Category戦争遺跡 1/6

室蘭の戦争遺跡

真冬の室蘭夜景を堪能した翌朝。。。またしても懲りずにジムニーで車中泊したのですが、防寒用のシュラフだけでは寒くて寝不足気味にwもう若くもないので体調はイマイチでしたが、せっかくなので何箇所か戦争遺跡を回って帰ることに。まずは、『要塞付属観測所跡』この後訪れる予定の『十五糎加農砲』付属の観測所です。鉄塔の隙間からチラチラ見える、コンクリートのアレ。どうやって遺構まで行こうか考えながら測量山展望台をウ...

  •  0
  •  0

大樹町のトーチカ群

今から2年前、崖落ちしたエツキサイトーチカを見て以来、旭浜トーチカの”砂に埋もれ具合”についてタウシュベツ川橋梁の”崩れ具合”の次くらいになんとなく気になっていましたが、今回、たまたま大樹町に寄ることとなったので、ついでに確認して来ました。参考記事:落ちる前の「エツキサイ南トーチカ」(広尾町)参考記事:落ちた後の「エツキサイ南トーチカ」(広尾町)※大樹のトーチカについて、手元に地図があったので貼っておきます...

  •  0
  •  0

軍用道路に遺る、謎の遺構

ここ最近、車いじったりソロキャンプしたりでサボり気味でしたが、久しぶりにネタを仕入れましたよw【旧国道4号線 張碓側】にある逓信省の遺構を見て来ました。謎の業務用車両w何も聞かされないまま、謎の道をひたすら走らされます。そして、何の説明も無いままに停車。ここから単独で先へ進むよう友人たちに促されて、突然、遺構が目の前に現れるという粋なはからいですwこれは…写真で見たことがある、日露戦争の時代の軍事道...

  •  0
  •  0

茂雪裡の奉安殿

釧路市内の奉安殿(※過去記事)で戴いたコメントを頼りに、阿寒郡鶴居村茂雪裡にある奉安殿へ。奉安殿の場所はGoogleの航空写真であっさり見つけられましたが、なかなかやる気が起きず気がつけば雪景色…雪に埋もれる前にやっと重い腰を上げましたwと言うわけで、まずはコメント戴いた『すずしろ』さま、ありがとうございました!茂雪裡の奉安殿前に到着聞いていたとおり、春採のものと形がそっくり。裏側より春採のは相当朽ちてまし...

  •  0
  •  0

陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場

最後は伊良湖試験場の中枢施設があったとされる場所、田戸神社及び小中山児童公園へ。門柱……のワリには一本しか無かったような。取り付けられている石の表札がヤケに新しい感じ。門柱の向こうには、田戸神社と書かれた石柱が。鳥居がズラリと並ぶ。私の住む道東地方では見られない珍しい風景に見惚れる。赤い鳥居なら尚良かったのに。この四角いのは『信管検査施設兼展望台』(の一部?)というものらしいですが、既に残された時間が...

  •  0
  •  0

陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所

気象塔兼観測塔キャベツ畑に囲まれた、のどかな道沿いで異様に目立つ建物、通称「六階建て」と呼ばれているとか。この建物は戦後進駐軍に接収され、その時に書かれたであろう英単語が壁に残っているようです。とりあえず邪魔にならない場所にレンタカーを駐車。ちなみに今回の旅のお供はコイツ。なぜか出だしの加速がとっても悪く、馴れるまで合流・右折の度にヒヤヒヤさせられました。接近します。内部には農機具が格納されていま...

  •  0
  •  0

陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所

当初、福江観測所から南下し小塩津観測所に寄ってから外浜観測所というプランもありましたが、福江観測所周辺に居た蚊の大群のせいで心折れ、あっさりとあきらめて外浜観測所を目指します。観測所はこの他にももう一つあるようですが、詳細はわかりません。伊良湖の観測所は、大砲や弾薬の威力や弾道などの実射データを収集するため明治34年頃に設けられた施設で、正式名称は『陸軍技術研究所伊良湖試験場』というらしいです。軍の...

  •  0
  •  0

陸軍伊良湖試験場 ~ 福江観測所

名古屋テレビ塔…オアシス21。と言うわけで愛知県田原市、渥美半島にある軍事遺構を探索して来ました。初めて行く場所で土地勘ゼロで不安だったので現地に詳しい方…と、せめて休日には感動を の Toshikazu.T さんをお誘いしたところ快諾をいただき、当日は名古屋駅の金時計で待ち合わせ、伊良湖岬までのドライブと締めのミッドランドスクエアまでお付き合いしてくれました。伊良湖岬灯台と言えば恋人たちの聖地でありミッドランドス...

  •  2
  •  0

広尾・大樹のトーチカ

広尾町と大樹町の海岸沿いに遺るトーチカの探索を行いました。広尾町は立岩トーチカから楽古川・野塚・エツキサイまで、大樹町は旭浜をすっ飛ばして歴舟川まで。初めて目にする遺構や、侵食により崖下に落下した遺構など、今回も充実した探索となりました。太平洋戦争末期、戦局が逼迫するなか旧日本軍が米軍上陸地点を予測、昭和19年4月より、道東地区の沿岸部で防衛陣地の築城を開始。内部に軽機関銃などを備え、上陸する米軍を...

  •  2
  •  0

関東遠征戦跡巡り - 立川工場変電所

玉川上水駅前にある、大和空軍基地の石碑。何も知らずたまたま見つけたこの石碑は、朝鮮戦争のときに開設した米軍大和空軍基地の正門にあったものだそうです。『大和空軍基地 昭和31年2月24日我々は世界の平和が総ての自由愛好國家の間に於ける親睦有効関係に対する努力を通して得られること心に銘記して居ります。日本とアメリカ合衆國両國民の間に育てられた固い絆は平和のための永久の防波堤となるでありませう。我々は大和空...

  •  4
  •  0