スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :

赤平・芦別の炭鉱遺産 - 2 -


教えてもらったところを全部回るだけの時間がないので大物っぽい物件に狙いを定めます。
送られてきた位置情報と航空写真を頼りに、芦別の山中に突入。

20170523225520.jpg
GPSで位置確認すると…どうやらこの奥にあるらしい。
「一般車両の通行を禁止しています」ゲート前に車を待機させ、遺構探索開始。


K5_B2458.jpg
とりあえず歩きやすい道を辿って10分後、何かの台座を発見。


K5_B2461.jpg
真ん中に丸い穴のある謎の六角形。


K5_B2467.jpg
すぐ後ろに基礎?


K5_B2470.jpg
レールのような鉄材も転がっている。

探しているモノとは位置が違うけど、この辺りにも何かあると確信。


K5_B2474.jpg
すると、崖を降りたところで遺構発見!やっぱり!


K5_B2480.jpg
小さいですが、崖に埋め込んだような尺別タイプです。


K5_B2485.jpg
元階段でしょうか?手摺らしきものの面影もあります。


K5_B2488.jpg
上ってみると、鉄の扉が。


K5_B2497.jpg
この角度ですから、階段というより梯子に近い感覚です。


K5_B2499.jpg
この木材、元々は窓だったのかな。


K5_B2501.jpg
さて、鉄の扉を開けてみます。


K5_B2504.jpg
おおっと…なかなか素敵な空間が現れました。


K5_B2524.jpg
一歩足を踏み出すと、床がないので落ちてしまいましたw


K5_B2509.jpg
ふと見ると碍子が柱に残ってます。


K5_B2525.jpg
ズリが落ちているのでしょうか。この上を見に行くことにします。


K5_B2530.jpg
探している遺構とは違うモノのようですが、なかなか良い物件でした。


K5_B2539.jpg
先ほどのズリ上の様子です。なんと煉瓦が残っています。


K5_B2548.jpg
下から見えていた穴です。落ちたら面倒なので慎重に戻ります。


K5_B2551.jpg
すっかり楽しんでしまいましたが、探していたはずの遺構を求めて歩き続けます。


つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 炭鉱
関連記事
スポンサーサイト

赤平・芦別の炭鉱遺産 - 3 -


さて。

探してたはずの遺構はコレ。
_koukuu.jpg

GPS片手に、四角いヤツと丸いヤツを探しながらヤブ漕ぎします。

すると、

K5_B2557.jpg
支柱?と、その向こうに建物が見えて来ました。


K5_B2561.jpg
たぶんコレが四角いヤツ。


K5_B2575.jpg
ブタの鼻みたいな開口部。


K5_B2576.jpg
回り込みます。


K5_B2579.jpg
いろいろ見てきましたが、あまり見たことがない形してます。


K5_B2588.jpg
レンガも遺ってますね。


K5_B2593.jpg
内部は…良い感じの光と影。


K5_B2594.jpg
貯炭施設みたいですが、何だかよくわかりません。

そしてすぐ近くに、

K5_B2605.jpg
丸いヤツが。

その向こうには現役の会社事務所。

どうやら操業中のようで重機の音や社員の話し声などが川の向こうから聞こえますが、

立入禁止や敷地内を示す物などは無く、どこからが会社敷地内なのか判断つきませんが

見つかったら何か言われそうです。


K5_B2606.jpg
とりあえず匍匐前進で丸い遺構に近づきました。


K5_B2611.jpg
三井B唄のものと似てるので、原炭ポケットということになるかな。


K5_B2614.jpg
周辺にいろいろ遺構が転がってるようですが、探してたモノは見つかったので撤収。


K5_B2617.jpg
元来た道に戻ろうとしましたが、道に迷ってしまいました。


K5_B2620.jpg
右往左往しながらもなんとか無事に帰還…かと思ったらレンズキャップをどこかに落としたようで。


20170523225642_20170716212141a16.jpg
芦別車中泊、最後は『ガタタンラーメン』を食べて帰りました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連するタグ : 炭鉱

関連記事
カテゴリ
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[注意事項]
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。というか、むしろ行くべきではないと思います。突然の穴、崩壊、地すべり、いくら慎重に行動しても事故等の可能性は無くなりません。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。

[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

訪問者数
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
131位
アクセスランキングを見る>>
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
軍用道路に遺る、謎の遺構 2017/09/02
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 3 - 2017/07/17
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 2 - 2017/07/02
赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 - 2017/05/28
ニョロニョロを追いかけて… 2017/05/06
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
ユーザータグ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。