Index

780: 室蘭工場夜景バスツアー、行ってきました

室蘭工場夜景の中枢、「JXTG室蘭製造所」が

  •  0
  •  0

779: 夏の雄別炭鉱跡 ~ 5 ~

最後に隔離病棟への連絡通路を通って病院を

  •  0
  •  0

778: 夏の雄別炭鉱跡 ~ 4 ~

屋上の見学後、スロープで一気に1Fまで降り

  •  0
  •  0

777: 夏の雄別炭鉱跡 ~ 3 ~

正面玄関に車を置いて、たまに現れるという

  •  0
  •  0

776: 夏の雄別炭鉱跡 ~ 2 ~

引き続き雄別礦業所です。今回はやる気満々

  •  0
  •  0

775: 夏の雄別炭鉱跡 ~ 1 ~

こちら北海道の東、「ひがし北海道」はもう

  •  0
  •  0

774: 室蘭の戦争遺跡

真冬の室蘭夜景を堪能した翌朝。。。またし

  •  0
  •  0

773: 室蘭の夜景を堪能

引き続き室蘭の工場夜景、崎守埠頭でJXに狙

  •  1
  •  0

772: 強風の室蘭工場夜景

2017年9月、JXTGエネルギー室蘭製造所

  •  0
  •  0

771: 庶路炭鉱~運炭軌道の廃隧道を調査する

7月も終わろうかというときに、真冬の記事

  •  0
  •  0

770: 再訪、幌内炭鉱景観公園

もう6月だと言うのに雪の記事が続きますw

  •  0
  •  0

769: 昭和炭鉱~隧道完全制覇

昭和炭鉱、2回目の訪問でした。数年前の前

  •  2
  •  0

768: 国光鉱山(浜中町)

『国光鉱山』天人峡の方に同名の鉱山がある

  •  0
  •  0

767: 大樹町のトーチカ群

今から2年前、崖落ちしたエツキサイトーチ

  •  0
  •  0

766: 庶路炭鉱にて、未踏地調査

前回探訪時、(『ニョロニョロを追いかけて…

  •  0
  •  0

765: 軍用道路に遺る、謎の遺構

ここ最近、車いじったりソロキャンプしたり

  •  0
  •  0

764: 赤平・芦別の炭鉱遺産 - 3 -

さて。探してたはずの遺構はコレ。GPS片手

  •  0
  •  0

763: 赤平・芦別の炭鉱遺産 - 2 -

教えてもらったところを全部回るだけの時間

  •  0
  •  0

762: 赤平・芦別の炭鉱遺産 - 1 -

急に芦別で車中泊したくなり、ついでに赤平

  •  2
  •  0

761: 庶路炭鉱のニョロニョロを追いかけて…

久しぶりに庶路炭鉱跡へ行ってきましたが…

  •  0
  •  0

760: 【タウシュベツ川橋梁】氷上ウォーク

2月某日、急に思い立って真冬のタウシュベ

  •  0
  •  0

759: Loveくしろイルミネーション2016

思い起こせば、、、、2012.01.06 『挑戦、

  •  0
  •  0

758: 茂雪裡の奉安殿

釧路市内の奉安殿(※過去記事)で戴いたコメ

  •  0
  •  0

757: 工場夜景を撮りに…

室蘭、行ってきました。今年はほとんど何処

  •  0
  •  0

756: 本岐炭鉱跡とハナミズキロケ地

今年も残すところあと一週間くらいですかね

  •  0
  •  0

755: スカイプロムナードの夜景

名古屋遠征の最後は街の夜景で締めくくりま

  •  0
  •  0

754: 陸軍伊良湖試験場 ~ 伊良湖射場

最後は伊良湖試験場の中枢施設があったとさ

  •  0
  •  0

753: 陸軍伊良湖試験場 ~ 気象塔・電信所

気象塔兼観測塔キャベツ畑に囲まれた、のど

  •  0
  •  0

752: 陸軍伊良湖試験場 ~ 外浜観測所

当初、福江観測所から南下し小塩津観測所に

  •  0
  •  0

751: 陸軍伊良湖試験場 ~ 福江観測所

名古屋テレビ塔…オアシス21。と言うわけで

  •  2
  •  0

750: ずっと気になっていた~浦幌炭鉱 -2-

記憶が曖昧なので、隧道どこだっけ?という

  •  0
  •  0

748: ずっと気になっていた~浦幌炭鉱 -1-

stroll into の masaki.m 様 より開かずの

  •  0
  •  0

747: 三井美唄炭鉱

油断してたらまたスポンサー広告が表示され

  •  0
  •  0

746: 無機質! 茶内 酪農展望台

JR茶内駅から数キロ、厚床方面へ向かう国道

  •  2
  •  0

745: 炭鉱メモリアル森林公園

美唄と言えばやはりここ、炭鉱メモリアル森

  •  0
  •  0

744: 沼東小学校 - 3 -

つづき中央螺旋階段ではない普通の階段を降

  •  2
  •  0

743: 沼東小学校 - 2 -

つづき円筒校舎中心部の螺旋階段をのぼりま

  •  0
  •  0

742: 沼東小学校 - 1 -

ついに広告が表示されるくらい放置してしま

  •  0
  •  0

741: 羽幌炭鉱探索記 - 11

足掛け三ヶ月、気まぐれに羽幌本坑をレポー

  •  0
  •  0

740: 羽幌炭鉱探索記 - 10

引き続き羽幌本坑の選炭場事務所。残りの部

  •  0
  •  0

739: 羽幌炭鉱探索記 - 9

これは…用途不明の小部屋です。火気取扱責

  •  0
  •  0

738: 羽幌炭鉱探索記 - 8

気がつけばまた10日も更新してませんでした

  •  0
  •  0

737: 羽幌炭鉱探索記 - 7

まだ見てない場所を探して歩き回っています

  •  2
  •  0

736: 羽幌炭鉱探索記 - 6

引き続き、立坑の事務所を徘徊しています。

  •  0
  •  0

735: 羽幌炭鉱探索記 - 5

最大の難関と思われる立坑タワーの探索を終

  •  0
  •  0

734: 羽幌炭鉱探索記 - 4

「5.5階」という表現はどうかわかりません

  •  0
  •  0

733: 羽幌炭鉱探索記 - 3

途中のフロアはだいぶ端折りましたが、、、

  •  0
  •  0

732: 羽幌炭鉱探索記 - 2

立坑櫓へ到着歩いてる最中に雪が降りだして

  •  0
  •  0

731: 羽幌炭鉱探索記 - 1

羽幌本坑立坑櫓へ羽幌炭鉱には「羽幌本坑」

  •  0
  •  0

730: 昭和炭鉱 ~ 選炭場・浴場

選炭場高い位置からホッパー施設を撮ってみ

  •  0
  •  0

729: 昭和炭鉱 ~ 隧道マーケット - 2

すっかり不定期更新になっちまった当ブログ

  •  0
  •  0

728: 昭和炭鉱 ~ 隧道マーケット - 1

隧道マーケット道内の炭鉱好きには有名どこ

  •  2
  •  0

727: 昭和炭鉱 ~ 炭住アパート

ついに、と言うかやっと、『留萌炭田』入り

  •  0
  •  0

726: 北炭幌内布引坑 - 3

動力室詳しいことはわかりませんが、500馬

  •  0
  •  0

725: 北炭幌内布引坑 - 2

斜坑その1よくわかりませんが、レールが遺

  •  2
  •  0

724: 北炭幌内布引坑 - 1

幌内炭鉱は1879(明治12)年に開発され1989(

  •  0
  •  0

723: 室蘭本線 栗山トンネル

1990(平成2)年に土砂で崩落、廃止された栗

  •  0
  •  0

722: 【士幌線】秋のアーチ橋と星空

上士幌町を走る国道273に並行して見られる

  •  0
  •  0

721: 広尾・大樹のトーチカ

広尾町と大樹町の海岸沿いに遺るトーチカの

  •  2
  •  0

720: 草原のタウシュベツ

2年ぶり、旧国鉄士幌線旧線のタウシュベツ

  •  0
  •  0

719: 【広尾線】愛国と幸福

国鉄広尾線愛国駅、及び、幸福駅。1970年代

  •  0
  •  0

718: 夏の岩保木水門

年に一回は遊びに来ている岩保木(いわぼっ

  •  2
  •  0

717: 雄別の自然~シュンクシタカラ湖と雄別炭鉱町跡

最近、本業(廃物件探索業)のほうはぼちぼち

  •  2
  •  0

716: 【奥行臼】駅と停留所と

旧国鉄標津線支線 奥行臼駅。ここは多分4

  •  2
  •  0

715: 忘れられた煉瓦倉庫

小高い丘の上にポツンと遺る煉瓦の建物。小

  •  0
  •  0

714: 北炭夕張炭鉱『北上坑』

夕張石炭の歴史村~北側駐車場付近にある、

  •  2
  •  0

713: 北炭夕張炭鉱 『大新坑』 - 2

夕張大新坑、立坑の巻上機室。。。これは萌

  •  0
  •  0

712: 北炭夕張炭鉱 『大新坑』 - 1

夕張炭鉱 大新坑。回りこんでみるとわかる

  •  0
  •  0

711: 北炭平和炭鉱 『未選壜投入施設』 - 3

水平ベルトの坑口ベルト斜坑までベルトコン

  •  0
  •  0

710: 北炭平和炭鉱 『未選壜投入施設』 - 2

この施設最上部へは階段で繋がっている。北

  •  0
  •  0

709: 北炭平和炭鉱 『未選壜投入施設』 - 1

未選壜投入施設…を見上げる。この写真では

  •  2
  •  0

708: 北炭平和炭鉱 『坑口』 - 2

一区ベルト斜坑坑口の前には水が溜まってい

  •  0
  •  0

707: 北炭平和炭鉱 『坑口』 - 1

夕張へ行くとたまにトイレで利用していた平

  •  0
  •  0

706: 尺別炭鉱 選炭場付近

炭山駅周辺まで戻ってきた。お馴染みの要塞

  •  0
  •  0

705: 尺別炭鉱 転車台?発見

尺別炭鉱跡にて。トイレから尺別炭山駅方向

  •  0
  •  0

704: 尺別炭鉱 トイレ発見

尺別炭鉱跡にて。尺浦隧道発見という目的を

  •  0
  •  0

703: 尺別炭鉱 やっと見つけた尺浦隧道

尺別炭鉱跡にて、尺浦隧道を発見。浦幌側坑

  •  0
  •  0

702: 尺別炭鉱 尺浦隧道を探して

尺別炭鉱の火薬庫から炭山駅・選炭場に向か

  •  0
  •  0

701: 尺別炭鉱 火薬庫

釧路炭田の尺別炭鉱、火薬庫。道路からは見

  •  2
  •  0

700: 尺別炭鉱 蔦だらけ炭住アパート

尺別炭鉱の炭鉱住宅アパート植物が侵食。

  •  0
  •  0

699: 尺別炭鉱 白い炭住アパート

尺別炭鉱の炭鉱住宅アパート

  •  0
  •  0

698: 尺別炭鉱 炭住アパートの階段

尺別炭鉱の炭鉱住宅アパート『ごみ』『灰』

  •  0
  •  0

697: 尺別炭鉱 茶色い炭住アパート

モルタルの剥がれかけたレンガ積み炭鉱住宅

  •  0
  •  0

696: 尺別炭鉱 並ぶ炭住アパート

尺別炭鉱かつての炭鉱街に遺る、炭鉱住宅。

  •  0
  •  0

695: 尺別駅の転車台

根室本線 直別-音別間にある駅、尺別。か

  •  2
  •  0

694: 上厚内駅探訪(2015夏)

十勝郡浦幌町、根室本線 上厚内駅。明治43

  •  3
  •  0

693: 古瀬駅にて2015

根室本線 音別-白糠間の秘境駅、古瀬。特

  •  0
  •  0

692: りくべつ鉄道体験乗車

道の駅「オーロラタウン93りくべつ」併設の

  •  0
  •  0

691: 庶路炭鉱 氷柱だらけの隧道

途中で崩落し、ひび割れもある危険な隧道…

  •  0
  •  0

690: 庶路炭鉱 隧道に入り込む外の光

眩しい光…

  •  0
  •  0

689: 庶路炭鉱 氷の世界

ここまでくると『氷のお化け』と表現したほ

  •  0
  •  0

688: 庶路炭鉱 隧道のニョロニョロ

この隧道、冬になると『ニョロニョロ』が集

  •  2
  •  0

687: 庶路炭鉱 専用線隧道

冬の炭鉱運炭専用線隧道。。。氷の世界だ。

  •  0
  •  0

686: 庶路炭鉱 変電所

心霊系落書きの建物。というかこれは某炭鉱

  •  0
  •  0

685: 庶路炭鉱 謎の遺構

冬晴れの好天に恵まれまして。

  •  0
  •  0

684: 庶路炭鉱 立坑??

立坑があった場所、とは聞いたものの往時は

  •  0
  •  0

683: 庶路炭鉱 開放厳禁

『開放厳禁』最後の人…は必…らず…締…よ?

  •  0
  •  0

682: 庶路炭鉱 ガス抜き?

  •  0
  •  0

681: 庶路炭鉱 素敵な字体

素敵な字体を発見。

  •  0
  •  0

680: 庶路炭鉱 旧道?廃線跡?のアーチ橋

アーチ橋。手前には水道管が氷柱をつくる。

  •  0
  •  0

679: 庶路炭鉱 カマボコ型の遺構

選炭施設群の探索を終えた帰り道、謎のカマ

  •  2
  •  0

678: 庶路炭鉱 古いコンクリートの遺構

  •  0
  •  0

677: 庶路炭鉱 傾いたポケット

脚を失って傾いている原炭ポケット。下部が

  •  0
  •  0

676: 庶路炭鉱 遺構に登る

地面が下がってしまったのか、もしくは隣接

  •  0
  •  0

675: 庶路炭鉱 落ちると危険…

  •  0
  •  0

674: 庶路炭鉱 トタンが遺る

  •  0
  •  0

673: 庶路炭鉱 木が…

  •  0
  •  0

672: 庶路炭鉱 傾いたポケットの側面

  •  0
  •  0

671: 庶路炭鉱 植物はどこにでも

  •  0
  •  0

670: 庶路炭鉱 氷と遺構

  •  0
  •  0

669: 庶路炭鉱 ホッパーを見上げると

見上げると…崩れそう

  •  0
  •  0

668: 庶路炭鉱 ホッパーの内部

ホッパー内部

  •  0
  •  0

667: 庶路炭鉱 ホッパーの上部に木が…

頭上注意!

  •  0
  •  0

666: 庶路炭鉱 煤けたホッパー

ホッパー内には黒々とした、煤煙? 石炭そ

  •  2
  •  0

663: 庶路炭鉱 冬の選炭場

何度か来ているのでどの辺りに穴があいてる

  •  0
  •  0

665: 国鉄白糠線 真加代川橋梁

白糠線の廃線跡に遺るコンクリート橋梁、『

  •  0
  •  0

664: 雄鶴駅 ~ 冬

冬の雄鶴駅へ。炭鉱と鉄道の資料館である『

  •  0
  •  0

662: 庶路炭鉱 選炭場に続く足跡は?

いよいよ遺構が集中する場所へ。先客の足跡

  •  0
  •  0

661: 庶路炭鉱 素敵な坑口

今回から冬編に突入。初めてここの炭鉱跡に

  •  0
  •  0

660: 庶路炭鉱 小さなアーチ橋

帰り際、アーチ橋を見つけたので下に降りて

  •  0
  •  0

659: 庶路炭鉱 危険な油倉庫内部

心なしか壁が歪んで見える。もうここに入る

  •  2
  •  0

658: 庶路炭鉱 崩落寸前の油倉庫

隙間だらけのコンクリートブロック。亀裂も

  •  0
  •  0

657: 庶路炭鉱 油倉庫に忘れられたタイヤ

油倉庫で忘れられた、タイヤ。

  •  0
  •  0

656: 庶路炭鉱 油倉庫の一斗缶

油倉庫に遺された、一斗缶。

  •  0
  •  0

655: 庶路炭鉱 廃倉庫

油倉庫、もう一つの部屋。こちらも屋根はボ

  •  0
  •  0

654: 庶路炭鉱 床も屋根も傷む倉庫

『油』倉庫…ってことは、よくわからんけど

  •  0
  •  0

653: 庶路炭鉱 油倉庫

『油倉庫』と書いてある建物。

  •  0
  •  0

652: 庶路炭鉱 ポツンと遺る倉庫

広い場所にポツンと遺る建物。

  •  0
  •  0

651: 庶路炭鉱 遠くから見えた時は坑口かと思った

地下への入り口…ではないな。

  •  0
  •  0

650: 庶路炭鉱 川に何かが

川の対岸に見えるのは…何だろうか?

  •  0
  •  0

649: 庶路炭鉱 素敵なホッパー内部

脚部の横柱の高さ、形状も違うようだ。役割

  •  0
  •  0

648: 庶路炭鉱 細粉?

良く見ると、『細粉』の文字が書かれている

  •  0
  •  0

647: 庶路炭鉱 シューターを見上げる

シューターの穴より、貯炭部分の様子を覗っ

  •  0
  •  0

646: 庶路炭鉱 シューターの氷柱

シューターの口からは、涎のように氷柱がの

  •  0
  •  0

645: 庶路炭鉱 素敵なホッパー

ホッパ内。当日は秋晴れ、明暗差が凄い。

  •  0
  •  0

644: 庶路炭鉱 ホッパ脚部

石炭積み込みホッパ。の脚元。

  •  0
  •  0

643: 庶路炭鉱 秋の選炭場

小さな遺構がポツポツと密集しているのがこ

  •  0
  •  0

642: 庶路炭鉱 トタンだらけの選炭場

道東の炭鉱跡において、落ちているトタンの

  •  0
  •  0

641: 庶路炭鉱 遺構の窓から

遺構の窓(?)から遺構を見る。もしも往時を

  •  0
  •  0

640: 庶路炭鉱 コンクリとトタンと

コンクリートに貼り重ねたトタンが印象的。

  •  0
  •  0

639: 庶路炭鉱 ずっと傾いているポケット

倒れそうでも倒れることなく何年も、もしか

  •  0
  •  0

638: 庶路炭鉱 脚が無いポケット

石炭ポケットだと思われるが、支える脚が何

  •  0
  •  0

637: 庶路炭鉱 二階建ての遺構

これも何の設備だったのか…二階になってい

  •  0
  •  0

636: 庶路炭鉱 古そうなコンクリ

ボロボロコンクリート建造物の向こうに、脚

  •  0
  •  0

635: 庶路炭鉱 風化する遺構

何の設備かは不明。ただ、この建造物だけ風

  •  0
  •  0

634: 庶路炭鉱 秋晴れ

ホッパより上には多数の炭鉱遺産。道東の炭

  •  0
  •  0

633: 庶路炭鉱 ホッパを見下ろす

高い位置から見おろす巨大ホッパ。ちなみに

  •  0
  •  0

632: 庶路炭鉱 巨大積込ホッパ

巨大な石炭ホッパが見事に遺る。

  •  0
  •  0

631: 庶路炭鉱 繰込所??

ここから立坑に入坑していた?繰り込み所み

  •  0
  •  0

630: 庶路炭鉱 ガス抜き管かな?

水抜きなのかガス抜きなのか、生きているの

  •  0
  •  0

629: 庶路炭鉱 巨大扇風機の建物

巨大な扇風機が設置されていたという建物下

  •  0
  •  0

628: 庶路炭鉱 秋の専用線隧道

崩落地点より入り口の方向を眺める。

  •  0
  •  0

627: 庶路炭鉱 久しぶりに霜を踏むw

坑口から数メートルで崩落している。地面は

  •  0
  •  0

626: 庶路炭鉱 ひび割れ隧道

運炭軌道トンネルの入り口に、短いものでは

  •  0
  •  0

625: 庶路炭鉱 運炭軌道跡

運炭軌道のトンネル入り口。このトンネル、

  •  0
  •  0

624: 関東遠征戦跡巡り - 立川工場変電所

玉川上水駅前にある、大和空軍基地の石碑。

  •  4
  •  0

623: 関東遠征戦跡巡り - さらば!猿島

最後は「展望台広場」を目指す。午前中は観

  •  2
  •  0

622: 関東遠征戦跡巡り - 猿島の台場跡

砲座跡へと向かう途中だったかな?木・岩・

  •  0
  •  0

621: 関東遠征戦跡巡り - 猿島の弾薬庫を堪能

いよいよレンガのトンネルへ。緑色の壁は、

  •  2
  •  0

620: 関東遠征戦跡巡り - ついに!猿島上陸

『猿島』軍事施設としての利用は、1847(弘

  •  0
  •  0

619: いざ!猿島

京急本線浦賀駅です。観音崎に後ろ髪を引か

  •  4
  •  0

618: 関東遠征戦跡巡り - 観音崎の第一砲台

第一砲台に到着これもまた他の砲台とは違う

  •  0
  •  0

617: 関東遠征戦跡巡り - 観音崎で、ぬこと出会う

午後からの猿島渡航まで時間が無くなってき

  •  2
  •  0

616: 関東遠征戦跡巡り - 観音崎のトーチカ

午後から猿島行きを予定していたため時間が

  •  4
  •  0

615: 関東遠征戦跡巡り - 観音崎の第二砲台を探して歩き回る

第二砲台を目指して歩き回ってみる。手元の

  •  0
  •  0

614: 関東遠征戦跡巡り - 観音崎の三軒家砲台

三軒家砲台跡壁面が迷彩塗装されているよう

  •  0
  •  0

613: 関東遠征戦跡巡り - 観音崎で女郎蜘蛛にビビるw

10月某日 朝08:06京急 横須賀中央駅 東口

  •  4
  •  0

612: 川崎工場夜景2014 - 05 -

本日の工場夜景1.2.3.また来年、行ければ良

  •  0
  •  0

610: 素敵過ぎる廃橋 ~ 上桂橋

小巻沢林道橋の興奮冷めやらぬうち、次に訪

  •  2
  •  0

611: 川崎工場夜景2014 - 04 -

本日の工場夜景1.2.

  •  2
  •  0

609: 小巻沢林道橋 2

なんとなく行ってみることになった、小巻沢

  •  0
  •  0

608: 小巻沢林道橋 1

なんとなくいつもの友人に連れられてやって

  •  0
  •  0

607: そらちArt Project 2014 - 04

アートプロジェクト2014 夕張清水沢会場の

  •  0
  •  0

606: 川崎工場夜景2014 - 03 -

ん~まさにこういう感じで工場写真を撮って

  •  6
  •  0

605: そらちArt Project 2014 - 03

アートプロジェクト2014夕張清水沢会場。最

  •  0
  •  0

604: そらちArt Project 2014 - 02

北炭清水沢発電所2F天井の様子窓が並ぶトマ

  •  0
  •  0

603: そらちArt Project 2014 - 01

2014年8月~10月まで開催していた、そらち

  •  0
  •  0

602: 川崎工場夜景2014 - 02 -

同じ場所で撮って、撮って…少し移動してま

  •  2
  •  0

601: 駅名標が並ぶ鉄道公園

JR標津線(平成4年廃止)西春別駅跡地にある

  •  0
  •  0

600: 川崎工場夜景2014 - 01 -

一年ぶりに川崎の工場夜景を撮ることが出来

  •  0
  •  0

599: 小麦畑の巨大鮭

中標津町当幌、道道沿いの牧草地に生える鮭

  •  6
  •  0

598: 奥行臼停留所

別海村営簡易軌道風連線 奥行臼停留所跡地

  •  2
  •  0

597: 標津線奥行臼駅

久しぶりに奥行臼駅へ行ってきました。奥行

  •  0
  •  0

596: 海底ケーブル陸揚施設(根室)

根室市西浜町ハッタリ海岸に位置する『根室

  •  2
  •  0

595: 北見(伊奈牛)鉱山 6

北見鉱山、最後はズリ山と坑口です。選鉱場

  •  2
  •  0

594: 北見(伊奈牛)鉱山 5

選鉱場の最上段までもうすぐ、というところ

  •  0
  •  0

593: 北見(伊奈牛)鉱山 4

選鉱場の土台を眺めながらのちょっとした登

  •  2
  •  0

592: 北見(伊奈牛)鉱山 3

選鉱場の上段に登るにつれ、様々な形の遺構

  •  4
  •  0

591: 北見(伊奈牛)鉱山 2

鉱石による着色でしょうか、コンクリートが

  •  0
  •  0

590: 北見(伊奈牛)鉱山 1

北旅人 - Photolog - さん と行くオホーツ

  •  2
  •  0

589: 中湧別駅跡

ホームと木造の跨線橋やレールが、開業当時

  •  4
  •  0

588: 初夏の北隆鉱山3

柱のトンネルのような感じで遺っている、何

  •  2
  •  0

587: 初夏の北隆鉱山2

ハチに襲われながら上の段を目指します。全

  •  0
  •  0

586: 初夏の北隆鉱山1

北海道紋別郡雄武町の発展に貢献した鉱山、

  •  2
  •  1

585: 雄武トンネル(未成)

国鉄興浜線(未成区間)のトンネルです。今回

  •  0
  •  0

584: オホーツクの巨大ズワイガニ

巨大オブジェ「ズワイガニの爪」道の駅「オ

  •  6
  •  0

583: 弥生炭鉱跡

『住友奔別炭鉱弥生坑坑口』として紹介され

  •  2
  •  0

582: 選炭施設 - 新三笠炭鉱7

新三笠炭鉱の選炭施設。現役稼働中の工場敷

  •  2
  •  0

581: 変電所跡 - 新三笠炭鉱6

変電所の遺構、内部。入り口機械などは何も

  •  0
  •  0

580: 変電所跡 - 新三笠炭鉱5

壁面に見える、等間隔に開いた穴。幌内の変

  •  0
  •  0

579: 変電所跡 - 新三笠炭鉱4

新三笠炭鉱の変電所跡に散らばる碍子。幌内

  •  0
  •  0

578: 新幌内? - 新三笠炭鉱3

以前の記事、火薬庫と思われる建物の更に奥

  •  0
  •  0

577: 斜坑坑口 - 新三笠炭鉱2

斜坑坑口(連卸)新三笠炭鉱 『連卸(つれお

  •  0
  •  0

576: 煉瓦の遺構 - 新三笠炭鉱1

昭和48年閉山の北炭新三笠炭鉱。多数の遺構

  •  0
  •  0

575: 朝日炭鉱跡

朝日駅の北側にある、朝日炭鉱選炭場の遺構

  •  2
  •  0

574: 桜咲く駅跡にて

旧国鉄万字線の朝日駅。万字線は万字炭山が

  •  0
  •  0

573: 万字炭山森林公園 - 5

正面に見えるのは、先ほど見た巻き上げの建

  •  0
  •  0

572: 万字炭山森林公園 - 4

万字炭山駅から見えていた遺構、ホッパー積

  •  0
  •  0

571: 万字炭山森林公園 - 3

旧国鉄万字線の終着駅、万字炭山駅跡。万字

  •  4
  •  0

570: 万字炭山森林公園 - 2

前回に引き続き、巻き上げの建物です。建物

  •  0
  •  0

569: 万字炭山森林公園 - 1

北炭万字炭鉱(昭和51年閉山)の巻上げ室。岩

  •  2
  •  0

568: 西庶路トーチカ?

2011年に発見されたというトーチカは、白糠

  •  2
  •  0

567: 釧路市内の奉安殿

奉安殿(ほうあんでん)戦前戦中にかけ全国各

  •  7
  •  0

566: 恵庭森林鉄道6号橋 2

この建物は O字製紙 恵庭発電所取水堰管

  •  2
  •  0

565: 恵庭森林鉄道6号橋 1

  •  0
  •  0

564: 恵庭鉱山 火葬場

恵庭鉱山、鉱山街にあった煉瓦造りの火葬場

  •  2
  •  0

563: 恵庭鉱山探索 - 3

恵庭鉱山記念に撮ってもらいました(笑)こう

  •  6
  •  0

562: 恵庭鉱山探索 - 2

ここから最上段を目指して急な斜面を登って

  •  2
  •  0

561: 恵庭鉱山探索 - 1

鉱山探訪は二回目、前回の鴻之舞では精錬所

  •  2
  •  0

560: 帯広の森掩体壕群

『帯広の森』育成管理と利活用の拠点『はぐ

  •  2
  •  0

559: 夕暮れの信号場にて

JR北海道根室本線の常豊信号場。上厚内と浦

  •  0
  •  0

558: 清水沢ダムから見る発電所

北炭清水沢火力発電所。1941(昭和16)年に完

  •  0
  •  0

557: 夕張市南部青葉町の商店街

三弦橋を見に行く途中に通った町がなんだか

  •  2
  •  0

556: 意外に間近!三弦橋とダムカード

シューパロダム管理所から『日本最大の三弦

  •  4
  •  0

555: 廃病院 - 05 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

『螺旋回廊の雪景色』。今回の目的だ。お気

  •  2
  •  0

554: 廃病院 - 04 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

この病院の特徴と言えるかも知れない、螺旋

  •  0
  •  0

553: 廃病院 - 03 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

管理棟、炊事室。最初は手術室だと思ってい

  •  0
  •  0

552: 廃病院 - 02 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

正面玄関の様子。落書きを消した方に感謝。

  •  0
  •  0

551: 廃病院 - 01 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

雄別炭砿病院何度も来ている場所だが、雪が

  •  6
  •  0

550: 札幌JRタワー展望室 - 3/3

18:28 西サイド山の稜線が見えるのもこれ

  •  0
  •  0

549: 札幌JRタワー展望室 - 2/3

『圧倒的開放感を独り占め』の「眺望化粧室

  •  4
  •  0

548: 札幌JRタワー展望室 - 1/3

『JRタワー展望室 T38』「北都の夢が広が

  •  4
  •  0

547: 砿業所 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

雄別砿業所事務所の周辺。雪が積もる階段を

  •  0
  •  0

546: 神社 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

神社の石段を眺める。鳥居があったのはこの

  •  0
  •  0

545: 清華亭 - 外観編

1880(明治13)年、偕楽園の中に完成した清華

  •  0
  •  0

544: 清華亭 - 内部探索編

札幌市指定有形文化財『清華亭』札幌最初の

  •  0
  •  0

543: すすきの散歩

夜のすすきのと言えば『NORBESA(ノルベサ)

  •  2
  •  0

542: 協和会館(映画館) ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

健保会館から見えた遺構に近づく。協和会館

  •  2
  •  0

541: 健保会館 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

雄別炭山駅前、栄町から宮下町へ向かって歩

  •  0
  •  0

540: 幣舞公園から見た夜景

幣舞(ぬさまい)公園の展望デッキにて。ここ

  •  0
  •  0

539: 【標津線】廃線巡り4 ~ 保線小屋?

辺りが暗くなりはじめたので、急いで平糸駅

  •  0
  •  0

538: 【標津線】廃線巡り3 ~ 平糸駅

標津線廃線跡巡り、この日最後に訪れたのは

  •  0
  •  0

537: 【標津線】廃線巡り2 ~ 上春別駅

続いては標津線上春別駅。野付郡別海町本別

  •  0
  •  0

535: 【標津線】廃線巡り1 ~ 光進駅

1989(平成元)年に廃線となった標津線は、標

  •  4
  •  0

529: 購買部 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

昭和36年に設立された雄別商事の購買の建物

  •  0
  •  0

528: 職員倶楽部 ~ 冬の雄別、炭鉱町跡

今年も見に来てしまった、雄別に残る木造の

  •  0
  •  0

536: 鴨々川とグリーン車

札幌市営地下鉄南北線「幌平橋駅」周辺にあ

  •  4
  •  0

531: 上茶路駅 (国有鉄道白糠線)

白糠線はもともと石炭と森林資源の開発のた

  •  2
  •  0

530: シュンクシタカラ湖の霧

神秘の湖 シュンクシタカラ湖 ( Wiki はコ

  •  2
  •  0

534: 史跡、奥行臼駅逓所の内部

国指定史跡『奥行臼駅逓所』の内部見学が出

  •  0
  •  0

533: 雄別炭鉱病院 ~ 心霊スポット?

雄別炭砿病院の回り斜廊、螺旋のスロープ。

  •  10
  •  0

532: 釧路市冬のイルミネーション

幣舞橋のたもと、ぬさまい河畔広場の一角に

  •  2
  •  0

527: 雪の降る日の本岐炭鉱 その6

丘の上から見下ろすと坑口が真っ直ぐこちら

  •  0
  •  0

526: 雪の降る日の本岐炭鉱 その5

本岐炭鉱の資料が手元に無いのではっきりと

  •  2
  •  0

525: 雪の降る日の本岐炭鉱 その4

複雑な柱。水力採炭方式を採用してたのでこ

  •  3
  •  0

524: 雪の降る日の本岐炭鉱 その3

ポケットの内部。googleマップの航空写真で

  •  0
  •  0

523: 雪の降る日の本岐炭鉱 その2

転車台なのか?シックナーなのか?同行の師

  •  0
  •  0

522: 雪の降る日の本岐炭鉱 その1

At the place - その場所で - ひこ さんと

  •  0
  •  1

521: 釧路町の秘境、冬窓床の索道跡2

斜面を登り、楽しみにとっておいた『ゴンド

  •  0
  •  0

520: 釧路町の秘境、冬窓床の索道跡1

釧路町冬窓床。秘境と言って良いのかわから

  •  0
  •  0

519: 廃校を利用した公民館 ~ 跡永賀小学校(釧路町)

今も残ると聞く跡永賀炭鉱跡。を探しに、聞

  •  4
  •  0

518: 八千代炭鉱(上尾幌) 小さな遺構編

上尾幌 八千代炭礦(?)跡やはりここには、

  •  0
  •  0

517: 八千代炭鉱(上尾幌) ズリ山編

上尾幌 八千代炭礦(?)跡今回もマイナーな

  •  0
  •  0

516: 釧路市の民家一体型特火点(トーチカ)

新富士トーチカ釧路市新富士町、民家と一体

  •  2
  •  0

515: 撤退 ~ 阿寒川トーチカ(釧路市)

多分、このトーチカ上部を背伸びして写真に

  •  0
  •  0

514: 観察 ~ 阿寒川トーチカ(釧路市)

カラスを気にしつつ、正面に回って観察する

  •  2
  •  0

513: 接近 ~ 阿寒川トーチカ(釧路市)

釧路市大楽毛、阿寒川の河川敷にあるトーチ

  •  2
  •  0

512: 孤独に負けない!尺別炭鉱探索 その6

再訪を誓い、後ろ髪を引かれる思いでその場

  •  6
  •  0

511: 孤独に負けない!尺別炭鉱探索 その5

選炭機の向こう側へ行けそうな道を登ったと

  •  0
  •  0

510: 孤独に負けない!尺別炭鉱探索 その4

滑り落ちないよう気をつけながら降りる。こ

  •  0
  •  0

509: 孤独に負けない!尺別炭鉱探索 その3

何だか良くわからないけどカッコイイ遺構を

  •  2
  •  0

508: 孤独に負けない!尺別炭鉱探索 その2

山の斜面一杯に設置された、要塞とも言われ

  •  0
  •  0

507: 孤独に負けない!尺別炭鉱探索 その1

尺別炭砿跡地へ向かう道路の近くにあった、

  •  3
  •  0

505: 国鉄白糠線 第7茶路川橋梁

観渓橋から見る白糠線の橋梁。この橋を辿っ

  •  0
  •  0

506: 国鉄白糠線 蓮花沢橋梁

国道392号沿いにある白糠線の遺構、蓮花沢

  •  0
  •  0

504: 壁だけじゃなかった上尾幌の選炭場

厚岸町上尾幌に今も残る、選炭場跡。前回は

  •  2
  •  0

503: 釧路市内の戦争遺跡~ヤマ(炭鉱)の語り部を訪ねて珈琲坂へ

前々回記事 これは本当にトーチカだろうか

  •  4
  •  0

502: 釧路町 別保炭鉱の選炭場

釧路郡釧路町にある別保炭砿の選炭場。北海

  •  0
  •  0

501: これは本当にトーチカだろうか?

トーチカ太平洋戦争末期、米軍の上陸作戦に

  •  6
  •  0

500: 雄別炭鉱 大曲・大祥内探索 - 5

堤沢総排気群の坑口を探索中、一台の車が通

  •  0
  •  0

499: 雄別炭鉱 大曲・大祥内探索 - 4

今回の目的地、堤沢総排気群まで来ましたが

  •  2
  •  0

498: 雄別炭鉱 大曲・大祥内探索 - 3

貯水槽の辺りには大曲の選炭場があったよう

  •  0
  •  0

497: 雄別炭鉱 大曲・大祥内探索 - 2

大曲の水道施設に向かう途中、カーブの勾配

  •  2
  •  0

496: 雄別炭鉱 大曲・大祥内探索 - 1

大曲・大祥内(オショナイ)方面には、雄別炭

  •  0
  •  0

495: 霧の林道の風景

北太平洋シーサイドライン、道道142号から

  •  0
  •  0

494: 道東道のサービスエリア

高速道路 道東自動車道にある『十勝平原SA

  •  0
  •  0

493: 美幌峠の風景

美幌峠展望台にて。こうして見ると、日本最

  •  0
  •  0

492: 日本一なが~い林道の風景

日本一なが~いと書いてある道東林道。浦幌

  •  0
  •  0

491: 雄別炭鉱 探索 - 変電所

選炭場のあった大曲地区に来ました。これは

  •  2
  •  0

490: 雄別炭鉱 探索 - 小学校跡~眼鏡橋

雄別小学校のあった(と思われる)辺りに来ま

  •  2
  •  0

489: 雄別炭鉱 探索 - 選炭場付近

これまで何度かお邪魔している雄別地区です

  •  0
  •  0

488: 釧路市内 トーチカのある売地

釧路市内にある、大楽毛南トーチカ。このト

  •  6
  •  0

487: 川崎の工場夜景探訪 - 3

川崎の工場夜景、最後に見たこの白い光の工

  •  0
  •  0

486: 川崎の工場夜景探訪 - 2

ここに初めて来てみて、全く臭わないことに

  •  0
  •  0

485: 川崎の工場夜景探訪 - 1

羽田空港からタクシーで浮島バスターミナル

  •  4
  •  0

484: 狩勝線 - 6.『狩勝ポッポの道起点』

官設鉄道十勝線(旧狩勝線)大カーブ。急勾配

  •  0
  •  0

483: 狩勝線 - 5.『新内隧道』

新内隧道の落合側。954メートルの狩勝隧道

  •  0
  •  0

482: 狩勝線 - 4.『狩勝隧道(新得側)とハエタタキ』

狩勝隧道の新得側。覗き込むとトンネル内で

  •  2
  •  0

480: 狩勝線 - 3.『狩勝隧道(落合側)』

落合駅-狩勝信号場-狩勝隧道-新内隧道-

  •  2
  •  0

479: 狩勝線 - 2.『狩勝信号場』

狩勝信号場蒸気機関車への給水給炭施設とし

  •  0
  •  0

478: 狩勝線 - 1.『落合駅~狩勝信号場』

旧狩勝線1966(昭和41)年、根室本線の落合-

  •  2
  •  0

475: 根室本線落合駅

これまでなんとなく記事にしてきた『北海道

  •  2
  •  1

476: 不覚!病み上がりなう

すっかりご無沙汰してました!病み上がり…

  •  4
  •  0

474: ずっと憧れていた工場の夜景

工場と線路。一番見たいと思っていた、川崎

  •  4
  •  0

473: 塘路駅逓所

塘路駅逓所駅逓所と郵便とは関わりが深いか

  •  0
  •  0

472: 標茶町発祥之地とその周辺

北海道川上郡標茶町にある塘路湖のほとりに

  •  2
  •  0

471: 上尾幌炭鉱群を訪ねて

上尾幌炭鉱群1917(大正6)年、官設鉄道の釧

  •  0
  •  0

470: 道の駅 摩周温泉

欧羅巴民藝館(ヨーロッパ民芸館)を改装した

  •  0
  •  0

469: 湧網線という路線がありました

湧網線中湧別駅(紋別郡湧別町)~網走駅(網

  •  2
  •  0

468: 女満別の掩体壕

海軍第二美幌航空基地・終戦の直前、当時の

  •  0
  •  0

467: 朽ちて行く機関庫

カメラが変わったのでまた来て見たいと思っ

  •  0
  •  0

466: 湿原に埋もれる廃車両

釧網本線の細岡駅…は改修中だったので、付

  •  0
  •  0

465: 山の水族館

海に水族館があるのは当たり前、山には淡水

  •  0
  •  0

464: 緑のホーム、標津線平糸駅にて

1989(平成元)年に廃止された標津線。(標茶

  •  6
  •  0

463: 釧路湿原の秘境駅

釧路湿原駅1988(昭和63)年7月23日、細岡展

  •  0
  •  0

462: 緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 4

手元の資料には『水洗機跡』となっている遺

  •  0
  •  0

461: 緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 3

幌内炭鉱常盤坑看板によると、常盤坑の開坑

  •  2
  •  0

459: 緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 2

幌内炭鉱景観公園北海道で最初の近代炭鉱と

  •  0
  •  0

458: 緑に包まれる幌内炭鉱の遺構群 - 1

幌内炭鉱景観公園この自然公園は、110年の

  •  0
  •  0

457: ルパン三世スポット - 茶内駅

先日開催された『ルパン三世フェスティバル

  •  0
  •  0

456: ルパン三世スポット - 浜中駅

次元・五エ門が待っている浜中駅。駅舎は新

  •  0
  •  0

455: ルパン三世スポット - 姉別駅

2011年、北海道厚岸郡浜中町で始まった町お

  •  0
  •  0

454: 幌内炭鉱 手水舎崩れる

先日の幌内神社の現況をレポート。昨年の奔

  •  0
  •  0

453: 北炭幌内変電所

北炭幌内変電所。建物前に咲くチューリップ

  •  4
  •  0

452: 幌内炭鉱 シックナー

幌内炭砿に遺るシックナー。選炭の工程で出

  •  0
  •  0

451: 幌内炭鉱布引坑 レンガの火薬庫

布引坑、レンガ造りの火薬庫。坑内で使用す

  •  2
  •  0

450: 幌内炭鉱布引坑 緑色の風洞空間

坑内の排気に使われていた風洞。風・繭の毛

  •  0
  •  0

449: 幌内炭鉱布引坑 立坑巻上げ室、その周辺

木々に包まれる巻上げ室。この建物の向こう

  •  0
  •  0

448: 阿歴内の夕日とクルマ

北海道川上郡標茶町阿歴内、農場の夕景。

  •  4
  •  1

447: 栗山トンネルでアーチに囲まれる

栗山トンネル。1990(平成2)年、土砂崩れに

  •  2
  •  0

446: 幌内炭鉱布引坑 - 6

巻上室の外へ。薄暗い建物内部に居たためか

  •  2
  •  0

445: 幌内炭鉱布引坑 - 5

注意の文字往時の文字なのか単なる落書きな

  •  4
  •  0

444: 幌内炭鉱布引坑 - 4

布引立坑櫓の巻上室、内部。★Special Thank

  •  2
  •  0

443: 幌内炭鉱布引坑 - 3

北炭幌内炭砿布引坑、巻上室。緑に包まれる

  •  0
  •  0

442: 幌内炭鉱布引坑 - 2

ここは立坑の繰込所で、人車トロッコと立坑

  •  0
  •  0

441: 幌内炭鉱布引坑 - 1

幌内炭砿布引坑、立坑櫓の巻揚室に隣接して

  •  0
  •  0

440: 幌内炭鉱布引坑 - 0

自転車で布引坑へ行ってきました。実は納車

  •  2
  •  0

439: クロフォード公園

クロフォード公園の跨線橋ジョセフ・ユリー

  •  0
  •  0

438: 南大夕張駅

駅跡に保存されている車両を見学。内部には

  •  4
  •  0

437: 忠類駅跡

旧国鉄広尾線忠類駅。1930(昭和5)年、帯広

  •  2
  •  0

436: 国鉄士幌線~第三音更川橋梁

春先の様子このアーチ橋が一番好きかも。大

  •  0
  •  0

435: 国鉄士幌線~濡れコンクリ。それ魅力!

第四音更川橋梁。ここのところ出掛けるたび

  •  0
  •  0

434: 国鉄士幌線~悲しき雨男…

第二音更川陸橋梁。雨が降り出しそうな天候

  •  0
  •  0

433: 国鉄士幌線~永久凍土を貫くトンネル

旧国鉄士幌線音更トンネル1937(昭和12)年の

  •  9
  •  0

432: 国鉄士幌線、旧線探索

タウシュベツ川橋梁の帰り道。「普通に林道

  •  2
  •  0

430: 国鉄士幌線~タウシュベツ川橋梁 - 3

今年で見納めと言われたタウシュベツ川橋梁

  •  0
  •  0

429: 国鉄士幌線~タウシュベツ川橋梁 - 2

発電用人造ダム湖である糠平ダム湖底へ。湖

  •  5
  •  0

428: 国鉄士幌線~タウシュベツ川橋梁 - 1

士幌線旧線の跡を辿り、タウシュベツ川橋梁

  •  0
  •  0

431: (独り言) HONDA FIT HYBRID RS

どうも、ご無沙汰です。なんとなく更新が途

  •  2
  •  0

427: 国鉄士幌線~タウシュベツ川橋梁 ~ 反省編

旧国鉄士幌線の旧線、上士幌町の糠平湖に遺

  •  7
  •  0

426: ふるさと銀河線~跨線橋が語る歴史

ふるさと銀河線 本別駅跡。駅舎は残ってお

  •  0
  •  0

425: (独り言) フィット ハイブリッド RS

お別れの朝巷ではAKB48の総選挙、世代交代

  •  10
  •  0

424: (独り言)もうすぐ納車

某駅跡にて撮影したものです。北海道の廃線

  •  0
  •  0

423: 国鉄白糠線 鍛高T

白糠線の遺構、鍛高T。銘版が残っている『

  •  0
  •  0

422: 開陽台にて

怪しい空模様に誘われて、オフシーズンの開

  •  2
  •  0

421: 未成線 越川橋梁 - 3 -

旧国鉄根北線の未成区間に遺る、第一幾品川

  •  0
  •  0

420: 未成線 越川橋梁 - 2 -

旧国鉄根北線の未成区間に遺る、第一幾品川

  •  0
  •  0

419: 未成線 越川橋梁 - 1 -

旧国鉄根北線の未成区間に遺る、第一幾品川

  •  6
  •  0

418: 忠類ナウマン象記念館 - 2 -

1969(昭和44)年、ここから東へ10km程離れた

  •  0
  •  0

417: 忠類ナウマン象記念館 - 1 -

ここには、ナウマン象を見に来たつもりでし

  •  2
  •  0

416: 釧路中央埠頭の倉庫

久しぶりに来た中央埠頭。開発が進んでいる

  •  2
  •  0

415: 釧路中央埠頭の夕景

JR新富士駅の夕景東西オイルターミナル群の

  •  2
  •  0

414: 尺別炭鉱 新尺別駅周辺 - 4

雪の中の給油所旧生活館と記念碑ずっと天気

  •  0
  •  0

413: 尺別炭鉱 新尺別駅周辺 - 3

新尺別駅の給水塔台座。これは機関車に給水

  •  2
  •  0

412: 尺別炭鉱 新尺別駅周辺 - 2

何度か訪れている尺別ですが、実はこの辺り

  •  0
  •  0

411: 尺別炭鉱 新尺別駅周辺 - 1

せっかくスノーシューを手に入れたんだから

  •  2
  •  0

410: 海岸にて不思議な歌を聴く…

これまで使用していたミラーレス『LUMIX DM

  •  2
  •  0

409: 真冬の雄別炭鉱探訪 - 4

さて再びスノーシューを装着して道道へ。し

  •  2
  •  0

408: 真冬の雄別炭鉱探訪 - 3

この建物も、年々崩壊が進んでいるようです

  •  0
  •  0

407: 真冬の雄別炭鉱探訪 - 2

今回は道道を更に進んだ場所にある選炭場を

  •  0
  •  0

406: 真冬の雄別炭鉱探訪 - 1

世間的にはもう既に春到来で、時期外れのレ

  •  0
  •  0

405: 布伏内の廃線跡と廃アパート

廃線跡と廃アパート

  •  2
  •  0

404: 散歩写真

新釧路川周辺を散歩。ちょっと暖かくなって

  •  0
  •  0

401: 雄別炭鉱職員倶楽部 小さな崩壊

天井のめくれ方も増している倒壊寸前の本館

  •  0
  •  0

400: 雄別炭鉱職員倶楽部 硝子、残ってます

このような状態ではもう無いだろうと思って

  •  0
  •  0

399: 雄別炭鉱職員倶楽部 形あるもの

雄別に残る歴史的な建物ですが、形あるもの

  •  2
  •  0

398: 雄別炭鉱職員倶楽部 見納めかどうかなんて

幻のタウシュベツ川橋梁が崩落してしまいそ

  •  4
  •  0

403: いつもの岩保木水門 - 2

水門の周りも凍っているためギリギリまで近

  •  0
  •  0

402: いつもの岩保木水門 - 1

冬の岩保木水門。着いた頃には丁度夕焼けで

  •  8
  •  0

397: 雄別鉄道廃線鉄橋めぐり

雄別鉄道の鉄橋、ベルツナイ川(沢)橋梁。(

  •  0
  •  0

395: 庶路炭鉱 ぼろぼろコンクリート

もう一つの見たかった遺構。何の設備だった

  •  2
  •  0

396: 庶路炭鉱 倒れてしまう前に

諸事情で後回しになってしまった、倒れかけ

  •  0
  •  0

393: 庶路炭鉱 トタンも残る炭砿跡

ホッパーの奥にあった遺構へ。『木』ばかり

  •  2
  •  0

392: 庶路炭鉱 ホッパーの向こう側

ホッパーの向こう側を見る。奥の方には数々

  •  0
  •  0

391: 庶路炭鉱 行き止まりの先にあった遺構

人里を離れ 廃道を進み 崖を下り川を渡り

  •  4
  •  0

390: 漁港の風景

漁船のエンジン音が遠ざかると、誰も居ない

  •  0
  •  0

389: 本岐炭鉱 私にとって、ゴミではない物

炭砿跡に残る祠はいたたまれない姿。雄別炭

  •  2
  •  0

388: 本岐炭鉱 坑口よりも

本岐炭礦跡。坑口よりも足元を中心に探索し

  •  0
  •  0

387: 秋の終わりに本岐炭鉱

本岐炭礦跡。季節は秋の終わり、時刻は午前

  •  0
  •  0

386: 本岐炭鉱 水力採炭

本岐炭礦跡。本岐炭礦が水力採炭方式での出

  •  0
  •  0

385: 本岐炭鉱 ズリ捨てポケット

本岐炭砿跡石炭トラック積み込み施設の奥に

  •  2
  •  0

384: 本岐炭鉱 ゴミ捨て場のような

本岐炭砿跡ずっとここが何の施設だったのか

  •  0
  •  0

383: 戦跡、牧の内飛行場と周辺の掩体壕

飛行場周辺にある掩体壕掩体壕内部離農した

  •  0
  •  0

382: 根室市の戦跡 地下壕の存在

根室市の軍事遺構、旧日本海軍の電波探知機

  •  6
  •  0

380: 別当賀川橋梁と初田牛駅

別当賀川橋梁通称は眼鏡橋。橋の完成は1919

  •  4
  •  0

381: 息子と岩保木水門へ

これまたちょっと古い写真なのですが、当ブ

  •  2
  •  0

379: 釧路駅周辺

またしても九年前の写真でございます。大阪

  •  6
  •  0

378: 釧路ステーションデパートの痕跡

かつて釧路駅にもデパ地下があった。ゲーム

  •  0
  •  0

377: 九年前の釧路駅にて、雄別鉄道の痕跡探し

九年前の釧路駅にて。向こう側のホームの更

  •  2
  •  0

376: 根室市の戦跡 友知トーチカ

根室市友知にある2基のトーチカ一方のトー

  •  2
  •  0

375: 根室市の戦跡 桂木トーチカ - 2

根室市のトーチカ草原の中に見えますが、位

  •  4
  •  0

374: 根室市の戦跡 桂木トーチカ - 1

-根室市のトーチカ群-大空と大地の中にト

  •  2
  •  0

373: 根室市の戦跡 東和田トーチカ

根室市のトーチカ。牧場の片隅にありました

  •  2
  •  0

372: 根室市落石無線局裏の住居跡

住居の基礎跡と多数の土管便槽の跡だろうか

  •  0
  •  0

371: 幌内炭鉱 公園の看板

数々の遺構が比較的安全に見学出来る公園、

  •  4
  •  0

370: 幌内炭鉱 幌内神社

自然災害で倒壊したのか、社殿などは残って

  •  4
  •  0

369: 北炭幾春別炭鉱 錦立坑 - 4

錦坑坑口レンガ造りの坑口は、立坑櫓の下に

  •  0
  •  0

368: 北炭幾春別炭鉱 錦立坑 - 3

巻上室の建物から数メートル離れた場所にあ

  •  0
  •  0

367: 釧路の夜

新富士町~大町の辺り、夜。当ブログで何度

  •  6
  •  0

366: 北炭幾春別炭鉱 錦立坑 - 2

滑車を動かす機械が設置されていた建物★Spe

  •  0
  •  0

364: 納沙布岬灯台

北海道灯台発祥の地。根室海上保安部主催の

  •  0
  •  0

365: 北炭幾春別炭鉱 錦立坑 - 1

1919(大正8)年建設の錦立坑櫓。現存してい

  •  0
  •  0

363: 根室市 唯一の国境線

樺太日露国境第二天測境界標。海に囲まれた

  •  0
  •  0

362: 根室市の戦跡 三里浜のトーチカ

根室市のトーチカ。何も無い砂浜に忽然と現

  •  1
  •  0

361: 幌内線唐松駅

1987年、幌内線の廃止に伴い廃駅となった唐

  •  2
  •  0

360: 奔別ArtProject - 4

奔別アートプロジェクト、最上部へと到達。

  •  0
  •  0

359: 奔別ArtProject - 3

アート作品「階段」公式サイトによると、出

  •  2
  •  0

358: 奔別ArtProject - 2

旧住友奔別炭鉱選炭施設、アートプロジェク

  •  2
  •  0

357: 奔別ArtProject - 1

奔別アートプロジェクトのメイン会場、ホッ

  •  4
  •  0

356: ぐるっと立坑櫓 - 住友奔別炭砿

「壊すの反対!」ではなく「残すの賛成!」

  •  4
  •  0

355: 中庶路郵便局跡

学校跡の道路向かいにある中庶路郵便局。昭

  •  2
  •  0

354: 中庶路の学校跡 - 3

体育館内部農機具格納庫として利用されてい

  •  4
  •  0

353: 中庶路の学校跡 - 2

道道沿いに見える廃校の体育館。体育館と校

  •  2
  •  0

352: LOVEくしろ イルミネーション2012

今年も撮って来ました、LOVEくしろイルミネ

  •  2
  •  0

351: 中庶路の学校跡 - 1

本岐炭礦跡の近く、中庶路にあった学校跡を

  •  12
  •  0

350: カメラを買いました

別に今使っているミラーレスが壊れたという

  •  8
  •  0

349: 根室本線 常豊信号場

根室本線にある常豊信号場。1966(昭和41)年

  •  4
  •  0

348: 転がるポケット(紅葉つき) - 庶路炭鉱

2012年はこれにて締めくくりたいと思います

  •  8
  •  0

346: 悪趣味な… - 庶路炭鉱

庶路炭砿にある変電所と言われる施設、部屋

  •  4
  •  0

345: 変電所の施設 - 庶路炭鉱

庶路炭砿、変電所の施設らしいです。幌内炭

  •  4
  •  0

344: 巨大扇風機2 - 庶路炭鉱

「でっかい扇風機があった。ここは立坑じゃ

  •  0
  •  0

343: 巨大扇風機1 - 庶路炭鉱

ここには「でっかい扇風機があった」とのこ

  •  1
  •  0

342: 繰込所 - 庶路炭鉱

繰込所立坑へはここから入っていったらしい

  •  0
  •  0

341: 立坑周辺 - 庶路炭鉱

立坑櫓とズリ山白糠石炭資料室展示写真より

  •  0
  •  0

340: 焼却炉? - 北炭幌内炭鉱 養老坑

変電所から少し入ったところにある、レンガ

  •  2
  •  0

339: 送電設備 - 北炭幌内炭鉱変電所

お皿のようにあるたくさんの碍子。そして鉄

  •  2
  •  0

338: 変電所周辺 - 北炭幌内炭鉱変電所

大正中期に建設されたというレンガ張りコン

  •  4
  •  0

347: 生まれた日

先ほどの様子です。お陰さまで母子ともに健

  •  18
  •  0

337: 私信

子供が産まれるまでネットから離れます三人

  •  12
  •  0

336: 北炭幌内炭鉱変電所

子供が産まれるまでネットから離れます三人

  •  2
  •  0

335: 立坑付近の建物 - 庶路炭鉱

炭礦跡にて、立坑付近にある建物。詰所のよ

  •  0
  •  0

334: 国鉄士幌線 アーチ橋を巡って - 2

三の沢橋梁。広めの駐車スペースがあり、橋

  •  0
  •  0

333: 国鉄士幌線 アーチ橋を巡って - 1

昭和62年廃止となった士幌線。廃線跡に残る

  •  2
  •  0

331: 鉄道員の駅

根室本線JR幾寅駅。映画『鉄道員(ぽっぽや

  •  2
  •  0

332: Pond of God's Child 神の子池

『神の子池』周囲220mほどの小さな池で、澄

  •  0
  •  0

329: 国鉄士幌線 士幌交通公園

士幌線士幌駅。公園にある士幌線の歴史を記

  •  2
  •  0

330: 国鉄標津線 奥行臼駅2

標津線奥行臼駅跡。二度目の訪問ですが、今

  •  4
  •  1

328: 幌内炭鉱 緑豊かな変電所

北炭幌内炭礦変電所。草木に覆われる姿は圧

  •  0
  •  0

327: 国鉄白糠線 廃線跡 - 4

作場道第2橋梁。作場道とは農道とか作業道

  •  0
  •  0

326: 国鉄白糠線 廃線跡 - 3

第13茶路川橋梁。白糠方面、橋を渡った向こ

  •  2
  •  0

325: 国鉄白糠線 廃線跡 - 2

国道と交差している第10茶路川橋梁。この辺

  •  2
  •  0

324: 国鉄白糠線 廃線跡 - 1

第10茶路川橋梁を歩く。

  •  2
  •  0

323: 鴻○舞プチ探索 - 5

○之舞プチ探索、最後は土砂降りの雨でした

  •  6
  •  0

322: 鴻○舞プチ探索 - 4

鴻紋軌道記念碑。『銀色の道』は1966年、私

  •  2
  •  0

321: 鴻○舞プチ探索 - 3

中学校の教員住宅のようですが、屋根も外壁

  •  0
  •  0

320: 鴻○舞プチ探索 - 2

道路沿いに見られる遺構ほぼ全てのものには

  •  4
  •  0

319: 鴻○舞プチ探索 - 1

○之舞は初の探訪でした。大煙突の姿が目に

  •  2
  •  0

318: あいおい鉄道公園 - 3

相生鉄道公園の保存車両(幅広雪掻車キ703

  •  0
  •  0

317: あいおい鉄道公園 - 2

旧機関庫の内部。看板に位置と名称は載って

  •  4
  •  0

316: あいおい鉄道公園 - 1

鴻○舞鉱山の遺構を見学に行く途中、偶然立

  •  0
  •  0

315: なんとなく釧路神社

国道391号沿いにある、釧路神社。皇紀2600

  •  0
  •  0

314: 展望台踏切

岩保木踏切の北西1kmほどにある、展望台踏

  •  2
  •  0

313: 仮監峠の廃バス

国道391号旧道にある仮監峠。遠矢から達古

  •  4
  •  0

312: 厳島神社(釧路市)

雄鉄線での腰痛再発から数週間後、多少の痛

  •  0
  •  0

311: 雄別鉄道跡 湿原の夢ロード - 3

雄別鉄道鶴野駅ホーム跡から約300m地点。こ

  •  2
  •  0

310: 雄別鉄道跡 湿原の夢ロード - 2

雄別鉄道に関しては、wikiで調べても駅の位

  •  2
  •  0

309: 雄別鉄道跡 湿原の夢ロード - 1

北海道道835号 釧路阿寒自転車道線。かつ

  •  2
  •  0

308: 廃村?三番沢

浜中町三番沢。かつて、明治35年開校・昭和

  •  2
  •  0

307: 落石岬灯台

北海道根室市落石西にある灯台。小雨降る霧

  •  4
  •  0

306: 廃墟って

某炭礦跡を探して人里離れた林道を徘徊中に

  •  3
  •  0

305: 岩保木水門の廃橋

岩保木水門。初めて訪れたのはもう十年も前

  •  2
  •  0

304: 落石無線電信局 - 3

内部開放の様子ですが、あまり落ち着いて撮

  •  2
  •  0

303: 落石無線電信局 - 2

落石無線局内部初日ということでイベントの

  •  2
  •  0

302: 厚岸町国泰寺

1802(享和2)年から1804(文化元)年にかけ、

  •  0
  •  0

300: 大樹町のトーチカ

大樹町 内陸部のトーチカ。教育委員会の案

  •  0
  •  0

301: 雄別炭鉱鉄道橋脚

雄別炭礦鉄道鶴野線の橋脚。北側の橋脚は既

  •  0
  •  0

297: 野鳥保護区フレシマ

根室市にある湿原、日本野鳥の会が所有する

  •  0
  •  0

299: 落石無線電信局 - 1

1908(明治41)年に開局した落石無線電信局。

  •  4
  •  0

298: 廃墟と洗濯機

某場所の廃アパートにて…洗濯機…だと思うん

  •  2
  •  0

296: 大樹町旭浜のトーチカ - 6

2番のトーチカから3番のトーチカまでは約30

  •  4
  •  0

295: 大樹町旭浜のトーチカ - 5

旭浜の8連トーチカ、6・7・8・5番と見てき

  •  0
  •  0

294: 少しずつ秋へ

例年なら、お盆が過ぎたら急激に寒くなる道

  •  0
  •  0

293: 雪裡線の面影を探して

『簡易軌道 雪裡線(鶴居村営軌道)』昭和4年

  •  4
  •  0

292: 大樹町旭浜のトーチカ - 4

コチラは5番トーチカ。番号については、下

  •  0
  •  0

291: 大樹町旭浜のトーチカ - 3

旭浜のトーチカで、最南端にある8番トーチ

  •  2
  •  0

290: 六号野上駅逓跡

北海道紋別郡遠軽町の国道沿いにある、『六

  •  2
  •  0

289: 大樹町旭浜のトーチカ - 2

旭浜のトーチカ。ここは北から7番目のトー

  •  0
  •  0

288: 大樹町旭浜のトーチカ - 1

旭浜のトーチカ。北にあるものから番号をつ

  •  2
  •  1

287: 大樹町旭浜の8連トーチカ

大樹町 旭浜の海岸線にあるトーチカ。この

  •  2
  •  0

282: 広尾町 海辺の公園跡

閉鎖された公園の設備でしょうか、広尾の、

  •  4
  •  0

286: 第9回釧路大漁どんぱく花火大会

2012年9月1日(土)、釧路大漁どんぱく花火大

  •  4
  •  0

285: 広尾町エツキサイのトーチカ - 2

広尾町エツキサイの海岸にある、もう一つの

  •  2
  •  0

284: 広尾町エツキサイのトーチカ - 1

広尾町エツキサイのトーチカ。これも砂浜に

  •  4
  •  0

283: 広尾町のトーチカ - 2

どうやら、トーチカの真上に立っているよう

  •  0
  •  0

281: 飛鳥2で腰痛

釧路は港町だけあって、たまに大型旅客船が

  •  4
  •  0

280: 広尾町のトーチカ - 1

ブログを始めてみて、ひとつ夢が叶いました

  •  4
  •  0

279: 無人駅探訪 ~ 上厚内駅 - 3

上厚内駅をあとに、過疎化が進んでいる、上

  •  0
  •  0

278: 無人駅探訪 ~ 上厚内駅 - 2

植物に覆われてしまった、使われていないレ

  •  4
  •  0

277: 無人駅探訪 ~ 上厚内駅 - 1

北海道十勝郡浦幌町字上厚内にある上厚内駅

  •  11
  •  0

276: 黄金の滝

浦幌町役場おすすめの観光名所、黄金の滝。

  •  5
  •  0

275: 秘境古瀬駅

JR北海道 根室本線 古瀬駅。ここに来たの

  •  2
  •  0

274: 豊頃町トイトッキ浜のトーチカ - 3 -

これがこのトーチカの全貌かと思います。ト

  •  4
  •  0

273: 豊頃町トイトッキ浜のトーチカ - 2 -

と言うわけで、トーチカ内部への出入口を探

  •  0
  •  0

272: 豊頃町トイトッキ浜のトーチカ - 1 -

豊頃町にあるトーチカ。ずっと浦幌町だと思

  •  0
  •  0

271: 白糠町 石炭採掘創始の地碑

これまで記事にしてきた白糠町炭砿関連の施

  •  4
  •  0

270: 白糠炭田 石炭資料室

白糠炭田石炭資料室は西庶路のコミュセン2F

  •  0
  •  0

269: 札幌散歩 清華亭2

清華亭の門です。門柱には何かはめ込まれて

  •  4
  •  0

268: 札幌散歩 清華亭1

ここのところ札幌街歩きシリーズの記事を載

  •  2
  •  0

267: 札幌散歩 旧永山武四郎邸2

永山武四郎邸の内部。和洋折衷という感じで

  •  4
  •  0

266: 新白糠炭砿創操業地記念碑をたずねて

シロツメクサの群生、周囲の木々に飲み込ま

  •  2
  •  0

265: 札幌散歩 旧永山武四郎邸1

北海道指定 有形文化財 旧永山武四郎邸。

  •  0
  •  0

264: 札幌散歩 札幌教会

サッポロファクトリーに向かう途中で見つけ

  •  4
  •  0

263: 北海道の廃屋3

  •  7
  •  0

262: 奥行臼駅

昭和8年に営業を開始、平成元年に廃止した

  •  6
  •  0

261: 札幌散歩 サッポロファクト - 黒煙突

サッポロファクトリーにて。黒い煙突がカッ

  •  0
  •  0

260: 札幌散歩 札幌時計台

正式名称は、旧札幌農学校演武場。『演武場

  •  2
  •  0

249: 尺別炭鉱へと続く道

炭砿跡へと続く道は、ほとんど廃道の状態で

  •  2
  •  0

250: 尺別炭鉱鉄道橋脚跡

尺別鉄道橋脚跡。現在は道道を跨ぐ跨道橋の

  •  2
  •  0

259: 札幌散歩 狸小路

久しぶりに夜の狸小路へ行ってみました。瓦

  •  2
  •  0

258: 札幌散歩 サッポロテレビ塔

23:22、テレビ塔です。この時間でも人通り

  •  0
  •  0

257: 奥行臼駅逓所 - ロケ小屋

ドラマで使用されたと思われるロケ小屋?で

  •  4
  •  0

256: 奥行臼駅逓所 - 2階

縁側のある客室は2階にもあります。縁側を

  •  0
  •  0

255: 奥行臼駅逓所 - 1階

茶の間から仏間の様子。茶の間にはいろいろ

  •  4
  •  0

254: 奥行臼駅逓所 - 居間

奥行臼駅逓所、建物内部の様子。入館名簿を

  •  4
  •  0

253: 奥行臼駅逓所 - 外観

国指定史跡旧奥行臼駅逓所看板は出来たばか

  •  4
  •  0

252: 駅のポスター…orz

糸魚沢駅を観察。ホーム側にある駅名標は木

  •  2
  •  0

251: 道東の無人駅 - 糸魚沢

厚岸町にある無人駅の風景。奥行臼へ行く途

  •  2
  •  0

248: 尺別炭鉱探索2

選炭場付近の様子。トンネルに接近。中央部

  •  7
  •  0

247: FURICO283

札幌に行ってきました。振子式特急スーパー

  •  2
  •  0

246: 尺別炭鉱探索1

選炭場付近の様子です。ベルトコンベアが通

  •  4
  •  0

245: 北海道の廃屋2

北海道でよく見られる廃屋の風景 その2。

  •  4
  •  0

244: 霧と工場を…

釧路の名物、霧と製紙工場の煙のコラボを!

  •  3
  •  0

243: 釧路町森林公園

釧路町の森林公園を散歩しました。ツツジヶ

  •  2
  •  0

242: 庶路炭鉱発祥之地

西庶路の小さな公園の一角に、庶路炭鉱発祥

  •  0
  •  0

241: 奥行臼へと

駅逓所・駅舎を見に、別海町の奥行臼へ行っ

  •  8
  •  0

240: 尺別炭鉱 尺別炭山駅跡

炭山駅跡の周辺には、割れていない電球、碍

  •  0
  •  0

239: 尺別炭鉱 崩壊進む、駅

数年ぶりに訪れた尺別炭山駅跡。やはり崩壊

  •  8
  •  0

238: 釧路の夜

釧路の夜も暖かくなってまいりました。ちょ

  •  0
  •  0

237: 北海道の無人駅 尺別

尺別駅。尺別炭砿跡の帰り道、時間が余った

  •  15
  •  0

235: サテライト釧路

2002年閉鎖の競輪場外車券売場。機械警備に

  •  -
  •  0

236: 北海道の廃屋 1

北海道でよく見られる廃屋の風景 その1。

  •  -
  •  0

234: 本岐炭鉱 見上げる

  •  -
  •  0

233: 本岐炭鉱 此処にあったもの

訪れる度に見たことの無いものが落ちている

  •  -
  •  0

232: 本岐炭鉱 霧に包まれて

霧の炭砿跡この日は霧で空が真っ白だった。

  •  6
  •  0

231: 雄別炭鉱 購買の壁

光が射し込む壁面。崩壊が激しい壁面。

  •  2
  •  0

230: 別保炭鉱を探して - 2

太平洋炭礦別保坑~概要~ ・別保地区の開

  •  8
  •  0

229: 川の向こうの工場の煙

新釧路川の向こうにある工場からは、いつも

  •  2
  •  0

228: 本岐炭鉱 初夏の緑

緑に覆われつつある初夏の選炭場。このくら

  •  8
  •  0

227: まなぼっと

花時計のある高台に立つ、釧路市生涯学習セ

  •  2
  •  0

226: スカイランド

子供の頃、度々遊びに通っていた総合レジャ

  •  2
  •  0

225: 雄別炭鉱 職員倶楽部 - 3

職員倶楽部の裏側には、木造の建物が並びま

  •  0
  •  0

224: 別保炭鉱を探して - 1

昨年から探している『太平洋炭礦別保坑』の

  •  2
  •  0

223: 雄別炭鉱 職員倶楽部 - 2

雄別で崩壊していく洋館。無事に今年の冬を

  •  0
  •  0

222: 雄別炭鉱 職員倶楽部 - 1

山の手にあって、雄別御殿とも呼ばれた木造

  •  0
  •  0

221: 雄別炭鉱 橋脚・煙突

坑木運搬トロッコ 橋脚総合ボイラー 煙突

  •  0
  •  0

220: 雄別炭鉱 雄別通洞

通洞へと続く道

  •  0
  •  0

219: LVFを買ってみた

ついに憧れのファインダーを入手しました。

  •  2
  •  0

218: 消滅、配水池

単なるちいさな小屋ですが、『誰も居ない山

  •  6
  •  0

215: 煉瓦炉ばた

明治末期の穀物倉庫を改装した炉ばた。この

  •  2
  •  0

216: フィッシャーマンズワーフMOOにて

釧路の観光名所フィッシャーマンズワーフMO

  •  2
  •  0

213: 埠頭の風景~巡視船

巡視船『えりも』巡視船『いしかり』地面に

  •  0
  •  0

210: 埠頭の風景~臨鉄倉庫

太平洋石炭販売輸送の臨鉄倉庫知人貯炭場 

  •  2
  •  0

217: 釧路の戦跡 壁の白い華

丘の上の特火点、下部の部屋。天井、奥に一

  •  2
  •  0

214: 釧路の戦跡 丘の上の特火点

釧路市内に残るもう一つの特火点。主要道路

  •  2
  •  0

212: 水道庭園

桜満開予想日の5月20日、水道庭園の桜がキ

  •  0
  •  0

211: 今さらですが桜です

道東の桜まつりの時期は5月下旬と遅く、桜

  •  6
  •  0

208: 廃屋の看板 ~ 横綱印わた

昔は良く見かけた懐かしい看板のある廃屋。

  •  0
  •  0

207: 釧路臨港鉄道 D801

春採湖の南側にある遊歩道、跨線歩道橋より

  •  0
  •  0

206: 春採公園ご案内

湖あり、山あり、遺跡あり、線路ありの春採

  •  0
  •  0

205: 釧路臨港鉄道 DE601

春採駅から知人駅へと走るディーゼル機関車

  •  0
  •  0

204: 風除室

寒冷地における冬場の防寒対策として、外気

  •  0
  •  0

202: 霧の風景

霧の夜の釣り公園を徘徊。5月に釧路方面で

  •  4
  •  0

203: 廃ビニールハウス

ビニールは無いがガラスは残る

  •  0
  •  0

201: 可憐に咲くもの

5月5日この公園にもやっと花が咲き始めた。

  •  4
  •  0

200: 蕗の薹の花、咲きました

春が近づき暖かくなってくると、多少雪が残

  •  2
  •  0

199: 春到来

落ち葉だらけの公園でみつけたフキノトウ

  •  2
  •  0

198: 何らかのツル性植物

何の植物かはわかりませんが、存在感ありま

  •  4
  •  0

197: 漁港の夕暮れ

夕焼けが綺麗だったので、漁港に来てみた。

  •  0
  •  0

196: 夕日が綺麗だったので

新釧路川から工場を望む。釧路川河口の漁港

  •  2
  •  0

195: 釧路の戦跡 住宅地の軍事遺構

住宅地の一角にある特火点(トーチカ)。月日

  •  6
  •  0

194: 釧路の戦跡 夕暮れの特火点

  •  4
  •  0

193: 夕日と煙と工場と

  •  4
  •  0

192: 冬と春の間に居ます~岩保木水門

道外では桜も既に咲いている4月中旬、緑が

  •  0
  •  0

191: 下から観察~岩保木水門

トリトウシ橋の構造が見たかったので…専門

  •  2
  •  0

190: 岩保木水門とトリトウシ橋

新水門とトリトウシ橋。橋は通行止め。橋の

  •  0
  •  0

189: 水門の春~岩保木水門

昭和六年八月竣功 岩保木水門冬期間通行止

  •  2
  •  0

188: 公園の木々

4月19日、釧路市鶴ヶ岱公園の様子。チュー

  •  2
  •  0

187: 霧の夜

雪が無くなるくらい暖かくなると今度は霧が

  •  2
  •  0

186: 珍しくもなんともない廃屋

雪の舞う廃屋、海辺にて。海を走っても山を

  •  0
  •  0

185: コンテナのある駅

真横に流れる工場の煙とコンテナ。環境にや

  •  0
  •  0

184: 浦幌炭鉱 木々とアパート

雨上がりの炭住アパートでした。

  •  4
  •  0

183: 雪の春採湖

雪の春採湖 野鳥観察場所。この日は3月も

  •  0
  •  0

182: 縁側には憧れる

こちらは展示室の様子。10帖ほどの部屋の中

  •  2
  •  0

181: 囲炉裏のある部屋

ランプが吊るされている通り庭の天井。囲炉

  •  2
  •  0

180: 米町ふるさと館

米町にある釧路市最古の木造民家、旧田村邸

  •  0
  •  0

179: 尺別炭鉱 秋の給油所跡

秋の給油所跡。枯れた草木に囲まれています

  •  2
  •  0

178: 雄別炭鉱 渡れない橋

渡ることの出来ない橋、睦人道橋。渡ろうと

  •  2
  •  0

177: 本岐炭鉱 光あふれる

光あふれる 秋晴れの本岐炭鉱にて

  •  8
  •  1

176: 米町展望台

米町展望台と、そこからの風景。いつもは一

  •  0
  •  0

175: 米町公園

米町付近は釧路市発祥の地となり、江戸時代

  •  2
  •  0

174: 選炭工場冬景色

太平洋炭礦選炭工場冬。向かいの会社には、

  •  0
  •  0

173: 夕張清水沢 ヤマに降る雨

どしゃ降りの中、どうしても見ておきたかっ

  •  0
  •  0

172: 夕張清水沢 計器マニアックス

清水沢発電所内部には多数、計器類や制御盤

  •  8
  •  0

171: 夕張清水沢火力発電所 解体はどこまで進んだか

夕張清水沢火力発電所。見学に行ったときは

  •  4
  •  0

170: サロマ湖とリゾート

まだ北見市になるまえの常呂町、サロマ湖周

  •  0
  •  0

163: 砂浜海岸夕刻

道東の砂浜海岸。ゴミが散らかってます。な

  •  0
  •  0

169: 夕張清水沢 雨上がりの運炭施設

清水沢アートプロジェクトの思い出。ここを

  •  2
  •  0

168: 夜道の駅~摩周温泉

道の駅摩周温泉。リニューアルされてから初

  •  2
  •  0

167: 川湯温泉街

川湯温泉街の個人的なイメージは、以下のと

  •  2
  •  0

166: ダイヤモンドダストイン川湯

ダイヤモンドダスト in KAWAYU。温泉が流れ

  •  4
  •  0

165: 愛すべき弟子屈町

弟子屈町は、摩周温泉・川湯温泉・硫黄山・

  •  2
  •  0

162: 磯分内雪印工場

標茶町の磯分内、雪印工場。カメラを買った

  •  0
  •  0

161: 気の抜けたSL写真

釧路ではこの時期、SL冬の湿原号という蒸気

  •  2
  •  0

160: 清水沢アートプロジェクト 運炭/詰所

清水沢アートプロジェクトで見た、運炭/詰

  •  0
  •  0

159: 寒いので

ここ最近、道東でも日中プラスの気温の日が

  •  0
  •  0

158: 昼間の工場

光ってない系の工場は、夜より昼間のほうが

  •  2
  •  0

157: セメントサイロ橋

このタンクのようなものの呼び方がわからず

  •  4
  •  0

156: 城山歓楽街 - 3 -

歓楽街のすぐ近くにはまた良さげな雰囲気を

  •  2
  •  0

155: 城山歓楽街 - 2 -

城山歓楽街、空き地を挟んでもう一つ残って

  •  0
  •  0

154: 城山歓楽街 - 1 -

末広町という繁華街から少し離れた場所にあ

  •  6
  •  0

153: 鳥を撮りに

ある暖かい日の夕刻、漁港にて。鳥を撮りに

  •  6
  •  0

152: 尺別炭鉱 絶賛日没中にて

だんだん暗くなるにつれ写真が撮りづらくな

  •  4
  •  0

151: 尺別炭鉱 子供が居た痕

古い建物に残る残留物。残留物を見つけるの

  •  2
  •  0

150: LOVEくしろイルミネーション2011

『LOVEくしろイルミネーション2011』以前に

  •  2
  •  0

149: 役目を終えたパイプたち

今はもう使われなくなった管。

  •  0
  •  0

148: 太平洋の海底炭

太平洋炭礦(株)選炭工場「太平洋の海底炭」

  •  0
  •  0

147: 工場の煙に誘われて

何気なく見ると工場の煙がカッコ良かったの

  •  2
  •  0

146: 尺別炭鉱 炭住残留物

当時のものばかりなのかはわからないが、床

  •  0
  •  0

145: 尺別炭鉱 煉瓦の穴

白壁のアパートのほうは時間を気にするあま

  •  0
  •  0

144: 尺別炭鉱 煉瓦の質感

煉瓦の炭住アパート。振り返って白壁の炭住

  •  0
  •  0

143: 冬花火

2月4日、「くしろ冬まつり」にて道新華火フ

  •  0
  •  0

142: 現役炭礦鉱業所

ここの構内には昨年、炭砿技術理解促進講座

  •  0
  •  0

140: 雪あかりの町

第9回『啄木・雪あかりの町・くしろ』この

  •  2
  •  0

139: 尺別炭鉱 白壁の炭住アパート 2F

残留物も時間も無いのでとりあえず二階へ移

  •  0
  •  0

138: 尺別炭鉱 白壁の炭住アパート 1F

冬山、というか丘を登って炭住アパートに着

  •  0
  •  0

137: egg - Ever Green Garden -

釧路フィッシャーマンズワーフの中にある施

  •  6
  •  0

127: 配水池?廃水地?

とある炭砿の坑口や火薬庫を探して林道を彷

  •  2
  •  0

126: 恋問海岸のオブジェ

白糠町の恋問海岸にある光のオブジェ。普段

  •  2
  •  0

125: 詳細不明、小規模浄水場

とある林道が気になって、いつものように何

  •  4
  •  0

124: 尺別炭鉱 炭住アパートへ

尺別炭砿の炭住アパートを目指して膝まで雪

  •  0
  •  0

122: 使われていない建物の大広間

使われていない建物、最後は大広間を探索。

  •  0
  •  0

120: 音別の工場

音別町にある大塚グループの釧路工場。尺別

  •  0
  •  0

121: 尺別炭鉱 雪山のリスク

冬の尺別炭砿。この時期の探索は、熊・蜂の

  •  0
  •  0

118: 使われていない建物の浴場

使われていない建物にはいくつか浴場があり

  •  4
  •  0

119: 使われていない建物の部屋

まずは部屋の様子を見てみます。ここは使わ

  •  0
  •  0

117: 使われていない建物

今はもう使われていない、少しだけ古めの雰

  •  2
  •  0

116: 正月の海岸

正月、というか元旦です。冬の間は山の中に

  •  2
  •  0

115: とある漁港

漁港にて。ここはゴミステーションではない

  •  2
  •  0

114: 雄別炭鉱 職員倶楽部周辺

同じような色合いの同じような景色が続きま

  •  0
  •  0

113: 雄別炭鉱 職員倶楽部周囲

雄別炭砿 職員倶楽部 周囲の状況。職員倶

  •  0
  •  0

111: 雄別炭鉱 職員倶楽部階段

職員倶楽部内部はこんなものでしょうか。1F

  •  4
  •  0

112: 風速12m/s

体感温度を算出する方法には「ミスナール法

  •  2
  •  0

110: 雄別炭鉱 職員倶楽部1F

職員倶楽部の内部は予想していたよりも崩壊

  •  0
  •  0

108: 雄別炭鉱 職員倶楽部外観

雄別に今もギリギリの状態で残る、職員倶楽

  •  6
  •  0

109: 雄別炭鉱 職員倶楽部

雄別炭砿の職員倶楽部を探して、前回断念し

  •  0
  •  0

107: 挑戦、イルミネーション

『LOVEくしろイルミネーション2011』 ◇幣

  •  4
  •  0

106: 埠頭の風景 宇部三菱セメントSS

宇部三菱セメントのサービスステーション。

  •  2
  •  0

105: 自然に還る廃駅 白糠線上茶路駅跡

ここは国鉄白糠線が廃止となった1983年より

  •  6
  •  0

101: 雄別炭鉱 職員クラブを探しても

雄別には「職員クラブ」という木造の建物が

  •  2
  •  0

103: 2012年ご挨拶

新年を迎えましたが、皆様いかがお過ごしで

  •  4
  •  0

102: 夕張~幸せの黄色いハンカチ(+年末ご挨拶)

映画の舞台になった「幸福の黄色いハンカチ

  •  4
  •  0

100: 雄別炭鉱 病院内部4

多分、屋上だったところの出入口の様子です

  •  4
  •  0

99: 雄別炭鉱 病院内部3

玄関から向かって右側、各部屋の様子です。

  •  0
  •  0

98: 雄別炭鉱 病院内部2

各部屋の様子です。残留物や機械の類はほと

  •  2
  •  0

97: 雄別炭鉱 病院内部1

模擬坑道を見ることが出来、満足気分で病院

  •  2
  •  0

94: 雄別炭鉱 模擬坑道

引き続き模擬坑道を探します礦業所跡のすぐ

  •  0
  •  0

96: 茅場・羽田 プチ散歩

東京メトロ東西線で九段下から茅場町に戻り

  •  0
  •  0

95: 雰囲気だけでも… 九段下ビル

取り壊しが決まったという話題の九段下ビル

  •  2
  •  0

93: 雄別炭鉱 礦業所金庫

ここは「社員の給料などを保管する金庫があ

  •  2
  •  0

92: 雄別炭鉱 礦業所書庫

ここ雄別には今まで何度も訪れているわけで

  •  0
  •  0

91: 王子製紙釧路工場

夕暮れの王子製紙工場です国道沿いに歩道橋

  •  2
  •  0

90: 雄別炭鉱 勇気ある撤退

坑口の見学を終え 日が傾いてきたので急い

  •  0
  •  0

89: 雄別炭鉱 雄別通洞

坑口を近くで見たかったので 病院跡の脇を

  •  2
  •  0

88: 雄別炭鉱 煉瓦のアーチ橋

坑木運搬トロッコを辿り 旧道のほうへ進む

  •  2
  •  0

87: 雄別炭鉱 選炭場と煙突

雄別炭砿の選炭場に今も残る 坑木運搬トロ

  •  4
  •  0

86: 釧路町十町瀬の奇岩巡り

釧路町にある十町瀬の看板です釧路町難読地

  •  0
  •  0

85: 雄別炭鉱 雄別購買

雄別購買 ここにも変化がありました中の様

  •  4
  •  0

84: 雄別炭鉱 ガソリンスタンド

ガソリンスタンド 「雄別給油所」の文字が

  •  0
  •  0

83: 阿寒町布伏内 元中学校

布伏内中学校廃校になった現在も 布伏内集

  •  4
  •  0

82: 阿寒町布伏内 大正林道

いつから存在するのかはわかりませんが 布

  •  0
  •  0

81: 本岐炭鉱 - 炭砿神社 -

前回訪れた「白い壁だけの建物跡」から 急

  •  0
  •  0

80: 本岐炭鉱 - 坑口と浴槽跡 -

そのうち行こうと思っていた 中庶路本岐砿

  •  2
  •  0

79: 本岐炭鉱 - 煙突 -

レール付近は国道から1kmも離れてないので

  •  2
  •  0

78: 埠頭夜撮

釧路川河口付近ですすごい強風だったので車

  •  0
  •  0

77: 本岐炭鉱 - レール -

レールを辿って登ります と言っても長さは

  •  2
  •  0

76: 本岐炭鉱 - 坑口 -

ホッパーのあったところから山の奥地へと移

  •  0
  •  0

75: 本岐炭鉱 - ホッパー -

「メガネ」など残留物のあった建物から見え

  •  2
  •  0

74: 庶路ダム - 街路灯 -

ちょくちょく通ってます 庶路ダム です特

  •  0
  •  0

73: 本岐炭鉱 - 残留物 -

半地下に立ってます目の前にはプチ鍾乳石が

  •  0
  •  0

72: 本岐炭鉱 - 頭上観察 -

中庶路本岐炭砿 相変わらずここに関する資

  •  0
  •  0

71: 釧路町 秘境探検 ~ 尻羽岬 ~

釧路町にある秘境 尻羽岬です(シレパ・シ

  •  2
  •  0

70: 太平洋炭礦 選炭工場

太平洋炭礦 選炭工場規模こそ縮小したもの

  •  2
  •  0

69: 浦幌炭鉱 ~ 通風口坑口 ~

バスツアーの最後はここを見学して終了です

  •  2
  •  0

68: 浦幌炭鉱 ~ 尺浦隧道 ~

尺浦隧道 昭和十七年六月竣功閉山後もしば

  •  0
  •  0

67: 浦幌炭鉱 ~ 旧病院跡地 ~

旧病院跡地「この周辺は一大市街地を形成し

  •  0
  •  0

66: 浦幌炭鉱 ~ みらいの森 ~

後ろ髪ひかれる思いで栄町のアパートを後に

  •  2
  •  0

65: 浦幌炭鉱 ~ 炭住アパート ~

炭住アパートに接近します近くで見ると建物

  •  0
  •  0

64: 浦幌炭鉱 ~ 浦幌炭砿の歴史 ~

浦幌炭砿の歴史が この看板に記載されてい

  •  0
  •  0

63: 釧路にある工場

埠頭の近くにある工場です夜は雰囲気が違い

  •  7
  •  0

62: 釧路中央埠頭

日没後のズリ山普段見慣れているものも夜に

  •  2
  •  0

61: 神秘の湖 阿寒町シュンクシタカラ 2011 - その4

最後の分岐点を左へ神秘のマイナースポット

  •  6
  •  0

60: 神秘の湖 阿寒町シュンクシタカラ 2011 - その3

林道に入って半分=10km地点くらい(適当)か

  •  0
  •  0

59: 神秘の湖 阿寒町シュンクシタカラ 2011 - その2

布伏内の林道入り口から 4~5km程進んだと

  •  2
  •  0

58: 神秘の湖 阿寒町シュンクシタカラ 2011 - その1

紅葉を期待して 数年ぶりに神秘の湖「シュ

  •  2
  •  0

57: 釧路中央埠頭

  •  0
  •  0

56: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 9 -

ひと通り見学を終了し1階へと降りますライ

  •  2
  •  0

55: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 8 -

清水沢火力発電所の2階には窓がたくさんあ

  •  2
  •  0

54: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 7 -

残留物が多数ありますこれは確か落ちていた

  •  0
  •  0

53: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 6 -

清水沢火力発電所に入るとまず目を引くのは

  •  0
  •  0

52: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 5 -

北炭清水沢火力発電所 外観ですというか解

  •  0
  •  0

51: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 4 -

「コンベア」ベルトコンベアは既に撤去済み

  •  0
  •  0

50: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 3 -

運炭詰所は暗幕で覆われていますここにある

  •  2
  •  0

49: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 2 -

受付で署名を済ませ「運炭/詰所」に向かい

  •  4
  •  0

48: 清水沢アートプロジェクト・再訪 - 1 -

残念ながら終わってしまった「NPO炭鉱の記

  •  2
  •  0

47: 林道庶路青山線

走ったことの無い道路を見つけては車を走ら

  •  2
  •  0

46: 厚内隧道~昆布刈石

1944年完成の旧トンネルと 2008年完成の新

  •  4
  •  0

45: ヒルトップ(スカイランド)

とある丘の頂上にレジャー施設の廃墟があり

  •  0
  •  0

44: ×××製品事業所

かなり山深い場所に 一軒の廃墟があります

  •  0
  •  0

43: 大夕張の産業遺産

とある団体さんに混じって大夕張の産業遺産

  •  0
  •  0

41: 滝の上発電所

滝の上公園内にある発電所です1924年に建造

  •  2
  •  0

40: 廃屋のネコ

何のことはありませんが 廃屋にネコが住ん

  •  0
  •  0

39: 釧路コールマイン 太平洋炭鉱展示館

夕張の石炭博物館にもありましたが ここの

  •  0
  •  0

38: 岩保木水門 - 2 -

新水門の完成は平成2年資料館等を備えた管

  •  4
  •  0

37: 岩保木水門 - 1 -

岩保木は”いわぼっき”または”いわほぎ”と読

  •  0
  •  0

36: 夕張・石炭博物館

石炭博物館内にある 史蹟夕張鉱(模擬坑道)

  •  0
  •  0

35: 清水沢ダム

清水沢ダムとダム湖写真は色がトンじゃって

  •  0
  •  0

34: 国泰寺跡

蝦夷三官寺のひとつ「国泰寺」厚岸町という

  •  0
  •  0

33: ××小学校

中庭は綺麗な状態です住宅街に立地し機械警

  •  0
  •  0

32: 岬の森東山公園

白糠町の石炭岬というところにある 岬の森

  •  0
  •  0

30: 崖の下の住居跡

歴史を感じさせる建物のそばに昭和36年製の

  •  0
  •  0

23: 庶路ダム

白糠郡白糠町滝の上にある 庶路ダム です

  •  0
  •  0

22: 清水沢アートプロジェクト

夕張清水沢アートプロジェクト2011年9月17

  •  0
  •  0

21: 中庶路本岐炭鉱 - 2 -

煙突とズリポケットかな?ここの炭砿跡のこ

  •  0
  •  0

20: 中庶路本岐炭砿 - 1 -

道東の中庶路というところには 明治本岐炭

  •  0
  •  0

19: 冬の中庶路本岐炭鉱

道東の炭砿は山の中に多く 夏場に訪れると

  •  0
  •  0

18: ポスターの廃屋

この廃屋は雰囲気や残留物から 恐らく昭和

  •  2
  •  0

16: 野付半島 - 3 - トドワラ

着いた時間が良かったのか観光客もほとんど

  •  0
  •  0

15: 野付半島 - 2 - トドワラ

トドワラの看板です別海十景なんですね調べ

  •  0
  •  0

14: 野付半島 - 1 - ナラワラ

北海道の砂嘴として有名な 野付半島 です

  •  0
  •  0

12: Iレジャーランド

2001年に廃園の総合遊園施設ですかつてはキ

  •  0
  •  0

11: 廃工場の独身寮

往時はそれなりに栄えていた街で工場として

  •  0
  •  0

8: 雄別炭鉱跡 - 8 -

屋上に到達しました屋上には広いスペースが

  •  0
  •  0

7: 雄別炭鉱跡 - 7 -

階段をのぼり2階へ2階も同じような感じで

  •  0
  •  0

6: 雄別炭鉱跡 - 6 -

引き続き探索しますタイルのおふろです窓か

  •  0
  •  0

5: 雄別炭鉱跡 - 5 -

雄別病院跡ですいくつかの棟が横長に連結し

  •  0
  •  0

4: 雄別炭鉱跡 - 4 -

総合ボイラーの煙突です中庶路の本岐炭砿跡

  •  0
  •  0

3: 雄別炭鉱跡 - 3 -

雄別購買の周りを徘徊します手摺りが歪んだ

  •  0
  •  0

2: 雄別炭鉱跡 - 2 -

雄別購買の中に木製の階段があります階段を

  •  0
  •  0

1: 雄別炭鉱跡 - 1 -

道東の阿寒というところにある 雄別炭砿跡

  •  0
  •  0

28: 尺別炭鉱

大正7年開砿、昭和3年雄別炭砿鉄道が買収。

  •  0
  •  0

24: サテライト釧路

白糠町にある競輪場跡ですここは1995年にオ

  •  0
  •  0

141: 天人狭

層雲峡に比べるとややマイナー感のあるスポ

  •  0
  •  0