赤平・芦別の炭鉱遺産 - 2 -

0 Comments
しげ@ぼうけんか

教えてもらったところを全部回るだけの時間がないので大物っぽい物件に狙いを定めます。
送られてきた位置情報と航空写真を頼りに、芦別の山中に突入。

20170523225520.jpg
GPSで位置確認すると…どうやらこの奥にあるらしい。
「一般車両の通行を禁止しています」ゲート前に車を待機させ、遺構探索開始。


K5_B2458.jpg
とりあえず歩きやすい道を辿って10分後、何かの台座を発見。


K5_B2461.jpg
真ん中に丸い穴のある謎の六角形。


K5_B2467.jpg
すぐ後ろに基礎?


K5_B2470.jpg
レールのような鉄材も転がっている。

探しているモノとは位置が違うけど、この辺りにも何かあると確信。


K5_B2474.jpg
すると、崖を降りたところで遺構発見!やっぱり!


K5_B2480.jpg
小さいですが、崖に埋め込んだような尺別タイプです。


K5_B2485.jpg
元階段でしょうか?手摺らしきものの面影もあります。


K5_B2488.jpg
上ってみると、鉄の扉が。


K5_B2497.jpg
この角度ですから、階段というより梯子に近い感覚です。


K5_B2499.jpg
この木材、元々は窓だったのかな。


K5_B2501.jpg
さて、鉄の扉を開けてみます。


K5_B2504.jpg
おおっと…なかなか素敵な空間が現れました。


K5_B2524.jpg
一歩足を踏み出すと、床がないので落ちてしまいましたw


K5_B2509.jpg
ふと見ると碍子が柱に残ってます。


K5_B2525.jpg
ズリが落ちているのでしょうか。この上を見に行くことにします。


K5_B2530.jpg
探している遺構とは違うモノのようですが、なかなか良い物件でした。


K5_B2539.jpg
先ほどのズリ上の様子です。なんと煉瓦が残っています。


K5_B2548.jpg
下から見えていた穴です。落ちたら面倒なので慎重に戻ります。


K5_B2551.jpg
すっかり楽しんでしまいましたが、探していたはずの遺構を求めて歩き続けます。


つづく


関連記事
スポンサーサイト
アンケートモニター登録

しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply