KAWAYU

P1040525.jpg

ダイヤモンドダスト in KAWAYU。
温泉が流れる『川湯温泉湯の川園地』にて、3月20日まで開催中。



P1040519.jpg

川湯温泉街という観光地ですが、この日は平日ということもあり人はまばら。
私の他にはカップルや数名の団体、外国人観光客がたまに来る程度でした。
ほとんどの人はカメラを手にしているため非常に写真が撮りやすい雰囲気でしたが、
三脚を抱えてるのは私だけで、なんとなく気恥ずかしい思いをしてしまいました。



P1040490.jpg

ダイヤモンドダストの説明があります。
イベントは早朝に行われるようですが、私、朝は弱いので無理です。



P1040526.jpg

森に飾られる電球の数は、全部で30000個とのことですが、白一色です。
雪をイメージしてのことかと思いますが、他の色があっても良さそう…



P1040521.jpg

P1040528.jpg

P1040492.jpg

園地には足湯があります。無料で利用できます。



P1040520.jpg

ここに流れている川は、間違いなく温泉でした。



P1040532.jpg

園地の周りには鹿のオブジェが…と思って写真を撮りましたが、本物でした。
この辺りはホテル街なのに普通に鹿が出てくるようです。

関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ : イルミネーション

この記事へのコメント

- 秋空りんご - 2012年03月09日 00:40:57

きれいですねー^^
ロマンチック♪

そしてこんな足湯でまったりしたーい!

まさかの本物の鹿ちゃんたちもいい味出してますw

> 秋空りんご さま - F090/S - 2012年03月09日 23:52:52

コメントありがとうございます!

ええ、ロマンチックですよね~
私が若い頃はイルミネーションなんて無かったものです。
その代わり、闇夜に突然浮かび上がる工場の光を見て、
恋人と一緒に感動したという思い出が…まあ、若いときの話ですがw

あの鹿たち、闇の中に居たので長時間露光で撮影したのですが、
首以外はほとんど動かなかったんですよね。撮らせてくれたのかな?

- ネコ(↑) - 2012年03月10日 02:10:17

あああいいなぁあぁイルミネーションに足湯って最高ですね(^∀^
イルミネーションきらびやかでイカす!

お願いです、早起きしてダイヤモンドダストを撮影してください、あの頃のように(笑)

> ネコ(↑) さま - F090/S - 2012年03月10日 19:54:44

コメントありがとうございます!

寒い中で足だけ湯に浸かってビール片手にイルミネーションを眺める…
いつかやってみたいと思ってます!

ダイヤモンドダストっすかあ?
「朝に弱くても徹夜すれば大丈夫」作戦で頑張りますわw
っていうか、あの頃っていつ?!ww

トラックバック

URL :

カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
382位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[インスタグラムやってます]

Instagram

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所 2016/11/20
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。