軍用道路に遺る、謎の遺構

0 Comments
しげ@ぼうけんか

ここ最近、

車いじったりソロキャンプしたりでサボり気味でしたが、

久しぶりにネタを仕入れましたよw


【旧国道4号線 張碓側】にある逓信省の遺構を見て来ました。


謎の業務用車両w
20170617234519.jpg

何も聞かされないまま、

謎の道をひたすら走らされます。


そして、何の説明も無いままに停車。

ここから単独で先へ進むよう友人たちに促されて、

K5_B3250.jpg

突然、遺構が目の前に現れるという粋なはからいですw

これは…写真で見たことがある、

日露戦争の時代の軍事道路の遺構。

K5_B3255.jpg

〒のマークがついた小屋…

K5_B3259.jpg

中はカラッポ…

ポストにしてはコンクリート造りで無駄にいかつい。

K5_B3261.jpg

実物を目の前にしても、

一体何の建物だかはわからない。

K5_B3265.jpg

重厚な観音開きの扉に把手も遺る。

K5_B3272.jpg

森のなかにポツンと佇むこの小さな謎の小屋。

K5_B3278.jpg

というわけでネットで調べてみると、

「装荷線輪」という電話の通信電流が弱まるのを防ぐための施設、だそうで。

郵便と通信を管轄としていた「逓信省」

のマークで「〒」がついているワケで。

そう言えば近くにハエタタキの古い電柱もありましたが、

写真撮るの忘れたorz


スポンサーサイト
アンケートモニター登録

しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply