尺別駅の転車台


根室本線 直別-音別間にある駅、尺別。

K5_A4248.jpg

かつては数千人規模の大きな街があったが雄別炭礦の閉山により消滅。

駅北側には雄別炭礦尺別線の『(社)尺別駅』と転車台があったそうな。


K5_A4257.jpg

駅跡は何も遺ってないようだが、

転車台のほうは航空写真でも確認出来るようなので探してみる。


藪こぎというほどでもなく軽い湿地帯を探し歩く、…と、見つかった。

K5_A4195.jpg

これが転車台、ターンテーブル。

K5_A4206.jpg

水が溜まって木が生え、ちょっとした公園の池のようだが。。。

K5_A4213.jpg

第二次世界大戦末期に転車台撤去、その後は炭鉱坑内の

炭塵爆発防止目的で試験操業した岩粉工場の沈殿槽として再利用。


K5_A4218.jpg

そして周辺には何かの遺構が。

K5_A4233.jpg

広範囲にレンガや基礎などが散らばっている。

やはり機関庫か、橋脚のように見えるものもあり、住居跡も?


ちょうど転車台・岩粉工場・(社)尺別駅に囲まれた専用線沿いの場所、

当時はいろいろな建物が存在していたようだが…調べてみたがよくわからなかった。

K5_A4239.jpg


関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ : 炭鉱

この記事へのコメント

調査お疲れ様でした - S.nagata - 2015年07月24日 11:28:34

こんにちは〜、S.nagataです。
尺別鉄道の転車台ってこんな感じなんですね…
こんな大きい施設なのにおいらが調べた時は全く分かりませんでした
きっと雑草に埋もれて見つけることが出来なかったんだと思います。
今度は冬場の草木が少ない時にこのブログの記事を参考に見て来たいと思います。
そのうち岡山県の因美線美作河井駅みたいに
使われず長年埋れてた転車台が発掘されて見学出来る様になった様に
尺別鉄道のメモリアル的なものになってくれたらいいなぁ…って思います。
(管理人さん的には、そのままの方がいいのかな?)
今回は何だかおいらの質問に対してクエストしてくれたみたいで
ホントお手数をおかけしました。ありがとうございました。

所で、新しい尺別鉄道の資料の方はいかがだったでしょうか?
(駅内に隠したアイテムの回収も大丈夫だったでしょうか?)

> S.nagata さま - shige - 2015年07月25日 13:44:14

尺別鉄道のメモリアル…良いですね!
転車台や周辺の遺構と共に『(社)尺別駅跡地』の看板も添えて、やって欲しいですね。
私はあるがままに、というスタイルですので、そうなったらそうなったで(笑)
この場所ですが、スマフォのGPSでもあればあっさりですので、行ってみて下さい!

で、例のブツですが無事回収して私の手元にあり、有難く頂戴しております。
宝探しみたいにドキドキして楽しめました♪ありがとうございました!
更に他の場所もいくつか回って、現段階での無事も確認しておりますよ。

トラックバック

URL :

カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
783位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
282位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク 2017/03/08
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。