廃病院 - 04 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

0 Comments
しげ@ぼうけんか
K_5_8671.jpg

この病院の特徴と言えるかも知れない、螺旋回廊。
割れた窓から入り込んだ雪が、薄くスロープに積もる。


K_5_8678.jpg

スロープから見る雄別炭鉱病院の姿。

そう言えば太平洋スカイランドにも螺旋の回廊があった。
子供の頃、そこのスロープを友達と走り回った思い出がある。
スカイランドは閉鎖以来長年骸を晒していたが、つい先日解体されてしまった。
スカイランドの思い出とセットで思い出すのが、当時の北大通。
人通りも多く活気があり、デパートもレジャー施設もたくさんあった。
今ではすっかりシャッター街、数十年で変わり果てた。


K_5_8680.jpg

階段を使わなくても1F~3Fを行き来できる、40年以上前に造られた便利なスロープ。


K_5_8683.jpg

2Fの図面では『面会所』となっているスペース。
1Fの同スペースは『事務所』、3Fは『回復訓練室』と記載されている。


K_5_8694.jpg

2F中央の柱。向こうには主に病室が並んでいる。


K_5_8695.jpg

『焼肉定食』は、1980年代に流行した「弱肉強食のパロディ」だろう。
と言うことは、この落書きは約30年前のものということになるか。
こういうところから年代を想像するのは楽しい。

次回、更にスロープの写真が続く。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply