ニョロニョロを追いかけて…

0 Comments
しげ@ぼうけんか

久しぶりに某炭鉱跡へ行ってきましたが…

目的はコレ↓

※数年前の写真です。
NYORO.jpg

勝手にニョロニョロと呼んでいますw ※ニョロニョロを知らない方はムー○ンで検索願います

あの時はこんなにたくさんいらっしゃったのですが、、、



今年はと言えば、

K5_B1914.jpg

K5_B1898.jpg

こんな感じw

たった4体。

K5_B1908.jpg

前回と比較して時期的に1ヶ月遅れではありますが、

同じ真冬でこんなにも違うとは。



気を取り直して、隧道の探索を続けます。

K5_B1920.jpg

この隧道、そんなに長いものではありません。

K5_B1894.jpg

入り口から20mくらいでしょうか、

あっさり土砂で閉塞している部分に到達。

K5_B1923.jpg

やけに短いものですので、てっきり途中で崩落し、

そこに土砂流入したものだとばかり思い込んでましたが、

ここの隙間に頭とカメラを突っ込んでみると…

K5_B1929.jpg

あれ?なんか綺麗な壁が見えます。

K5_B1932.jpg

無理をすれば隙間から向こう側に抜けれそうでしたが、

既に無理な体勢で肩を痛めてしまったので一旦外に出ましたw

K5_B1939.jpg

トンネルの上を歩き先ほど見えていた隙間の向こう側へ。

あれれ?入り口にあるものと似たような坑口前の飾りが?

K5_B1948.jpg

あ。ちゃんとした坑口だった。

やけに短いので途中で崩れた隧道だと思っていたのに、

どうやら最初からやけに短いトンネルだったようですね。

雪のある急斜面を降りたくはないので近づくのはまたにします。

という訳で隧道探索は終了です。



続いて、名物「傾いたポケット」とその他の遺構です。

K5_B1965.jpg

K5_B1966.jpg

もう何度も見ているのでザックリです。



それよりも今回は未探索部分をウロウロしました。

K5_B1973.jpg

こういうの何でしょうか?土留?がずーっと続いています。

K5_B1975.jpg

なかなかの石組みです。苔具合もいい味です。

どこまで続くものなのか、その先に何があるのか、

このまま辿ってみたかったのですが地形的理由で迂回することに。


K5_B1981.jpg

フラットな場所へ出ると、こんなところにまでタイヤ痕が。

きっとジムニーでしょう。



で、何気に見ると謎の有刺鉄線。

K5_B1993.jpg

そして、看板を発見。

××連絡所?、でしょうかね?

引っ張り出してまでは確認しませんでした。



そして更に奥で、

K5_B2002.jpg

ガス抜き塔?…こんなところにあったんですね。

K5_B1999.jpg

先ほどの土留?はガス抜き塔のすぐ裏まで続き、

そこで大きく崩落していました。

K5_B2011.jpg

雪のせいでイマイチ良く見えないのが残念です。

そして、

K5_B2017.jpg

更に、こんな遺構も…風洞の台座っぽい雰囲気です。

坑口も期待出来ますが、雪で近寄るのが困難(面倒)なので、また今度かな~

ニョロニョロは残念でしたが、気になるものがたくさん見つかりましたよ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。