【標津線】廃線巡り1 ~ 光進駅

4 Comments
しげ@ぼうけんか
1989(平成元)年に廃線となった標津線は、標茶駅(川上郡標茶町)~標津駅(標津郡標津町)を結ぶ鉄道路線で、途中の駅からは分岐し、中標津駅(標津郡標津町)~厚床駅(根室市)間の支線も有していた。ちなみに『標津』の呼び方については、『士別』と混同しないために道民は『標津』を「ねむろしべつ」、『士別』を「さむらいしべつ」と呼んでいたりする。

この標津線には、標津線支線の奥行臼駅のように管理・保存されることなくゆっくりと自然に還ろうとしているホームがいくつかあり、今回、雪に埋もれる『光進駅』『上春別駅』『平糸駅』を訪ねてきた。

まずは標津線光進駅。野付郡別海町泉川、北緯43度22分33秒・東経144度44分14秒にある。緯度経度がわかるのは、私のような廃線初心者にとっては大助かりであり便利な世の中である。光進駅のホームは、道道830号泉川西春別線から町道(名前はわからない)に入るとすぐに見つかった。

K_5_8126a.jpg

路側帯には度重なる除雪により固く締まった雪が残っており、当然駐車場なども無く車の置き場所には困ったが、うまい具合に除雪されているスペースが反対車線側に見つかったのでUターンして路肩に車を停めることが出来た。ホーム跡の見学には丁度良い位置だ。


K_5_8129a.jpg

車からここまで徒歩10秒。この遺構へのアクセスは実に容易だ。


K_5_8132.jpg

当然、除雪などされていないので、膝まで埋まりながらホームの階段を目指す。


K_5_8135.jpg

雪よりも枯れ木が邪魔で進みにくかったが、なんとかホームに上陸。


K_5_8139.jpg

ホームの上も枯れ枝が行く手を阻む。


K_5_8141.jpg

枯れ枝障害を抜けて振り返る。


K_5_8154.jpg

ホームの端っこに到達。「0標識」があるが、これの意味は知らない。


K_5_8156.jpg

ホームから降りる。


K_5_8163.jpg

10メートルくらいかな、短いホーム。


K_5_8166a.jpg

標茶方面は見渡す限り直線だ。鉄道防風林と廃線跡の直線は2kmほどあるようだ。


K_5_8172.jpg

このタイプのホームは、鉄骨製コンクリート床簡易型ホーム仮乗降場スタイル、と言うらしい。


K_5_8175.jpg

「30」。数字の意味はあるんだろうけど何だかわからない。ホーム床の厚さより何倍も厚い残雪。


K_5_8177.jpg

路肩に駐車していたとは言え通行の妨げになってもいけないので車のドアミラーを畳んでおいたが、到着から探索終了まで1台の車も通ることはなかった。

ここの駅名標は無いものと思っていたが、中標津方面隣の『西春別駅』にある交通公園(別海町鉄道記念公園)に保存されているらしい。この類の交通公園は他にも道内に多数あるので、折を見て見学してみるのも良いかも知れない。

関連記事
スポンサーサイト




しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 4

There are no comments yet.
こうしん  

光進駅は高校一年の一年間のみ乗降しておりました。
三月に標津線が廃止になりバス利用になりました。

横切る町道も当時は砂利道で自転車で此処まで来るのに難儀したものです。

廃止後数年は待合所もありました
また、ホームには「こうしん」と縦に書かれたボードと切符箱が残っておりましたが、いつのまにか無くなってました。

2014/04/29 (Tue) 13:01 | EDIT | REPLY |   
shige  
> こうしん さま、コメントありがとうございます

貴重な当時のお話を、ありがとうございます。
待合所と、縦書の駅名標でしょうか?それと切符箱もあったのですね。
現在は何も残っていないように見えましたが、
周辺は雪に覆われていたため特に気になるものは発見出来ませんでした。

奥行臼駅に飾られている運賃表は平糸駅のものですので、
同じようにどこかに保存されているのかも知れませんね。
誰かが持ち去ったのでなければ、ですが。

私はまだ行ったことがありませんが、
旧西春別駅には『別海町鉄道記念公園記念館』があるそうです。
もしかしたらそこに飾られているかも知れませんので、
いずれ訪れた際には注意して見てみようかと思います。

2014/04/29 (Tue) 20:12 | EDIT | REPLY |   
こうしん  

ご返信ありがとうございます
つい懐かしくなって、久しぶりに鉄道記念館公園のキハ22に会いに行って来ました。本当に頑張った良い車両でした。

さて、光進駅の遺物に関してですが、人づてに元計根別駅駅員の方に聞いてみました。
おっしゃる事には、白糠線廃線間際に関連物品の盗難が相次ぎ、記念室のようなものが作れないぐらいの有り様だった為、標津線関連物品は廃線前後に極力集められたそうです。但し、有志が中心となって行動したことであり、JR職員は非協力的だった、もっと協力すればよかった、と非常に悔やんでいるそうです。

2014/05/01 (Thu) 20:51 | EDIT | REPLY |   
shige  
> こうしん さま

また貴重な情報をありがとうございます。
鉄道・廃線に関してはまだまだ勉強不足ですので大変有難く思います。
いずれ西春別の鉄道記念公園記念館に行ってみるつもりですが、
有志の方々への感謝を忘れないようにしたいです!

白糠線のものは盗難されて残っていないのでしょうか、白糠線は以前、
レールを200メートルほど盗まれているようですので、全く酷い話です。。。

2014/05/04 (Sun) 18:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply