たんけんのきろく(探索の痕跡)

炭鉱跡や戦争遺跡など、産業軍事遺構の探検写真ブログ

【昭和炭鉱】 昭和炭鉱アパート群

0 Comments
しげ@ぼうけんか

かつて北海道雨竜郡沼田町にあった、1969(昭和44)年閉山の明治鉱業昭和炭鉱。
閉山から50年以上経過してもなお、炭鉱施設はまだまだ形を保ち続けています。

今回も、炭鉱住宅アパート群・隧道内部マーケット・選炭場、を見学してきました。




K5_C8652.jpg

林道の一部が崩落しているためか、いつも施錠されている昭和二股林道のゲート。
車が入れないため徒歩で約4km、まずは炭鉱住宅アパート群を目指します。




K5_C8658.jpg

今回、自身3度目となる訪問はまだ雪が積もる前。
前回の猛吹雪と違って穏やかな天候ではありましたが、ここ数年、全道的に熊の出没が増加傾向にある昨今。
物騒な野生動物に遭遇しないよう、いつもより慎重に歩を進めて行きます。




K5_C8659.jpg

20分経過。
警戒は怠りませんw




K5_C8682.jpg

30分経過。
武装したメンバーに守られているので安心して進むことが出来ますw




K5_C8689.jpg

ゲートから32分、この辺りが中間地点でしょうか。




K5_C8698.jpg

徒歩39分、遺構が見えてきました。




K5_C8716.jpg

あっという間にアパート群に到着、徒歩開始から1時間でした。

前回は膝下までの積雪&絶賛降雪中だったため、同じ距離でも2時間かかりました。
その上疲労が蓄積し股間が崩壊、激痛に悶えながら歩いたことに比べると今回は余裕っすねw




K5_C8729.jpg

数年ぶりにアパートとご対面です。そんなには変わってない印象。




K5_C8730.jpg

草木が生え放題なので写真が撮りにくい。




K5_C8731.jpg

適当なアパートの裏側へ。




K5_C8732.jpg

風雪に耐えながら50年経っても窓の木枠は遺っています。




K5_C8733.jpg

小窓にはガラスも遺ります。




K5_C8735.jpg

いずれは植物で覆われてしまうのでしょうか…今のところまだまだ大丈夫そうです。




K5_C8736.jpg

外壁の一部が剥がれ落ちているため、建物へのダメージは深刻でしょう。




K5_C8737.jpg

アパートの内部。コンクリートブロック造?




K5_C8743.jpg

比較的綺麗な状態の部屋。押し入れが原型を留めています。




K5_C8755.jpg

白華現象によるコンクリート鍾乳石が伸びています。




K5_C8759.jpg

ところどころ、内壁の木が残っていますね。




K5_C8760.jpg

殺風景な色彩の中で、ひと際目立つ水色のクロス。




K5_C8761.jpg

階段は苔に覆われていて歩き辛い。




K5_C8773.jpg

階段の踊り場より向かいのアパートを臨みます。




K5_C8781.jpg

骨組みが綺麗に残っていますね。




K5_C8770.jpg

アパートの周りは小川が流れていたり段差があったり、草木が多いので移動には注意を要します。




K5_C8784.jpg

炭鉱住宅アパート群は全部で9棟か10棟ほど遺っていますが、どこがどの棟か全く記憶にありません。
次回訪問する機会があったら全部で何棟かくらいは確認しようと思います。




K5_C8787.jpg

玄関ドアが遺っています。当時どんな玄関だったのか何となく雰囲気がわかりますね。




K5_C8790.jpg

建物によっては崩壊がかなり進んだものもあるので、安全に入れそうな棟を探します。




K5_C8791.jpg

天井が崩れ落ち、なんとか引っかかってる状態です。




K5_C8795.jpg

壁に大穴が開いて鉄筋が剥き出しになっていますが…この穴は自然に開いたものなのでしょうか??




K5_C8799.jpg

再び踏面が苔で覆われた階段を登ります。




K5_C8803.jpg

折り返し階段の踊り場から、他の棟を臨みます。




K5_C8809.jpg

崩壊が進み、天井も壁も無い2Fから見える風景。




K5_C8820.jpg

下ります。




K5_C8830.jpg

炭鉱住宅アパート群の最奥に到達。




K5_C8823.jpg

足元にあるのは…




K5_C8824.jpg

何でしたっけ?これが何だったのか聞いたような気もしますが、忘れてしまいましたw




K5_C8827.jpg

上水道関係の設備かな??




K5_C8833.jpg

というわけで1時間ほどでアパート群の見学を終え、次は隧道マーケットを目指します。



関連記事
スポンサーサイト




【秘境】標茶のミズナラ

0 Comments
しげ@ぼうけんか

ここ最近の趣味である雨の林道ドライブ、の帰り道。

なんとなく気になっていた林野庁オススメの巨樹・巨木『標茶のミズナラ』を見に行ってきました。

場所は北海道川上郡標茶町阿歴内原野、Webサイト記載の交通アクセスに従って再び林道に突入。




DSC_0472.jpg

国道272号沿いにある「巨樹・巨木 1.6km先」の看板。

林道チェーンゲートは開放されてました。




DSC_0473.jpg

3分後、分岐点。と言っても繋がってるんですけど。




DSC_0474.jpg

おとなしく看板の矢印に従って左の道を進みます。




DSC_0475.jpg

1分程走行、本線らしき広めの林道と合流します。ここも看板に従い、左へ。




DSC_0478.jpg

お決まりのように登場する鹿や狐などを交わしながら5分程走行、「巨樹・巨木入口」の看板に到着します。




DSC_0479.jpg

入口から先にも道は続いているようなので、車で行ける所まで行ってみます。




DSC_0480.jpg

ここの奥にあるようですが、車では無理そうなので広い場所まで戻って徒歩で行くことに。

どうやらこの道は、付近にあるマル○ミ造園さんの作業道ではないかと。




K5_C9189.jpg

雨が降っているので車から降りる気は全くなかったのですが、仕方ありません。

本来はすぐ近くの厚岸郡界林道をドライブして帰るだけの予定だったため、雨具の準備も無しです。

気を取り直して一眼を持ち出し、徒歩100m。先程の看板まで戻ってきました。





K5_C9196.jpg

雨降ってるし森の中なので暗いです。

枝が落下するので近づかないで下さいとの警告看板があり、トラロープが張ってます。




K5_C9200.jpg

手前の看板によると、樹種:ミズナラ 樹齢:不明 樹高:24m 樹周:594cm 胸高直径:190cm とのこと。

樹齢が不明というのは、複数の幹が合体しているからでしょうか?




K5_C9202.jpg

雨の中、トラロープ越しに撮影。




K5_C9205.jpg

場所を変えてみますが、サンダル履きだったので滑るし足が濡れてキモチワルイ。




K5_C9208.jpg

樹高24mという枝先まで入れて撮ってみましたが、雨の中なので試行錯誤はしません。




K5_C9211.jpg

いや、本当はミズナラを見るだけの予定だったんですが。

帰りも林野庁さんの交通アクセスに従って、国道272号に抜ける林道を走ります。




DSC_0483.jpg

国道272号目前にして、まさかのゲートロックでしたねw



北海道森林管理局サイト内、標茶のミズナラのリンクはコチラ


関連記事

雄別炭鉱施設 ~ 堤沢坑口群

0 Comments
しげ@ぼうけんか

堤沢卸の坑口群までは雄別林道を走行することになるが、
たまに閉まっていたりする林道ゲートがこの日はオープン。

ここのゲートに限らず、様々な理由から林道のゲートは管理者によって開閉されるわけだが、
ゲートを通過するたびに頭をよぎるのは…「帰って来た時にゲートが閉まってたらどうしよう」である。

ちなみに雄別林道は、林野庁の看板によると延長10,262m。

約10kmの林道で道幅は広く、途中路盤沈下によるアップダウンや倒木はあるが、
道路自体は荒れているという程でもなく一般車でも走行は可能、ジムニーなら余裕だ。

実際、前回探索時(2013年頃)は『HONDA フィットHYBRID タイプRS』でも行けているが、、、オススメはしないw



K5_C8478.jpg

昭和49年竣工の雄別橋。

これを渡るともうすぐ目的地。



K5_C8480.jpg

雄別林道ゲートから5kmほど走行、約20分で到着。

道沿いに坑口が並んでいる。

手前から、
①堤沢総排気坑口
②堤沢総排気人道坑口
③堤沢総排気風洞坑口
④二卸入気坑口
と、並んでいる。

例によって手元の資料を参考にしているが、詳しいことは知らないw



K5_C8487.jpg

前回探索時(2013年頃)と全く同じ場所に車を停め、探索開始。

坑口の道路向かいに丁度良いスペースがあり、ここなら林道を走行する車両の邪魔にはならない。

が、この時は誰も走行することはなく、結果的には関係なかった。



①堤沢総排気坑口

K5_C8488.jpg

坑口の封印がかなり解けつつあり、前面の密閉コンクリが崩れてきている。



K5_C8494.jpg

カメラを突っ込めるほど開口していたので、内部を撮影。



②堤沢総排気人道坑口

K5_C8499.jpg

後にしようと思っていたが忘れて帰ってしまったため、このワンショットのみ。

ちなみにこの日、堤沢新斜坑の坑口を探すという目的もあったハズだが、全てを忘れてしまったw



③堤沢総排気風洞坑口

K5_C8502.jpg

なぜかこの坑口にはいつも倒木が乗っかっている。



K5_C8505.jpg

坑内の換気用扇風機基礎と風洞坑口。



K5_C8508.jpg

風洞に空いている穴から覗いてみる。



K5_C8518.jpg

穴の中には、密閉コンクリを支えている金具のようなものが見えた。



K5_C8527.jpg

坑口に設置された金網越しに内部を撮影する。



④二卸入気坑口

K5_C8541.jpg

少し小高い場所にあるせいかなんとなく威圧感、ひときわ大きい気もする。



K5_C8546.jpg

設置されている金網には隙間があるので覗いてみる。



K5_C8559.jpg

坑道は僅かに右カーブしており数メートルで封印、閉塞部分が確認出来た。



K5_C8564.jpg

他に見どころが無いので、入気坑道を上から見ることに。



K5_C8574.jpg

上から見ると、カーブしているのが良くわかる。※崩落の危険があるので坑道の上には乗らないこと



K5_C8577.jpg

夕暮れが近づきここで引き上げとしたが、この時点で新斜坑のことはすっかり頭から消えていたようだ。



K5_C8592.jpg

暗くなる前に無事戻り、林道ゲートが開いていてホッとする。

堤沢新斜坑も見つけるという当初の目的は、この記事を書き始めるまで忘れていたのだった。


関連記事