探索日和 (旧:探索の痕跡)

Archive2015年04月 1/2

国鉄白糠線 真加代川橋梁

白糠線の廃線跡に遺るコンクリート橋梁、『真加代川橋梁』。前回は単独で『蓮花沢橋梁』を調査したが、今回は助手と一緒だ。これは『蓮花沢橋梁』から北進方向にある小さな橋梁。(wikiでは『蓮華沢橋梁』となっているが、プレートの刻印は『花』だった)『真加代川橋梁』のプレートと刻印。竣功は昭和33年12月、刻印は昭和34年4月。(白糠線の開業は昭和39年10月)白糠線の廃線跡には、大小いくつもの橋梁が遺っている。規模は小さく...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 冬の選炭場

何度か来ているのでどの辺りに穴があいてるのか把握してはいるが、冬の炭鉱跡はやはり危険なのでオススメ出来ない。でも、緑の無いこの時期は建造物が見易くて良い。...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 煤けたホッパー

ホッパー内には黒々とした、煤煙? 石炭そのもの? …の色が遺る。...

  •  2
  •  0

庶路炭鉱 ホッパーの上部に木が…

頭上注意!...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 ホッパーの内部

ホッパー内部...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 ホッパーを見上げると

見上げると…崩れそう...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 氷と遺構

...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 植物はどこにでも

...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 傾いたポケットの側面

...

  •  0
  •  0

庶路炭鉱 木が…

...

  •  0
  •  0