観察 ~ 阿寒川トーチカ

K_5_7151.jpg

カラスを気にしつつ、正面に回って観察する。

コンクリートではない、煉瓦製のトーチカだ。



K_5_7154.jpg

銃眼が縦に2つある。

ひとつは完成してから銃眼口をあけられたのか、切断面の色が違う。



K_5_7157.jpg

下部の煉瓦はしっかり積まれているのに対し、上部は雑に見える。

上部のみ、煉瓦の外側をコンクリートで覆っていたのだろうか?



K_5_7162.jpg

トーチカ内部。

天蓋部分にはコンクリートやいろいろな種類の木が使われ、
当時、少ない物資で簡易的に急ごしらえしたことを窺わせる。

それにしても、頭をぶつければ痛そうな天井だ。



K_5_7163.jpg

上部は監視孔の役割もある銃眼、下部では匍匐姿勢で射撃、そんなところだろうか?


関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ : 戦跡 トーチカ

この記事へのコメント

- 客員研究員 - 2014年02月06日 19:12:10

この銃眼がナゾですよね
個人的には上のモノがホンモノで
下は戦後に開けたのではないかと思ったりします

おそらくトーチカ全体が擬装されていたと思われるので
上の銃眼もかなり隠れていたと思います
もしかしたら全体が土におおわれていたりも
するかもしれませんし
屋根部分も上に植栽があったのではないでしょうか





では下の穴は何なのか
やっぱり謎ですね。。。。。

> 客員研究員 さま、お世話になっております! - F138/Shige - 2014年02月07日 00:03:11

このトーチカ、煉瓦製で非常に簡易的に見えますが、
元からこういう開放型だったのか気になります。

下の穴も気になりますよね~
せっかくのしっかりした煉瓦ですので、
単に焼却炉代わりにするため町内会で開けたのかも知れませんね(^^

戦後開けられたとなると、事情を知る方が居る可能性はありますね!

トラックバック

URL :

カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
382位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[インスタグラムやってます]

Instagram

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所 2016/11/20
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。