壁だけじゃなかった上尾幌の選炭場

2 Comments
しげ@ぼうけんか
K_5_6791.jpg

厚岸町上尾幌に今も残る、選炭場跡。

前回は場所の特定で終わっているので草木が枯れ足元が見える季節を待ち、再訪問する。

と言うのも炭砿跡では穴や沼が思いも寄らない所にあり、草木に覆われると自然の落とし穴、
慣れた場所ならともかく未知の場所で足元が見えない、というのは致命的だからであり、
単純にこの時期のほうが遺構が見え易いため痕跡の探索には向いている、ということでもある。

K_5_6793.jpg

K_5_6795.jpg

K_5_6798.jpg

壁の裏側に回ってみたが、特に何も無い。
山と一体化しているように見えるが、もとの形がわからないので想像も出来ない。

K_5_6804.jpg

手元の資料には『選炭場』としか書いていなかったが、
厚岸町の資料によると『上村炭鉱選炭場』とのことだった。

上村炭鉱については北海道新聞の見出しを見ると、活躍した時期が推測出来る。
 1961(昭和36)年3月30日夕刊『上村鉱業で新発足 事業閉鎖の日東炭鉱(厚岸)』
 1964(昭和39)年11月2日朝刊『17年の歴史閉じる 上村炭鉱厚岸鉱全員一致で閉山式(厚岸)』

もしかしたらその前の別の経営者の選炭場だったのかも知れないが、
大正時代の地図で旭炭山となっていたこの場所、経営が目まぐるしく替わった結果、
最後は上村鉱業だったということになるのだろうか。


K_5_6813.jpg

選炭場の壁から離れ、周辺を探してみる。

少し離れた場所にも何らかの設備があった痕跡をいくつも発見した。

K_5_6816.jpg

K_5_6830.jpg

大きめの沼もあったが…夏場に来なくて良かった。


K_5_6834.jpg

K_5_6843.jpg

この辺りはズリ捨て場だったのだろうか。


K_5_6849.jpg

足元に石炭が落ちている。


K_5_6857.jpg

このボコボコした小山は全てズリのようだ。


K_5_6864.jpg

錆びついた一斗缶。


K_5_6867.jpg

錆びついた門扉かな。


K_5_6876.jpg

沼、水溜りの類はいくつもある。


K_5_6881.jpg

これは煉瓦だろうか?


K_5_6883.jpg

夏場には気が付かなかったが、林道の路面には細かく砕かれた煉瓦のような物が。

この辺りに煉瓦の建物があったのだろうか。


K_5_6887.jpg

この日、いつも閉まっている林道ゲートの門が開いていましたが、
車両規制の林道なのでこのゲートを車で通過することはしてません。
また、10月~12月は狩猟に係る銃猟入林禁止区域となります。
この期間の入林はご遠慮下さいと謳われていますが、
絶対に入らないほうが身のためです。
どうしてもというのなら目立つ服装で誤射されないように気をつけましょう。

関連記事
スポンサーサイト
アンケートモニター登録

しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 2

There are no comments yet.
川貴  

あけましておめでとうございます!

昨年はお会い出来て大変光栄でした!
今年も是非こちらにいらっしゃる時はご案内させて下さい!

今年もよろしくお願いいたします!

2014/01/05 (Sun) 20:22 | EDIT | REPLY |   
F138/Shige  
> 川貴 さま、こんばんは!

昨年は大変お世話になりました~
今思い出しても本当に楽しい時間でした!
初めてお会いしたとは思えないくらい、私は喋りっ放しでしたねw

今度また機会があれば、本当に遠慮なく声かけさせて戴きますねw
それまでに少し勉強と練習をしておきたいと思います!

では本年もよろしくお願い(奥様にも)します!

2014/01/05 (Sun) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply