庶路炭鉱 カマボコ型の遺構

2 Comments
しげ@ぼうけんか

K5_A3458.jpg

選炭施設群の探索を終えた帰り道、謎のカマボコ型遺構を発見。

K5_A3460.jpg

銃眼らしきものがあるが、

こんなに壁の弱々しいトーチカがあるワケはない。

ここには何度か来ているが、こんなのあったっけ?



K5_A3463.jpg

入り口には碍子の遺る蛍光灯跡らしきものがある。

火薬の一時保管庫にしてもおかしいので、資材倉庫的なものだろうか?

単なる書庫?



K5_A3467.jpg

内部には何も無い。

焼却炉や火葬場にしては煙突も無いし、やはり資材置き場かな。

あの穴は通気・換気のものだろう。

K5_A3469.jpg

煉瓦で組んでコンクリートを塗った造りは、

この時代の炭鉱跡で良く見られるものだが、

周囲には他にも倒壊したものの痕跡がいくつか見られたなか、

何故かこの一個だけ、崩れることなくその形を保っていた。


関連記事
スポンサーサイト
アンケートモニター登録

しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 2

There are no comments yet.
yakumo  

レンガの構築物、雪に映えていいですね!

自分はあの斜めに傾いた奴が好きです
崩れまいとする、意思を感じます

2015/05/19 (Tue) 13:04 | EDIT | REPLY |   
shige  
> yakumo さま

こんばんは!

これ、苔も生えてて良い色合いだったのですが、この写真あまり色が出てません(^^

傾いたやつは長年あの姿勢のまま置き去りにされてるんですよね。
先に地面のほうが崩れて土台ごと落ちてしまう気もします。

2015/05/21 (Thu) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply