カウンター

羽幌炭鉱探索記 - 10

0 Comments
しげ@ぼうけんか

引き続き羽幌本坑の選炭場事務所。
残りの部屋を求めて歩きまわります。


K5_A9383.jpg
階段を上る。。。

建物の構造や正式名称は良くわかっておりませんが、
選炭関連の機械が設置してあった所を「工場棟」とするならば、
こちら側は「事務所棟」、と言ったところでしょうか。


K5_A9386.jpg
階段の途中から工場棟が見える。


K5_A9387.jpg
事務室のプレートがついた入り口。


K5_A9392.jpg
階段の踊り場から事務室の間は、数メートルの廊下で繋がっています。


K5_A9393.jpg
室内。。。事務机でしょう。


K5_A9401.jpg
竹ぼうきが立てかけられています。


K5_A9396.jpg
事務室の窓から工場棟が見えるような造りだったのかな。


K5_A9412.jpg
機械も壁も無いので選炭工場全体を見渡すことが出来ます。


K5_A9402.jpg
恐らく書類を保管していた棚、その奥にまた部屋。
先ほどの廊下に隣接する部屋になりますが、こちら側に扉はありません。


K5_A9410.jpg
内部は…よくわかりませんが、


K5_A9407.jpg
調味料でも入っていたかのような空き小瓶が置いてありました。


K5_A9414.jpg
最後の階段を上ると、、、屋上でした。


K5_A9427.jpg
屋上からの風景。


K5_A9430.jpg
タワーが良く見えます。


K5_A9425.jpg
タワーも素晴らしかったのですが、個人的にはここの選炭場事務所がお気に入り。
これまで見てきた炭鉱遺構の中でのランキング1位、優勝ですw


K5_A9434.jpg
道東からかなり遠くではありますが、年に一度は来てみたい場所。
留萌は熊がかなり多いので、冬限定かな。


K5_A9435.jpg
帰り際、窓からはシックナーを見ることが出来ました。



羽幌本坑最終回へ、つづく



関連記事
スポンサーサイト
しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。