雄別炭鉱 職員クラブ 2021

0 Comments
しげ@ぼうけんか

北海道釧路市阿寒町雄別にある、雄別炭鉱の職員クラブ。

来賓などをもてなすための施設で、別名「雄別御殿」。

閉山後も取り壊されずに「山荘」として利用されたが、すぐに閉鎖となったようだ。

K5_C8428.jpg

ここ職員クラブを訪れたのは10年ぶりで、もしかしたら倒壊しているかもと思っていたのだが…

気にはなっていたものの、ここ数年で道路が荒れ放題となっていたためなかなか行く気にならなかった。

今年は特に熊の出没が相次ぎ、山を単独でウロウロするのは危険ではあるが、何故か突然行く気にw

10年ぶりの再会で、なんとか無事な姿を確認することが出来、縁もゆかりもあるわけではないが嬉しかった。



撮影1974年~1978年の地理院地図、中央の建物が在りし日の職員クラブだ。


出典:国土地理院ウェブサイト (https://maps.gsi.go.jp/



雄別地区 山の手町四丁目にあった。

YCMarc001.jpg
雄別炭砿アーカイブより (発刊 ウルトラウォーク実行委員会)



K5_C8392.jpg

よりによって真夏の訪問となったため草生え放題、おまけに倒木が道を塞いでいる。

10年前には車が通れるくらいに整備されていたのに、現在は完全放置プレイの模様。

2007年、経済産業省より「我が国の近代化を支えた北海道産炭地域の歩みを物語る近代化産業遺産群」に認定され、遺構の案内看板の設置や遺構周辺・道路の草刈りなどさかんに準備が行われたものの、うまく活用することが出来ず今日に至る。

で、真夏の暑い最中、虫対策で長袖と登山用スパッツを着用、熊対策にベアベル、ポケットには火薬銃を忍ばせて藪に突入。



K5_C8398.jpg

徒歩3分、山の手というだけあって少し勾配のある荒れ道を倒木を跨ぎつつ登り、あっという間に辿り着いた。

車からは直線で100mほどの距離ではあるが、熊が居たらと思い用心していたものの特に何事もなく到着w



K5_C8401.jpg

建物左手側は既に崩壊、右手側はなんとか保っている様子。



K5_C8422.jpg

まずは建物右手側に回り込む。



K5_C8419.jpg

木についているちょっとした傷が熊の爪痕に見えてヒヤヒヤしながら探索w



K5_C8432.jpg

おや?



K5_C8434.jpg

ここにあった木造の小屋というか物置というか、が倒壊してしまったようだ。
( 参考:雄別炭鉱 職員倶楽部 - 3 )



K5_C8437.jpg

テニスコート側にあるトイレとお風呂の部屋だが、まだすりガラスが割れずに残っていることに驚いた。



K5_C8442.jpg

トイレの様子。奥に個室がある。以前足元にあったマンガ雑誌(月刊ジャンプ?)が無くなっている。

廃墟でよくある便器破壊魔による破壊行為はなく、小便器も個室の大便器も無事を確認w



K5_C8445.jpg

さて、浴室。



K5_C8448.jpg

ここは以前と変わっていない。というか何も無いので変わり様が無い。



K5_C8451.jpg

よく見ると、トイレの小窓にまだすりガラスが割れずに残っていた。



K5_C8456.jpg

建物裏側の崩壊具合を確認し、一旦正面玄関へ戻る。



K5_C8425.jpg

正面玄関。ほぼ完全に崩壊してしまっているため、内部への侵入は不能。今立っている場所だって危ない状態だ。

以前はアーチの壁や電話ボックス・浴室・階段などを見ることが出来たが、今はどこかに行ってしまった。
( 参考:雄別炭鉱 職員倶楽部1F )
( 参考:雄別炭鉱 職員倶楽部階段 )



K5_C8404.jpg

建物裏側の様子。



K5_C8408.jpg

もはや崩壊が進んでいるのか変わっていないのかは判別出来ない。



K5_C8415.jpg

2Fのトイレなのか浴室なのか不明だがタイルが残っているのが見える。



K5_C8458.jpg

足元は元「雄別御殿」を構成していた木材で溢れ返り、歩くことも困難だ。



K5_C8416.jpg

2F部分を拡大。かつての雄別御殿は一体どんな洋館だったのだろうかと思いを馳せる。



K5_C8469.jpg

正面玄関に、倒木が襲いかかっていた。



K5_C8470.jpg

遠くから、車の走行音が聞こえた。同業者だろうか?そろそろ潮時と判断し、再び藪に突入する。

次はいつになるのか、また気が向いたら行ってみようかな。




関連記事
スポンサーサイト




しげ@ぼうけんか
Posted byしげ@ぼうけんか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply