羽幌炭鉱探索記 - 11

0 Comments
しげ@ぼうけんか

足掛け三ヶ月、気まぐれに羽幌本坑をレポートしてきましたがやっと最終回となります。

最後はホッパー、当ブログ記事 『羽幌本坑 第1回目』 で後回しと書いてたアレです。



ホッパー


K5_A9440.jpg
ホッパー内部で見つけた羽幌のマーク。足元に転がっていました。


K5_A9443.jpg
頭上注意で突入します。


K5_A9446.jpg
漏斗がずらずらと並ぶ姿は圧巻です。


K5_A9447.jpg
足元には枕木が遺ってました。これは珍しいかも。


K5_A9450.jpg
真下から見上げると面白い形。すごい。これも珍しいかも。
で、よく見ると電気ブレーカーや配電設備の残骸も遺っています。


K5_A9455.jpg
ナンバー「8」の塗装文字もクッキリ。


K5_A9459.jpg
最後のホッパーも見応えありました。さすが聖地羽幌。


K5_A9464.jpg
というところで丁度日暮れが近づいて来ました。
しばらく何処にも出かけたくないくらい、今回はお腹いっぱい。


K5_A9465.jpg
日没とともに来た道を引き返し、スノーシューを外して現実の世界へw
本日も無事任務完了!

じゃ…なかった。家に帰るまでが任務です。
これから道東まで雪道を、多分、7~8時間はかかるな。


SpecialThanks to ギョピ さん






帰り路


K5_A9468.jpg
羽幌から留萌の日本海側は猛吹雪でしたが、内陸部に入ると雪の勢いも無くなります。
腹が減ったのでコンビニで弁当を買って、羽幌から100kmほど走行、
北竜町のポータル「サンフラワーパーク北竜」で休憩しました。


K5_A9473.jpg
せっかくなので北竜門をハックw


K5_A9482.jpg
さて、ここからまだ300km以上…


K5_A9485.jpg
なんとか日が昇る前には帰宅出来そうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply