なる岩にしては不自然な形。正解はわかりません。



エツキサイ南トーチカ1
K5_A6641.jpg

K5_A6676.jpg

K5_A6649.jpg

K5_A6663.jpg

K5_A6672.jpg

K5_A6654.jpg

K5_A6657.jpg

K5_A6660.jpg
以前は無かった看板が立っていますが、近づいてみるとその理由がわかりました。
前回、崖から落ちそうなトーチカ ( 参照記事 ) が、遂に落ちたようです。
よじ登って中には入れましたが、わざわざ一方の連絡口を木で塞ぐ理由がよくわかりません。



エツキサイ南トーチカ2
K5_A6673.jpg

K5_A6689.jpg

K5_A6679.jpg
こちらは前回訪問時から既に落ちていたトーチカです。



エツキサイ北トーチカ5、4、3、2
K5_A6693.jpg

K5_A6699.jpg

K5_A6700.jpg

K5_A6708.jpg

K5_A6732.jpg

K5_A6740.jpg

K5_A6749.jpg

K5_A6756.jpg

K5_A6760.jpg
エツキサイ北トーチカ5番・4番は既に砂の上、元々砂の上にトーチカを造ったとは思えないので、
3番・2番のように崖の上にあったものが、海岸線の侵食により落下したものと推測しています。
旭浜も含め、この辺りのトーチカは全て元々は崖上だったのでは?
なお、エツキサイ北の1番については良くわかりません。
小紋別海岸トーチカは到達不能、ここから大樹町に突入しますが、諸事情により旭浜トーチカもスルー。



歴舟川トーチカ2、,3
K5_A6766.jpg

K5_A6777.jpg

K5_A6781.jpg
2番は獣道のような塹壕が続いて近づけそうでしたが、時期が悪いのでスルー。
3番は草に覆われすぎて良く見えません。
1番に至ってはどこにあるのか探してもみつかりませんでした。

久しぶりの軍事遺構探索でしたが、撮りこぼしは次の課題とします。

関連するタグ : 戦跡
関連記事
スポンサーサイト

【士幌線】秋のアーチ橋と星空


上士幌町を走る国道273に並行して見られるいくつかのアーチ橋。
かつての国鉄士幌線で使われてきたコンクリートアーチ橋ですが、
その中でも11連130mアーチのタウシュベツ川橋梁はいろんな意味で幻の橋と言われています。

士幌線は大正14(1925)年に帯広-士幌間で開業、全線廃止は昭和62(1987)年。
士幌以北を順次延伸し、十勝三股まで昭和14(1939)年に全通。
タウシュベツ川橋梁は全通の2年前である昭和12(1937)年に完成しましたが、
糠平ダム建設によるルート変更で、昭和30(1955)年に廃止となります。



第三音更川橋梁
K5_A7045.jpg
元小屋ダムにかかる橋です。


K5_A7042.jpg
水鏡で○を狙いましたがイマイチ丸くないw


K5_A7057.jpg
紅葉と釣りが有名な景勝地なんだそうです、この辺り。


K5_A7067.jpg
国道側から。


K5_A7075.jpg
接近して。


K5_A7078.jpg
見上げて。ちなみに頭上には立派なスズメバチの巣があります。



第六音更川橋梁
K5_A7111.jpg
国道からは木々に阻まれて見えない7連アーチ橋、ここは初めてでした。


K5_A7120.jpg
「この建造物は貴重な国民的財産です」
文化庁登録有形文化財プレートが貴重な橋脚に…w


K5_A7126.jpg
これは枕木かな。いくつか落ちています。


K5_A7138.jpg
梯子が、錆びてはいますがしっかりと遺っています。


K5_A7146.jpg
対岸を良く見ると、脚の一部分が無くなっています。
下流のほうに、流された一部と思われるものがありました。


K5_A7162.jpg
劣化したコンクリートと金属の錆が創りだす模様は、見ていて飽きないです。


K5_A7108.jpg
橋の上の様子です。


K5_A7167.jpg
カーブしているのがわかります。


K5_A7101.jpg
紅葉には少し早かったようです。


K5_A7177.jpg
橋脚の一部が無い状態ですので、橋に上るのは危険です。



タウシュベツ川橋梁
K5_A7185.jpg
林道の鍵入手に手こずったため、到着は夕暮れ間近でした。


K5_A7191.jpg
冠水の時期に来たのは初めてでしたが、残念ながら風が強くてメガネとはならず。


K5_A7197.jpg
対岸に向かっているうち、マジックアワーに突入しました。


K5_A7205.jpg
こんな時間まで滞在したのも初めてでしたが…、付近に熊の気配は無さそうです。


K5_A7210.jpg
この時間のタウシュベツ川橋梁は素敵です。


K5_A7236.jpg
遂には…真っ暗です。


K5_A7241.jpg
余計な明かりが無いため、星空がとても綺麗でした。
ただ、まだ10月と言えども現地はとても冷え込むので、寒さ対策は必須です。

関連するタグ : 廃線
関連記事

室蘭本線旧K山トンネル


1990(平成2)年に土砂で崩落、廃止された栗Yトンネル。
隧道好き&アーチ好きにはヨダレもんです(^^

K5_A7297.jpg
栗山トンネルの訪問は二回目となりますが、今回は少し範囲を拡げて探索してみました。


K5_A7298.jpg
まずは土砂が入り込んでいる部分へ。誰が取り付けたかは不明ですが、ロープが垂れ下がっています。


K5_A7306.jpg
土砂に座って撮影。なかなか良い景色です。


K5_A7324.jpg
明かり取りのアーチがずらりと並びます。


K5_A7331.jpg
ハンガー18…18番格納庫(ライト・パターソン)、じゃなくて「18」。何の数字でしょうか。


K5_A7348.jpg
今度は標識かな?「194」。


K5_A7366.jpg
点々と何かの木材が置かれています。


K5_A7369.jpg
この先に何かありそうです。


K5_A7384.jpg
「止まれ」の看板発見。復旧を試みた時の名残りでしょうか。


K5_A7391.jpg
これは…スイッチ?何の?


K5_A7396.jpg
「45」…これは速度制限という噂も。刻まれてるように見えますが触ってみるとフラットだった…っけ?よく覚えていません。


K5_A7397.jpg
もうちょっと何かありそうなので、今度は装備を整えて来たいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 廃線
関連記事

北炭幌内布引坑 - 1

幌内炭鉱は1879(明治12)年に開発され1989(平成元)年に閉山。
布引坑は幌内炭鉱の主要坑口として1917(大正6)開坑、
遺構の中には開坑当時の大正時代建造のものもあるようです。


竪坑の繰込所
K5_A7406.jpg
炭鉱跡では、レンガをコンクリートで覆った建物を良くみかけます。
剥がれずに残っていたコンクリートにも、ひび割れが見えます。


K5_A7413.jpg
相変わらず緑の屋根です。屋根は残り1/4くらい。


K5_A7417.jpg
大量の消火器。増えたような気もしますが気のせいかな。


K5_A7420.jpg
北炭の文字が遺る消火器、北炭マークも辛うじて見えます。


K5_A7424.jpg
「幌内の炭鉱事務所と布引の竪坑の間を連絡する人車と、
坑内へ入出坑する竪坑ケージとの乗り継ぎ時に、
鉱員が待機していた建物」…って手元の資料に書いてます。


巻上機室
K5_A7517.jpg
建物外観…は植物に覆われ良く見えません。


K5_A7510.jpg
大正8年建立のものとは思えないくらいに綺麗なレンガしてます。不思議。


K5_A7434.jpg
外側はレンガがメインですが、内部はコンクリートがメインになってます。


K5_A7437.jpg
巨大な扉が、立てかけられるように遺ります。
ちなみに天井左上にはスズメバチの巣があり、タイミング次第では大変危険です。


K5_A7439.jpg
幌内炭鉱変電所で見たような機械がここにも。


K5_A7448.jpg
柱や天井がスゴい色になっていますね。


K5_A7462.jpg
モーターの軸か何かでしょうか?電気系機器の残骸があります。


K5_A7474.jpg
ワイヤーを巻上げる車輪が収まっていた場所に登り、入り口方向を撮影。


K5_A7487.jpg
足元…結構な高さです。


K5_A7490.jpg


K5_A7504.jpg
車輪が収まっていたであろう台座と、その上方にある穴。

この穴の先の方向には、

K5_A7693.jpg
ワイヤーが野ざらし、ギアが土中に埋まってます。


K5_A7699.jpg
ワイヤーの見つめる先に、レンガの巻上室が見えます。
竪坑か斜坑に関連したもの、、、なのかどうかは全くわかりませんw


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱
関連記事

北炭幌内布引坑 - 2


斜坑その1
K5_A7537.jpg
よくわかりませんが、レールが遺る斜坑です。


K5_A7679.jpg
気をつけながら斜坑を下って行くと、土砂で行き止まりになります。
後で知った話ですが、、、
ここの炭鉱はメタンガスで危ないようですので、斜坑の探索はオススメしません。


斜坑その2
K5_A7564.jpg
すぐにコンクリートで塞がれてますが、、、これが風洞斜坑というヤツでしょうか。


K5_A7572.jpg
錆び錆びですがガス抜きの鉄管が出ています。


K5_A7582.jpg
すぐ隣にある通路?よくわかりませんが、
入坑する時の通路として似た雰囲気のものを見たことがあります。


K5_A7583.jpg
目の前には風洞トンネルと繋がる送風機室の入り口が口を開けています。



送風機室
K5_A7586.jpg
横から見ると面白い形です。


K5_A7541.jpg
梯子を登ってみます。


K5_A7544.jpg
狭い通路が続きますが、この足元は鉄製の床で錆びも見られます。


K5_A7552.jpg
送風機の心臓部、シロッコファンです。
ファンの下には水が溜まって、というか今通った床下も水溜りのようで。
落ちたら大変なので探索はオススメしません。



トイレ?
K5_A7568.jpg
すぐ近くに怪しい小屋を見つけました。


K5_A7604.jpg
慎重に崖を降り、正面に回ってみます。


K5_A7598.jpg
木製の扉。


K5_A7603.jpg
やはりトイレでしょうか?


K5_A7565.jpg
見上げると今回最大のターゲット、動力室の建物が見えています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連するタグ : 炭鉱
関連記事
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
131位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
軍用道路に遺る、謎の遺構 2017/09/02
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 3 - 2017/07/17
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 2 - 2017/07/02
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。