陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所


当初、福江観測所から南下し小塩津観測所に寄ってから外浜観測所というプランもありましたが、福江観測所周辺に居た蚊の大群のせいで心折れ、あっさりとあきらめて外浜観測所を目指します。

観測所はこの他にももう一つあるようですが、詳細はわかりません。

伊良湖の観測所は、大砲や弾薬の威力や弾道などの実射データを収集するため明治34年頃に設けられた施設で、正式名称は『陸軍技術研究所伊良湖試験場』というらしいです。軍の砲弾研究を行っていたんですね。


K5_B1065.jpg
と言うわけで、外浜観測所へはこんな感じの階段をしばらく登り、海岸沿いに相当歩きます。


K5_B1070.jpg
眼下に広がる海岸線。


K5_B1073.jpg
落ちたら大ケガしそうな場所で一枚。海は涼しそうですが、北海道人には厳しい暑さ。なまら暑い。


K5_B1074.jpg
振り返ると、駐車場があんな遠くに。

かなり登ってきたので疲れも出始めましたが、Toshikazさんに怒られそうなので休まず進行。


K5_B1077.jpg
途中、『愛のココナッツメッセージ漂着記念』看板を発見。

調べてみると、島崎藤村の「椰子の実」関連のイベントらしく、毎年石垣島からプレート付き椰子の実を100個投げてるとか。お値段は1個2,000円(税込)。詳しくは田原市のサイトで。


K5_B1080.jpg
来る途中の道路でもこんなヤシの木をたくさん見かけましたが、そういう訳だったんですね。


K5_B1085.jpg
こちらは伊良湖防備衛所跡。


K5_B1088.jpg
何かの台座のような跡だけです。


K5_B1089.jpg
この先の道は、こんな感じ。本当に道か?


K5_B1092.jpg
かろうじて舗装された地面が見えるので道ということで間違いないようです。


K5_B1104.jpg
ブッシュが酷いので多少危険は伴いましたが、なんとか到着しました。汗だくです。


K5_B1107.jpg
良い眺めで疲れも吹き飛びます。


K5_B1117.jpg
さて、崖をおります。


K5_B1119.jpg
消波ブロックが。この辺まで波が来るんですね。


K5_B1123.jpg
青空と煉瓦、好きな組み合わせです。


K5_B1126.jpg
天蓋は随分昔からこんな感じに壊れてたのか煉瓦の壁に挟まれた状態で、今にも落っこちてきそうです。


K5_B1128.jpg
良く見ると、落っこちそうなのは本体ごとのようで。

北海道の太平洋沿岸部トーチカも、ここ数年で良く崖下に落っこちてます。


K5_B1139.jpg
足元スカスカで浮いた状態。


K5_B1143.jpg
煉瓦自体も潮風にさらされ、弱くなっているようにも見えます。


K5_B1148.jpg
この面にだけ落書き、というか刻んでますね。往時のものではなさそうな。


K5_B1149.jpg
南国の海の教会って感じで、観測所をフレームから外して撮ってみました。


つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ : 戦跡

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カテゴリ
アクセス状況
[ジャンルランキング]
写真
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
269位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
プロフィール

シゲゾウ

Author:シゲゾウ
廃物件探索業協会 道東支部長

主に北海道の鉱山・炭鉱遺産・廃線跡など産業遺産系廃墟やトーチカなどの軍事遺構、その他無人駅・文化財・秘境などなど気まぐれに写真を撮っています。夜景も好き。


[バナー]
作り直しました!あと、タイトルと名前も地味に変更してます…
探索日和

[インスタグラムやってます]

Instagram

[ブログ村ランキング参加中]

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ

にほんブログ村 歴史ブログ 近代化遺産へ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦争遺産へ

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
Loveくしろイルミネーション2016 2017/02/13
茂雪裡の奉安殿 2017/02/04
工場夜景を撮りに… 2017/01/26
某炭鉱跡と某ロケ地 2016/12/23
スカイプロムナードの夜景 2016/12/07
陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場 2016/12/02
陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所 2016/11/24
陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所 2016/11/20
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

せっかくメールを送っていただいても、目的が不明瞭な場合は返信しません。いきなり電話欲しいというのもナシです。匿名の場合は「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れたうえコメント欄をご利用下さい。

RSSリンクの表示
リンク
雄別の歴史

廃愛好人

歩鉄の達人(廃線・廃道・隧道ウオーキング)

ユーザータグ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
注意事項
遺構についての説明は個人が趣味の範囲で調べたものですので、必ずしも正確なものではありません。間違いがあればご指摘戴けたら幸いに思います。
また、当ブログで熊などが生息している危険な場所を扱うことがありますが、探索を推奨するものではありません。むしろ行くべきではないと思います。当ブログを見て何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。
お約束ですが画像の無断使用はお断りします。リンクに関しては特に制限御座いません。